1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 悪人を見抜く!? 最新科学で読み解く、犬の「第六感」

犬と暮らす

UP DATE

悪人を見抜く!? 最新科学で読み解く、犬の「第六感」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

揺れる前から地震に気づく、何もない場所をじーっと見つめている……。犬にまつわるさまざまな不思議エピソードは、昔から多く語られていますが、もしかするとそれは「第六感」によるものかもしれません。

「第六感」とは、視覚や聴覚などの五感を超えた、超人的な感覚のこと。犬は人のように言葉が話せないぶん、人にはない能力をもち、直感的に物事の本質をつかむことができると昔から考えられてきました。そもそも犬の嗅覚などは、人がもつ感覚をはるかに超越しているため、人の常識で共感しきれない超感覚的な部分も「第六感」と呼べるのかもしれません。

そもそも人とどう違う?犬の第一感~第五感

人とは違うポイントが
人とは違うポイントが

第六感を見る前に、犬の第五感が人とどう異なるのかをご紹介します。

まずは第一感「嗅覚」
犬の五感の中でもっとも鋭い感覚と言われており、その敏感さは人の約1億倍とも言われています。
ニオイを感知する「嗅細胞(きゅうさいぼう)」、フェロモンを感知する「鋤鼻器官(じょびきかん)」をもち、また、鼻の湿り気はニオイの方向を知る助けになっています。

次に第二感「聴覚」
人が聞き取れる周波数(約20~2万ヘルツ)の約2倍以上も高い音も聞こえるため、聴力は人の約6倍、音をキャッチできる範囲も人の約4倍と言われています。ちなみに、立ち耳など耳の形による聞こえた方には差異はないそうです。

第三感は「視覚」
視力は0.3程度と言われていますが、広い視野をもち、動体視力もすぐれているため、動くもの(獲物)を感知する能力は抜群。目の構造的に夜目がきき、見えている世界は青と緑とその混合色と考えられています。

第四感は「触覚」
感覚神経が密に分布しているため、鼻や口のまわりはとくに敏感で、触られるのが苦手な犬も。一方、耳のつけ根や胸、背中など、自分では触れない場所を飼い主さんになでられると、うれしく感じるようです。

第五感は「味覚」
舌にある、味を感じる細胞(味蕾)が人の20%ほどしかないため、味よりもニオイによって食べ物のおいしさを判断していると考えられています。ちなみに甘みに反応する味蕾の数が多いため、甘い味を好むようです。

最新研究で読み解く、犬の第六感

そんな犬たちがもつ不可思議な感覚を解明しようと、科学的なアプローチも進んでいます。専門家たちによる、第六感にまつわる最新研究結果を見てみましょう!

がん患者や海賊版DVDを探し当てられる

イラスト/岸潤一
イラスト/岸潤一

ニオイをかぐことで、約99.7%の確率でがん患者を発見できる「がん探知犬」や、合成樹脂のニオイをかぎ分け、1時間に約30万枚の違法DVDを発見した「DVD探知犬」、トリュフを探せる「トリュフ犬」、人骨のニオイで遺跡を見つける「考古学犬」など、超人的な活躍を見せている犬たちがいます。彼らのもつ、人の科学では追いつかないほどすぐれた嗅覚は、もはや第六感と呼べるでしょう。

犬には紫外線が見えている!?

イラスト/岸潤一
イラスト/岸潤一

人の目では水晶体が紫外線を吸収するため、紫外線を見ることはできません。しかし、ロンドン大学の生物学者が2014年に発表した研究によると、犬や猫をはじめとする一部の哺乳類では、目にある網膜が紫外線を透過するため、紫外線が見えている可能性があると言われています。見えないナニかに反応するのは、このためなのかもしれません。

犬はパワースポットがわかる!?

イラスト/岸潤一
イラスト/岸潤一

地球には地場(磁力が作用する空間)があり、近年では、地磁気が強い場所を「パワースポット」と呼ぶこともあります。2016年にドイツで行われた研究によると、犬の目にはこの磁場を知覚するためのたんぱく質が備わっているため、犬には磁場を感じる能力があり、方角や位置などを知る手がかりにしているという可能性が指摘されています。

ちなみに、東京大学とカリフォルニア工科大学などの共同研究チームにより、磁気の向きに応じた脳波の反応を見る実験から、人間にも地磁気の方向や強さを知覚する「磁覚」が備わっている可能性が発表されました。第六感のひとつとして、さらなる解明が待たれます。

善人か悪人かを見分けられる!?

イラスト/岸潤一
イラスト/岸潤一

ミラノ大学が行った実験で、役者を2つのグループに分け、片方では飢えた人に食事を分けるやさしい人を、もう一方では怒鳴る冷たい人を演じさせたところ、やさしいグループのほうに犬がなつくことが判明しました。犬は平和を好むため、感覚を総動員して得た情報から本質を見抜き、平穏を保とうとして判断しているのかもしれません。

これからの現代科学に期待!

いかがでしたか?
犬以外にも、超音波がわかるコウモリのほか、赤外線を感知するヘビのピット器官、電流を感知するサメのロレンチーニ器官、二酸化炭素を感知するマダニのハラー氏器官など、人にはない能力を有する動物もいます。
犬の「第六感」については現代科学では未解明な部分も多いですが、もしかするとその不透明さも犬の魅力のひとつなのかもしれませんね。

参考/愛犬との暮らしをもっと楽しむ『いぬのきもち』2020年8月号「犬の第六感」特集(監修:東京農業大学動物科学科(動物行動学研究室)教授 増田宏司先生)
イラスト/岸潤一
文/影山エマ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る