1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 大型犬
  4. ペルービアン・ヘアレス・ドッグの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

大型犬

UP DATE

ペルービアン・ヘアレス・ドッグの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





犬種名ペルービアン・ヘアレス・ドッグ
英語名Peruvian Hairless Dog
原産国ペルー
サイズ小・中・大型犬
グループ原始的な犬


ペルービアン・ヘアレス・ドッグ
ペルービアン・ヘアレス・ドッグ
ペルービアン ・ ヘアレス ・ ドッグ
ペルービアン・ヘアレス・ドッグ
ペルービアン・ヘアレス・ドッグ

ペルービアン・ヘアレス・ドッグの魅力

ペルービアン・ヘアレス・ドッグは、世界最古の犬種の1つと考えられています。インカ文明の陶器にこの犬種に似た犬が描写されていることがその根拠となっています。そのほか、中国やアフリカ大陸から持ち込まれたという説を唱える専門家もいます。ペルービアン・ヘアレス・ドッグの特徴は、なんと言っても体毛がほぼないこと。そのため、スリムな体型がひときわ目を引きます。性格は快活で、飼い主さんと家族には愛情を注ぎます。一方、他人には警戒する傾向があるので番犬にも向いています。また、ほかのヘアレスドッグにも見られますが、生まれつき歯が欠如していることが多いことも特徴です。

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

気品のある外見ながら、元気で明るい性格です。飼い主さんと家族には忠実で愛情深く接する犬です。一方で警戒心が強く、他人に対して慎重な面があります。番犬向きとも言えますが、子犬のころから社会化の訓練をし、他人への警戒心を抑えられるようにしておくとよりよい家庭犬になります。

大きさ

ペルービアン・ヘアレス・ドッグ

体高によって小・中・大型犬の3つに分けられます。体高25~40cmの小型犬、40~50cmの中型犬、50~65cmの大型犬の3タイプです。被毛がほとんどないため、スリムで引き締まった体つきが際立っています。




体高体重
小型犬25~40cm 4〜8kg
中型犬40~50cm 8〜12kg
大型犬50~65cm12〜25kg

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

ペルービアン・ヘアレス・ドッグ

ほとんど被毛はありませんが、頭頂部やしっぽなどに白っぽい毛が少し生えることもあります。皮膚の色はブラック、ストレート・ブラック、エレファント・ブラック、あらゆる色調のグレー、ダーク・ブラウンなどです。体のどの部分にピンクの斑があってもよいとされています。

迎え入れ方、価格相場

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。ペルービアン・ヘアレス・ドッグは、国内では入手が難しく、輸入するのがおもな入手方法です。

心配な病気

・乾燥などが原因で肌が荒れる「乾燥肌」
・咳や鼻水が出る「風邪症候群」

ペルービアン・ヘアレス・ドッグの飼い方

ペルービアン・ヘアレス・ドッグ

ポイント(1)体のサイズにより散歩時間の調節を

元気な犬なので毎日の散歩は欠かさずに行いましょう。体の大きさによって必要な散歩時間は異なります。1日あたり小型犬なら30分、中・大型犬なら60分程度が目安です。ペルービアン・ヘアレス・ドッグは他人に対して警戒心が強いため、子犬のころから社会性を身に着けさせる訓練を行っておくと散歩時にも安心です。

ポイント(2)保湿クリームで肌の手入れを

ペルービアン・ヘアレス・ドッグには被毛がほぼないため、むき出しの皮膚のお手入れが必要です。必要であれば毎日保湿クリームを体全体に塗り、乾燥から皮膚を守りましょう。また、寒さに弱い犬種ですから、寒い時期の外出時や夏の冷房が効いた場所へのお出かけ時には洋服を着せましょう。体の冷えが原因で体調を崩すこともあるので注意を。

ポイント(3)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

まとめ

ペルービアン・ヘアレス・ドッグは、インカ帝国が栄えた時代に高貴な人々のペットとして飼育され、改良されて以来、ペルー全土で飼育されてきました。しかし、大航海時代にヨーロッパ文化が流入したのを機に絶滅寸前まで頭数を減らしてしまいます。その事態を重くみたペルー政府によって、現在では国の重要な文化遺産の一部として保護されるようになり、再びペルーの人々に愛される犬となっています。日本ではとても珍しく、なかなか出会うことができない犬種です。



監修
ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)



CATEGORY   大型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「大型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る