1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 大型犬
  4. 飼い方
  5. ブルマスティフの特徴と性格・飼い方・価格相場など|犬図鑑

大型犬

UP DATE

ブルマスティフの特徴と性格・飼い方・価格相場など|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルマスティフ

ブルマスティフ

英語名
Bullmastiff
原産国
イギリス
サイズ
超大型犬
グループ
使役犬
  • ブルマスティフ
  • ブルマスティフ
  • ブルマスティフ
  • ブルマスティフ

この記事の監修

ブルマスティフの特徴

イギリス原産のブルマスティフは、19世紀中ごろ、農場や狩猟場を荒らす侵入者を取り押さえる目的で、夜間の番犬として作出されました。その名の通り、ブルドッグとマスティフの交配により誕生。現在は、ガード・ドッグとして警備犬として活躍する一方、家庭犬としても人気があります。
性格は家庭犬向きに改良されて、物静かで優しく、のんびりしています。ただ、不審な侵入者などに勇敢に立ち向かう気質は失われていません。子犬のころからしつけと訓練を行い、社会性などを身に着けさせると、フレンドリーで甘えん坊なよい家庭犬になるでしょう。

ブルマスティフの飼いやすさ 各項目の数値が大きいほど飼いやすい傾向

※参考『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

ブルマスティフの性格

強面の顔と筋肉質な体型からは想像できないほど、穏やかで優しく、家族に忠実です。飼い主や家族に対してとてもフレンドリーで、体を寄せて甘えることもあります。その一方で、嫌なことや無理な指示には従わない頑固な面もあります。訓練を嫌がる犬ではありませんが、訓練しやすいタイプではないため、犬の飼育に慣れていない人にはあまりおすすめできません。しつけに不安がある場合は、専門家に相談しながら行いましょう。

ブルマスティフの大きさ

ブルマスティフ

体高はオスで63.5~68.5cm、メスで61~66cmの超大型犬です。ブルドッグのようにしわのある顔と、筋肉質でがっちりとした力強い体型が特徴です。

オス 体高:63.5~68.5cm/体重:50~59kg
メス 体高:61~66cm/体重:41~50kg

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

ブルマスティフの毛色の種類

ブルマスティフ
ブルマスティフ

ブルマスティフの毛色は、ブリンドル、フォーンまたはレッド系で、胸にあるわずかな白い斑は認められています。マズルはブラックでなければなりません(ブラックマズル)。

ブルマスティフの心配な病気

・遺伝的要因が指摘される「股関節形成不全」
・胃がねじれて起こる「胃捻転」
・瞼が内側や外側にめくれている状態で結膜炎の原因にもなる「眼瞼内反症・外反症」

ブルマスティフの迎え入れ方と価格

ブルマスティフは国内では入手が難しく、輸入するのがおもな入手方法です。

ブルマスティフの飼い方

ブルマスティフ
ブルマスティフ

ポイント(1)子犬のころからしつけと訓練を

家族に忠実で温和な犬ですが、もともとはガード・ドッグのため力強い体格をしています。そのため散歩中や外出時などに思わぬ事故を起こす可能性もあります。頑固な面もあるので、子犬のころから主従関係をしっかり教えたり、社会性を身に着けさせたりする必要があります。訓練を嫌がる犬ではありませんが、超大型犬で力もあるため、専門家のアドバイスを受けながらしつけを行うと安心です。

ポイント(2)朝夕2回の散歩は必須

ブルマスティフは1日2回30~60分程度の散歩が必要です。ただ、走る運動はそれほど必要なく、日常的には歩きでの引き運動でいいでしょう。力のある大型犬なので、突然引っ張られることがないよう、子犬のころから散歩時の歩行訓練をしっかり行うことが大切です。

ポイント(3)室内飼いでストレス減に

身体が大きく、筋肉質で強面ですが、他の犬種と同じように群れる本能を持ちます。屋内で家庭犬として飼うことをおすすめします。被毛は短毛のため、絨毛ブラシやタオルで汚れを落とせば十分です。身体が大きいのでよだれも多めです、運動後や飲食後はよだれをその都度タオルでふき取ってあげましょう。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

ブルマスティフに似た犬の種類

ブルマスティフの歴史や背景

ブルマスティフは、夜間に農場や狩猟場を荒らす侵入者を撃退する目的で作られたため、もともとの毛色は黒色系でした。次第に家庭犬として受け入れられるにつれて明るい毛色が好まれるようになり、黒色系のブルマスティフは少数派になっています。家庭犬向きに性格も優しく穏やかに改良され、防衛本能はあるものの攻撃性はかなり低く、フレンドリーで甘えん坊な気質が引き出されています。日本ではとても希少な犬種ですが、海外では家庭犬として人気があります。

監修:ヤマザキ動物看護大学講師 福山貴昭先生 (危機管理学修士)
参考:『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

CATEGORY   大型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「大型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る