1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 大型犬
  4. ローデシアン・リッジバックの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

大型犬

UP DATE

ローデシアン・リッジバックの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





犬種名ローデシアン・リッジバック
英語名Rhodesian Ridgeback
原産国アフリカ南部
サイズ大型犬
グループ嗅覚ハウンド


ローデシアン・リッジバッグ
ローデシアン・リッジバッグ
ローデシアン・リッジバッグ
ローデシアン・リッジバッグ

ローデシアン・リッジバックの魅力

ローデシアン・リッジバックは、アフリカ南部を原産とする唯一の犬種。均整のとれたたくましい体つきで、犬名の由来にもなった背中の逆毛(リッジ)が特徴的です。ライオンにも怯まず立ち向かう勇敢さを持つ、とても自立心の強い犬種です。

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

落ち着きがあり、自立心が強いのが特徴です。学習能力は高いですが、自ら積極的に学習したり、振る舞うことがないため頑固に感じることもあります。豊富な運動量を必要としており、運動不足になるとストレスからさまざまな問題行動を起こすことがあります。毎日たっぷり運動をさせましょう。

大きさ

ローデシアン・リッジバッグ

オスで体高63~69㎝、体重36.5㎏前後、メスで体高61~66㎝、体重32㎏前後で、大型犬に分類されます。スラリと均整の取れた体型ですが、筋肉質でたくましい体つきをしています。



体高体重
オスオス63~69㎝36.5㎏前後
メスメス61~66㎝32㎏前後

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

ローデシアン・リッジバッグ
ローデシアン・リッジバッグ

ローデシアン・リッジバックの被毛の色は、ライトウィートンからレッドウィートンまで認められています。胸や指の白は許容されますが、腹などの過度な白毛や全体にわたる黒毛は望ましくないとされています。背中に一筋の逆毛(リッジ)があるのが特徴です。

迎え入れ方、価格相場

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。ローデシアン・リッジバッグは国内では入手が難しく、輸入するのがおもな入手方法です。

心配な病気

・大型犬に多い「股関節形成不全」
・特徴である逆毛に発生しやすい「類皮腫洞」

ローデシアン・リッジバックの飼い方

ローデシアン ・ リッジバッグ
ローデシアン・リッジバッグ

ポイント(1)毎日、戸外で充分な運動量を確保して

とてもパワフルで活動的な犬種なので、運動量に充分ついていける体力のある人に向いています。毎日、朝晩30分以上の散歩を欠かさないようにしましょう。また、散歩のほかに、ドッグランで自由に走らせる時間も必要です。

ポイント(2)毅然とした態度でトレーニングを

ローデシアン・リッジバックは運動能力の高い大型犬ですので、過度の興奮や他の犬などに対する攻撃的な振る舞いは事故や迷惑につながりやすいです。野外でもい飼い主さんの指示に確実に従えるようなしつけを心がけましょう。飼い主さんが行動をきちんとコントロールできれば、よい家庭犬になります。

ポイント(3)ブラッシングは週に1回程度

短毛なので抜け毛は多いですが、被毛のお手入れに手間はかかりません。週に1回程度を目安に、軽くブラッシングをするか、固く絞ったタオルで拭く程度でいいでしょう。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

ローデシアン・リッジバックに似た犬の種類

タイ・リッジバッグ・ドッグの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

ショートヘアード・ハンガリアン・ビズラの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

ワイマラナーの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

まとめ

ローデシアン・リッジバックはアフリカ南部を原産とする唯一の犬種で、ヨーロッパからの開拓者が連れてきた犬と、現地のホッテントット族が飼っていた猟犬との交配で誕生しました。背中に一筋の逆毛(リッジ)があるのが特徴。ライオン狩りをしていた歴史を持つことから「ライオン・ドッグ」とも呼ばれ高い身体能力をもちます。しっかりとしつけることでよい家庭犬になります。



監修
ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)



CATEGORY   大型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「大型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る