1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 介護
  5. 犬の老化による排泄の失敗や夜鳴き 愛犬の体に合わせたお世話をしよう

犬と暮らす

UP DATE

犬の老化による排泄の失敗や夜鳴き 愛犬の体に合わせたお世話をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の介護は体の状態によってそれぞれお世話の仕方が異なります。いぬのきもち獣医師相談室の獣医師が、老犬介護のアイデアを紹介します。

人も犬も老いるのは同じ

老化による排泄の失敗や夜鳴き、愛犬の体に合わせたお世話をしよう いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

シニア犬になると衰えや体の変化が増えていきます。

最初はその変化に戸惑いや寂しさを感じることもあるかもしれません。無理をせずにできる範囲のお世話をしてあげましょう。

排泄の失敗が多い犬のお世話

老化による排泄の失敗や夜鳴き、愛犬の体に合わせたお世話をしよう いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬も老化によって尿意や便意のコントロールがしにくくなったり、認知機能の低下から寝床などで排泄をしてしまうことがあります。

トイレの失敗が増えてきたら、介護用おむつを利用したり寝床にワイドサイズのペットシーツを敷くのもよいでしょう。

ただし、ペットシーツは愛犬の動きによってずれやすく、テープで固定しても汚れてしまうことがあります。

もし、愛犬の寝床に洗濯が難しい反発マットなどを利用する場合は、人間用の防水カバーや防水シーツを敷くのもおすすめです。

体が汚れたときのケア

犬の体に付いた尿は皮膚炎を起こす原因となるので、介護用おむつを使用するとよいでしょう。

体が汚れたら部分的にシャンプーを行うとよいですが、難しい場合はドライシャンプーや身体拭きシート、少し温めたおしぼりなどを使って体を拭いてあげましょう。

このとき、コームで被毛をとかしながら拭いてあげると、汚れがより取れやすいと思います。

体を汚さないためのケア

頻繁に体が汚れてしまう場合は、汚れやすい部分の毛を刈って清潔を保つ方法もあります。

自宅でバリカンを使うことが難しい場合は、動物病院に相談するとよいでしょう。

トイレへの誘導

犬が自力で歩ける場合、排泄のタイミングで体を支えながらトイレへ誘導します。

トイレの場所を犬の寝床近くに設置すると移動の負担を軽減できますが、このとき、後ろ足がふらつきやすくなるので、スポーツタオルなどをお腹の下に回して両端をもち、体を支えてあげるとよいでしょう。

昼夜逆転や夜鳴きをする犬のお世話

老化による排泄の失敗や夜鳴き、愛犬の体に合わせたお世話をしよう いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の認知機能が低下したときに、昼夜逆転行動の一環として夜鳴きがみられることがあります。

夜鳴きをする犬に対しては、日中に日光を取り入れて室内を明るく、夜間は室内を暗くして、明るさで昼と夜を感じさせるとよいでしょう。

昼間に活動量を高める

犬が疲れて夜間にぐっすり眠れるように、日中にお散歩やひなたぼっこやカートに乗せて外出するなど適度にエネルギーを消耗させて、一日のサイクルを整えてあげましょう。

飼い主さんの睡眠不足に注意

愛犬の昼夜逆転や夜鳴きがおさまらず、飼い主さんが眠れない状況であるならば、かかりつけの獣医師に相談しましょう。犬の安眠を促すサプリメントや投薬で解決できる可能性があります。

まずは飼い主さんの健康を第一に、愛犬の体の状態に合わせたサポートをしてあげましょう!

監修:いぬのきもち獣医師相談室 担当獣医師
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る