1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 中型犬
  4. ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

中型犬

UP DATE

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





犬種名ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー
英語名Norwegian Elkhound Grey
原産国ノルウェー
サイズ中型犬
グループ原始的な犬・スピッツ


ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー
ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー
ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーの魅力

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーは、8世紀頃からスカンジナビア半島で猟犬として用いられてきた犬種だと考えられています。その名の通りエルク(オオシカ)狩りやクマ狩りで活躍していました。活動的で勇敢な性格を活かして、家畜の番犬、冬季のそり犬、優れた嗅覚を用いて鳥猟犬などマルチな活躍をみせる犬です。

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー

猟犬としての長い歴史から、エネルギッシュで物怖じしない性格で、オビディエンスやアジリティーといったドッグスポーツなども楽しめるでしょう。家庭では、家族に温厚で愛情深く接する犬です。家族以外の不審な人物には大きな吠え声をあげるなど、番犬作業も可能です。スタミナ旺盛な犬ですから、毎日朝晩の散歩は欠かさずに行いましょう。

大きさ

体高はオスで52cm前後、メスで49cm前後の中型犬です。原始的な犬・スピッツグループの犬種特有のスクエアな体型と、がっしりした骨格引き締まった筋肉質な体が特徴です。



体高体重
オス52cm前後 20kg前後
メス49cm前後20kg前後

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー
ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーの毛色は、濃淡さまざまなグレー背中の毛の毛先に黒が混じります。胸、腹、脚、尾の裏側と付け根、肩から肘にかかる部分はより明るい色調です。

迎え入れ方、価格相場

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーは、国内での入手は難しく、輸入するのが主な入手方法です。

心配な病気

・網膜が変性・萎縮を起こし視力が落ちる「進行性網膜萎縮」
・腎臓の機能障害が進行し腎臓が正常に働かなくなる「腎臓病」
・皮膚が細菌感染して炎症を起こす「膿皮症」
・体重が増える成長期に起こりやすい「股関節形成不全」

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーの飼い方

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー

ポイント(1)1日2回の散歩で充分な運動を

スタミナ抜群の犬種なので、毎日、朝晩30分以上の散歩を行いましょう。ときには、オビディエンスやアジリティーといったドッグスポーツ、登山やキャンプといったアウトドアなどに挑戦させ、持ち前の意欲を発散させてあげましょう。

ポイント(2)トレーニングで「吠え」をコントロール

優秀な番犬になりますが、吠え声が大きいため、子犬の頃から落ち着かせるトレーニングを行い、「吠え」をコントロールできるようにしましょう。

ポイント(3)夏の暑さに弱いため、冷房で対策を

ダブルコートの被毛が密に生えているため、夏の暑さが苦手です。暑い時期は冷房の効いた部屋で過ごさせるなど対策が必要です。被毛のお手入れは、ブラッシング・コーミングを週2〜3回程度。春と秋の換毛期には抜け毛が多いため、この時期は毎日ブラッシングをしましょう。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

まとめ

ノルウェジアン・エルクハウンド・グレーの歴史は古く、スカンジナビア半島で生まれた犬種の中で最古の1つといわれるほどです。ヴァイキングにも愛され、遠征するときには必ず同行させたとも。狩猟犬や番犬、鳥猟犬、冬季のそり犬など万能な犬として頼りにされてきましたが、現在でもオオシカ狩りにはなくてはならない猟犬として活躍しています。また、ノルウェーの国犬としても知られています。



監修
ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)



CATEGORY   中型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「中型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る