1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 大型犬
  4. 飼い方
  5. ゴールデン・レトリーバーの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑

大型犬

UP DATE

ゴールデン・レトリーバーの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバー

英語名
Golden Retriever
原産国
イギリス
サイズ
大型犬
グループ
ポインター・セター以外の鳥猟犬
  • ゴールデン・レトリーバー
  • ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーの魅力 

たくましい体つきと、美しく金色に輝く毛並みをもつ大型犬、ゴールデン・レトリーバー。人なつこく感情豊かな暗褐色の目と漆黒の鼻が愛嬌たっぷり。温和で愛情深く、学習能力も高いことから、世界中でコンパニオンドッグとして愛されてます。また、盲導犬や聴導犬、災害救助犬、警察犬、麻薬捜査犬など多方面で活躍しています。

ゴールデン・レトリーバーグラフ

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

何事に関しても寛容な態度で受け入れ、神経質な行動をとる犬は少ないです。場の空気を読むのが得意で、自分よりも幼い犬や小さな体格の犬でも相手に合わせてやさしく接することができます。
また、学習能力が高く、人との生活の中で取るべく、行儀のよい行動パターンなども比較的早く学習します。運動能力も高く、いっしょにアウトドアやドッグスポーツを楽しみたい飼い主さんにピッタリです。

大きさ

オスで体高56~61cm、体重29~32kg、メスで体高51~56cm、体重25~27kgほどで、大型犬に分類されます。同じ犬種でも姿が大きく違う犬が存在しており、イギリス系、アメリカ系、フィールド(猟)系などに分類されることも。全体として、頭部は比較的大きいものの、均整の取れた体型で、たくましい体つきをしています。胸、前足、腹部、尾の下に長い毛が生えています。

 体高体重
オス56~61cm29~32kg
メス51~56cm 25~27kg
※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。


毛色の種類

ゴールデン・レトリーバーの被毛の色は、美しく黄金色に輝くゴールドまたはクリームの色調です。レッドやマホガニーではありません。わずかに見られる白は胸にだけ許容されます。被毛はダブルコートで、上毛は平滑あるいはウェービーで、下毛は密生しています。前足や胸には飾り毛が生えていて、走ると波打って見えます。

ゴールデン・レトリーバー
クリーム
ゴールデン・レトリーバー
ゴールド

迎え入れ方

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。

価格30万円~
※監修者調べ(2019年11月)

心配な病気

・胃がねじれを起こしてガスや液体がたまる命にかかわる病気「胃捻転」
・被毛の量が多く暑さに弱いことから気をつけたい「熱中症」
・股関節の発育や形成に異常が見られ、お尻を振りながら歩く「股関節形成不全」
・皮膚や内臓など、体のあらゆる部分に悪性のしこりができ、命の危険もある「悪性腫瘍」

ゴールデン・レトリーバーの飼い方

ポイント(1)毎日、戸外で充分な運動量を確保して

とても活動的で、豊富な運動量を必要とする犬種です。毎日、朝晩1時間程度の散歩を欠かさないようにしましょう。加えて、ドッグランなどで自由運動をさせたり、知的な遊びやドッグスポーツを取り入れたりしましょう。力が強く、引っ張られると人が転倒することもあるため、ある程度体力があり、大型犬を制御できる人に向いているでしょう。キャンプや川での遊びなどのアウトドアレジャーや、ドッグスポーツをいっしょに楽しみたい方には最適の犬種です。

ポイント(2)モッテコイ遊びなどでレトリーバーの欲求を満たして

「レトリーバー」とは獲物を回収するタイプの鳥猟犬を指しており、こうした名のついた犬種は、モノを回収して飼い主さんのところに持ってくる習性をもっています。ですから、ボールを投げて持ってこさせるモッテコイ遊びディスク、タオルなどにボールやおもちゃを隠して探させる宝探し遊びなど、レトリーバーの習性を生かした遊びを取り入れ、本能的な欲求を満たしてあげましょう。また、飼い主さんを喜ばせたいという気持ちが強い犬種なので、日常のなかでも「新聞持ってきて」などのコマンドを教えて役割を与えると、イキイキと応えてくれるでしょう。

ポイント(3)熱中症に要注意

ゴールデン・レトリーバーの被毛はダブルコートで下毛が密に生えているため、熱を逃がしにくく、夏場は熱中症に注意が必要です。室内は犬がハアハアしない程度の温度設定をし、湿度にも気をつけて、快適に過ごさせるようにしましょう。また、散歩や遊びは気温の高い日中を避け、早朝や日没後の涼しい時間帯に行いましょう。

ポイント(4)滑りにくい床をセレクトして


ゴールデン・レトリーバーが気をつけたい病気の一つに、股関節形成不全などの関節トラブルがあります。活発なゴールデン・レトリーバーが滑りやすいフローリングの床を⽇常的に⾛り回っていると、関節に⼤きな負担がかかり、症状が出やすくなることも。また、体重が30kg前後あるので、加齢に伴い筋肉量が落ちると、滑りやすい床の上では重心を安定させることが困難になります。⽣活スペースには、滑りにくい床材を選びましょう。

ポイント(5)毎日のブラッシングが必須

ゴールデン・レトリーバーは、換毛期には大量の下毛が抜けます。また、暑い時期に下毛が体表に残り通気性を妨げてしまうと皮膚炎の原因になることが考えられるので、換毛期は毎日ブラッシングして抜け毛を取り除きましょう。換毛期以外は、週に1~2回、お湯に浸して固く絞ったタオルで全身を拭いたり、マッサージを兼ねてブラッシングをしたりしてあげましょう。

ポイント(6)食欲旺盛なので、一気食い防止の工夫を

主⾷には、フードと⽔のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養⾷を与えましょう。ゴールデン・レトリーバーは⾷欲旺盛ですが、フードは適量を量って与え、おやつはほんの少量にとどめるよう気をつけて、適正体重を維持させましょう。
また、フードを⼀気⾷いしてしまう場合は空気を⼤量に飲み込むことがあるので、⼀気⾷い防⽌⽤の⾷器を活⽤してもよいでしょう。
フード選びに際しては、ゴールデン・レトリーバーは豊かな被⽑をもつこと、皮膚の病気になりやすいことから、⽪膚・被⽑を健やかに保つ成分を強化したフードを選ぶのも⼀案です。迷う場合は、動物病院で相談を。

ゴールデン・レトリーバーとあわせて読みたい犬の種類

ラブラドール・レトリーバーの特徴・性格・飼い方|いぬのきもちWEB MAGAZINE

ラブラドール

フラットコーテッド・レトリーバーの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

フラットコーテッド・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーに関する記事

ゴールデン・レトリーバーの適正体重|肥満を予防する食事管理とは?|いぬのきもちWEB MAGAZINE

でっかい体で甘えん坊!ゴールデン・レトリーバーたちのかわキュン写真♡|いぬのきもちWEB MAGAZINE

遊びたがりな子猫に優しく応えるゴールデン・レトリーバー♡最後は、思わぬ展開に…(・o・)|いぬのきもちWEB MAGAZINE

関連するQ&A

1カ月のゴールデンレトリーバーです。ウンチが毛についてしまうのですが、シャンプーしてもよいでしょうか。 | いぬのきもち

13歳のゴールデンレトリーバーを飼っています。最近、夜鳴きをするようになりました。やめさせることはできますか。 | いぬのきもち

3カ月のゴールデンレトリーバーです。フードのふやかしと粉ミルクはいつまで続けたらいいのでしょうか。 | いぬのきもち

いぬのきもち投稿写真ギャラリー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

最後に

ゴールデン・レトリーバーの先祖は、スコットランドの愛犬家が飼っていたウェーブがかった毛並みのレトリーバー犬種から生まれた1頭の黄色い被毛の「ヌー」という犬だといわれています。その後、セッター系や、泳ぎが得意なスパニエル系などと交配され、猟で撃ち落とされた鳥をくわえて運ぶ、賢い鳥猟犬となりました。1913年以降イエロー・レトリーバーまたはゴールデン・レトリーバーと呼ばれていましたが、1920年にゴールデン・レトリーバーの名称に統一されました。現在では、優れたコンパニオンドッグとして世界中で愛されています。


監修
ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

CATEGORY   大型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「大型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る