1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しつけ
  4. 吠え
  5. 「繊細ちゃん」な犬の吠えをやめさせる3つの作戦!

犬と暮らす

UP DATE

「繊細ちゃん」な犬の吠えをやめさせる3つの作戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「吠えグセ」を直すことはしつけの中でも難しいですよね……。「なんでウチの愛犬は、こんなにもよく吠えるのだろう」と悩んでいる飼い主さんもきっと多いでしょう。

「繊細ちゃん」タイプの犬とは?

「よく吠える犬」と「吠えない犬」の違いはいくつかありますが、犬の「性格」も大きく影響します。特に、臆病な性格の「繊細ちゃん」は警戒心が強く、些細な刺激にも恐怖やストレスを感じるので、様々なシチュエーションで吠えてしまいがちです。

今回は臆病がゆえに吠えてしまう、「恐怖吠え」を直すための3つの作戦をお伝えします!

特に愛犬が、下記のチェック項目に1つでも当てはまるようなら「繊細ちゃん」なのかも。
ぜひこの記事を参考にしてください。

□ほかの犬が近寄ると、逃げる

□来客があると、激しく吠える

□新しいおもちゃは、警戒して近寄らない

□初めての場所に行くと固まる

作戦1 人とのふれあいに慣れさせよう!

愛犬に「人とふれあい」に対して良いイメージを持たせましょう。協力してくれる友人(写真左)におやつを渡しておき、愛犬にさり気なくおやつを与えてもらって
愛犬に「人とふれあい」に対してよいイメージを持たせましょう。協力してくれる友人(写真左)におやつを渡しておき、愛犬にさり気なくおやつを与えてもらって

「繊細ちゃん」は、初めて会う人に警戒して吠えてしまいがちです。「ウチの愛犬はすぐに吠えるから……」と、人との接触を常に避けていると、臆病な性格が助長されるので、少しずつ人との交流に慣らしていくといいでしょう。

現時点では人とのふれあいが苦手で吠えてしまう犬も、よいふれあいができれば、苦手意識を減らすことができます。友人から愛犬に、愛犬が大好きなおやつを与えてもらって、よいイメージをつけさせましょう。

協力してもらう友人には、「犬の目を見たり、こっちから触りに行ったりせずに、犬が自然に近づいてきたときだけおやつを与えて」と伝えましょう。愛犬に「知らない人も怖くないかも」と思わせられたらバッチリです。

無理やり、慣れさせるのはNG

ただし、内向的な性格を直そうと、人混みに連れて行くなど無理やり接触させるのはNG。嫌な気持ちが増大してかえって大嫌いになってしまうこともあります。

作戦2 犬とのすれ違いを慣れさせよう!

可能であれば、河川敷や公園など開けた場所で散歩すると、愛犬のストレスも軽減できます
可能であれば、河川敷や公園など開けた場所で散歩すると、愛犬のストレスも軽減できます

臆病な犬は、犬との交流の仕方が分からずに、過剰に吠えてしまうことがあります。散歩中にそれを繰り返していると、「吠えることは、怖いものを避けるのに効果的」だと学習するようになるので、吠えグセをつけさせないためにも、吠える機会を減らすよう意識しましょう。

ほかの犬とのすれ違いが苦手な犬は、まず吠えない距離をしっかり取ることが大切です。

距離を取った上で、すれ違う際にアイコンタクト取り、ごほうび(おやつ)を与えながらやり過ごしましょう。相手の犬が、ずっと愛犬の視線に入ることで吠えてしまいがちなので、視線を外すことが重要です。

慣れないうちは、なめやすい長い棒状のおやつを手に持って、なめさせながら、相手が通り過ぎるのを待つ方がベター。慣れてくれば、歩きながらおやつをなめさせるやり方もいいでしょう。

しつけ教室も利用しよう

また散歩中のすれ違い以外にも、しつけトレーナーなどのプロといっしょに、しつけ教室や交流会などで徐々に慣らす練習すると安心です。

作戦3 苦手な音で怖がらないようにしよう!

愛犬が怖がっているときは、ポジティブな声がけを心がけましょう
愛犬が怖がっているときは、ポジティブな声がけを心がけましょう

犬は聴覚が優れているので、人にはなんてことのない生活音でも、臆病な犬にはより刺激的に聞こえて吠えてしまうことも。雷やバイク音など「突然」の大きな音はなおさらです。

そのような苦手な音に慣らすためには、音が鳴ったときの飼い主さんの態度が重要です。

犬は、飼い主さんの態度で「安心できるかどうか」判断することがあるので、例えば、雷が鳴ったときに飼い主さんが怖がっていると、愛犬も怖がるようになり吠えグセがつくこともあるのです。

愛犬が怖がっているときは、「大丈夫だよ」とポジティブな声がけをしたり、笑って楽しい雰囲気をつくるといいでしょう。

愛犬の性格に寄り添ったしつけを

犬が吠える原因はさまざまで、愛犬の性格によっても、適したしつけのやり方が異なってきます。今回は、「臆病な犬」のしつけのコツをお伝えしましたが、「自分の愛犬の性格が分からない」「吠える原因が分からない」ようなら、一度しつけトレーナーなどのプロに愛犬の様子を見てもらうことをオススメします。


参考/「いぬのきもち」2020年10月号『5つの「性格タイプ」がわかれば 愛犬のストレス解消できます!』(監修:しつけインストラクター 戸田美由紀先生)
イラスト/別府麻衣
撮影/尾﨑たまき
文/ichi

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る