1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しつけ
  4. 散歩中のリード、正しく使えてる? 正しいリードの持ち方をチェックしてみよう!

犬と暮らす

UP DATE

散歩中のリード、正しく使えてる? 正しいリードの持ち方をチェックしてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬を迎えたら、必ず教えておきたいしつけのなかから、今回は「正しいリードの持ち方」について、しつけトレーナーの西川文二先生に解説していただきました。
正しい持ち方でリードを操作するだけで、愛犬のコントロールが劇的にしやすくなることも。リードを正しく持てているか、チェックしてみましょう。

基本の持ち方「両手持ち」をやってみよう

1.リードを右手にかける

まずリードの先端の輪の部分を、右手の親指にかけます。次に、左手でリードの中間を、杖を持つ要領で軽く握って。

撮影/尾﨑たまき
撮影/尾﨑たまき

2.愛犬を左側につかせる

犬を飼い主さんの左側につかせ、並ぶような位置に寄せます。ヒールポジションと呼ぶこの位置でオスワリをさせ、名前を呼ぶなどして前方または上を向かせて。飼い主さんはひじをわきにつけ、左腕を直角に曲げます。

撮影/尾﨑たまき
撮影/尾﨑たまき

3.セーフティグリップ(結び目)を作る

2の状態(左腕を直角に曲げた状態)で、リードがピンと張るように握れる位置がセーフティグリップの位置。目印になるように結び目を作って、持つときはその上を握るようにします。

撮影/尾﨑たまき
撮影/尾﨑たまき

4.ひじを伸ばして楽な姿勢に

セーフティグリップを握って左手を下ろすとリードがたるみます。この姿勢でいれば、飼い主さんのそばで愛犬の安全を保ちながら、リラックスさせることもできます。

撮影/尾﨑たまき
撮影/尾﨑たまき

左手でリードを束ねる「片手持ち」

セーフティグリップを持った左手はそのまま、右手の親指にかかったリードの先端を、左手の親指にかけ替えます。片手があくので、排泄物の処理をするときなどにおすすめの持ち方です。

撮影/尾﨑たまき
撮影/尾﨑たまき

リードの正しい持ち方が理解できましたか? 自分と愛犬にとってのセーフティグリップの位置はわかりましたか? 正しい持ち方をマスターして、愛犬を安心、安全に誘導してあげられるようになりましょう。

お話を伺った先生/しつけスクール「Can ! Do ! Pet Dog School」代表 西川文二先生
参考/「いぬのきもち」2021年9月号『はじめてしつけ コンプリートドリル vol.7 お散歩しつけ』
撮影/尾﨑たまき
文/いぬのきもち編集室

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る