1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 中型犬
  4. プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

中型犬

UP DATE

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





犬種名プチ・バセット・グリフォン・バンデーン
英語名Petit Basset Griffon Vendeen
原産国フランス
サイズ中型犬
グループ視覚ハウンド


プチ・バセット・グリフォン・バンデーン
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの魅力

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンは、16世紀頃、フランスのバンデーン地方でウサギ狩りなどの猟犬として活躍していたとても古い犬種です。胴長で短い足、大きな垂れ耳、硬い被毛が特徴です。陽気で元気いっぱい、家族には愛情深く接する優しい犬種です。

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

陽気で天真爛漫、家族には愛情深く接する優しい性格です。一方で、叱られてもへこたれない一面もあるため、トレーニングは根気よく行いましょう。また、もともと猟犬だっため、毎日たっぷりと運動させることも落ち着いた家庭犬となるために必要です。運動神経もよく、外で活動することが大好きなので、愛犬とアウトドアライフを楽しみたい人にピッタリです。

大きさ

プチ・バセット・グリフォン・バンデーン

体高約33〜39cmと、中型犬としてはやや低い印象があります。体高より明らかに長い胴体と、胴長の体を支える太い足が特徴的です。


体高 体重
33〜39cm14〜18kg程度

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

プチ・バセット・グリフォン・バンデーン
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの体は、猟の際、イバラや灌木などから身体を守る硬い被毛で覆われています。被毛の色は、ブラック&ホワイト、ブラック&タン(黄褐色)、ホワイト&オレンジ、トライカラー(3色の毛色)などがあります。また、猟犬の歴史から、毛色には伝統的な名前が使われ、野ウサギ色、アナグマ色、イノシシ色などと呼ばれることも。

迎え入れ方、価格相場

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。例えば、ペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。

価格30万円~

※『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)より監修者調べ

心配な病気

・何らかの原因で脳を守る髄膜が細菌・ウイルス感染する「髄膜炎」
・脳波に異常が見られる「てんかん」
・皮膚が細菌感染して炎症を起こす「膿皮症」
・胴長短足の犬に多い「椎間板ヘルニア」
・垂れ耳の犬に多い「外耳炎」
・体重が増える成長期に起こりやすい「股関節形成不全」

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの飼い方

プチ・バセット・グリフォン・バンデーン

ポイント(1)毎日、長めの散歩で充分な運動を

活発な犬種なので、毎日、朝晩30分以上の散歩を欠かさないようにしましょう。散歩のほかに、ドッグランであちこちかぎ回らせたり穴を掘るなど犬種の習性を満たしたり、室内でもゲームをしたりしてあげるといいでしょう。

ポイント(2)子犬のころから根気強くトレーニングを

叱られてもへこたれない一面があり、繰り返し根気強くトレーニングをすることが大切です。年齢を重ねるほど頑固になる傾向もあるため、子犬のころからしっかりとトレーニングを行い、飼い主さんがコントロールできるようにしましょう。

ポイント(3)お手入れは週2〜3回程度のブラッシングを

ダブルコートの被毛が密に生えています。週2〜3回程度のブラッシング・コーミングを行いましょう。被毛が硬いので、マッサージも兼ねて硬めの獣毛ブラシでブラッシングするといいでしょう。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

まとめ

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの起源は16世紀頃と古く、バセット・ハウンドや土着の猟犬を掛け合わせて生まれたと考えられています。19世紀までは比較的小さいサイズの「プチ」と、やや体格が大きい「グラン」の2タイプが混在していました。しかし、1975年にグラン・バセット・グリフォン・バンデーンとは別の犬種として区別されるように。日本に紹介され始めたのは20世紀後半ですが、陽気で天真爛漫な性格から、親しみを込めて「プチバセ」の愛称で呼ばれています。



監修
ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)



CATEGORY   中型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「中型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る