1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 信頼や恐怖を感じてることも? 犬が「お耳ぺたーん」をする理由

犬と暮らす

UP DATE

信頼や恐怖を感じてることも? 犬が「お耳ぺたーん」をする理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬はいろんな表情で人とコミュニケーションをしますが、ときには耳を使って気持ちを表現することも。今回は獣医師の増田宏司先生に「犬が耳をぺたーんと寝かせてているときの気持ちや状況の見分け方」について伺いました。
甘えたい気持ちも、不安な気持ちも、耳をぺたーんと寝かせて表現することがあるようです。

どうして耳を寝かせるの?耳をぺたーんをする理由

散歩するMIXの男の子
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が耳をペターンと寝かせているときは、信頼や友好など、さまざまな感情をあらわしています。
愛犬が飼い主さんのそばにいるときなどに、耳をぺたんと後ろに倒していることはありませんか? このとき愛犬が穏やかな表情をしていたら、飼い主さんに対する「そばにいて落ち着くな~」というような信頼や友好の気持ちのあらわれです。
ちなみに、垂れ耳の犬は耳の付け根に注意しながら見ると、動きがわかりやすいかもしれません。

犬が耳をぺたーんとする状況

見つめるポメラニアンの男の子
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

かわいがってほしいとき

犬は、かわいがってほしいときなど、甘えたいときに耳を寝かせることもあります。
例えば、愛犬が耳をぺたんと寝かせながら飼い主さんを見上げるときは、飼い主さんに「かわいがってほしいな」と思っている場合も。耳ぺたーんは、甘えたいときに見せる、奥ゆかしいしぐさなのです。

敵意がない気持ちをあらわすとき

ほかには、敵意がないと示すために、寝かせる場合もあります。
ほかの犬などに向かって耳を寝かせる場合は、相手に敵意がないと伝えようとしていることもあるでしょう。耳をぺたーんとすることで、「攻撃する気はないので安心してください」と相手をなだめようとしています。

愛犬が耳を寝かせるときはこうしよう!

見つめるウェルシュ・コーギー・ペンブロークの女の子
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は耳を寝かせることで、さまざまな感情を表現しています。たとえばしっぽが下がっているなら、緊張や恐怖を覚えている場合もあるでしょう。
表情やしっぽの動きとあわせて見るようにして、愛犬の気持ちを知るヒントにしてください。

耳をぺたーんとするかわいいしぐさは、愛犬がしていたら気づきやすいでしょう。甘えたい気分を感じていることもあれば、恐怖や緊張を感じていることもあるので、うまく気持ちを読み取って愛犬の心に寄り添ってあげましょう。

お話を伺った先生/増田宏司先生(獣医師 獣医学博士 東京農業大学農学部動物科学科(動物行動学研究室)教授)
参考/「いぬのきもち」2018年11月号『犬のオモシロ習性図鑑 Vol.18 お耳ぺたーん』
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る