1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. ドライアイ、低体温症……「冬に気をつけたい犬の病気」って?

犬と暮らす

UP DATE

ドライアイ、低体温症……「冬に気をつけたい犬の病気」って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高温多湿が苦手な犬にとって、その逆の気候となる冬は過ごしやすい季節。しかし近年は大寒波によって異常なほど気温が下がるなどして、寒さが誘因となる病気の心配があります。
また、防寒対策を過度にしすぎることで起こるトラブルもあり、油断は禁物です。
ここでは、「冬に気をつけたい犬の病気」について、獣医師の藤田桂一先生と酒巻江里先生にお話を伺いました。

【寒い】ときに気をつけたい病気

【尿石症】

・膀胱や尿路など、泌尿器のどこかに石のかたまりができる》
尿石症とは膀胱や尿道など、泌尿器に結石ができる病気で、その背景には細菌による感染症が関連していることも。寒いと飲水量が低下し、オシッコの機会が減少。すると通常はオシッコとともに体外に出される石のもとや細菌などが排出されにくくなり、病気を誘発するのです。

排尿の体勢をしてもオシッコが出なかったり、オシッコの回数が増える、血尿やキラキラして見えるオシッコが出るといったときは注意
排尿の体勢をしてもオシッコが出なかったり、オシッコの回数が増える、血尿やキラキラして見えるオシッコが出るといったときは注意

【膀胱炎】

・膀胱内に細菌や真菌が感染、増殖して炎症を起こす病気
尿石症と同様、寒さで飲む水の量が減りオシッコの頻度が減ると、膀胱内の菌が体外に排出される機会も減少。結果、菌が増殖してしまい、炎症を起こしやすくなります。

オシッコのニオイが強くなる、血尿が出る、オシッコの回数が増えるときは注意
オシッコのニオイが強くなる、血尿が出る、オシッコの回数が増えるときは注意

【低体温症】

・体温調整の苦手な犬が寒さにさらされて発症する
犬の平熱は38〜39℃程度といわれますが、それより体温が下がってしまう状態です。子犬やシニア犬、甲状腺機能が低下している犬など、体温コントロールがうまくできない犬が寒い場所にいつづけることで発症しやすくなります。

外飼いの場合も、寒い日はとくに、子犬、シニア犬は室内に入れましょう
外飼いの場合も、寒い日はとくに、子犬、シニア犬は室内に入れましょう

このほか、腎不全、膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、椎間板ヘルニアなどの持病が寒さで悪化しやすくなるので、注意が必要です。

【乾燥している】ときに気をつけたい病気・症状

【ドライアイ】

・暖房の近くにいるなどで目が乾燥してしまう
冬は好んでヒーターの前などで過ごす犬が少なくありません。ただそれが一因となって目の表面のうるおいがどんどん減り、ドライアイになってしまうことが。重度になると痛みが出る、失明などの危険もあります。

ドライアイを患った犬(写真提供/ノヤ動物病院)
ドライアイを患った犬(写真提供/ノヤ動物病院)

【肉球の角化亢進】

・乾燥により肉球がガサガサになり、ひび割れるケースも
人も冬は手足が乾燥しますが、犬も同様で、冬は肉球にうるおいがなくなって表面が荒れがちに。悪化すると、表面がひび割れて出血することもあります。また散歩中に、少しの刺激ですり傷や切り傷を負いやすくなります。

肉球表面が乾燥して、ひび割れができた犬の例(写真提供/斉藤動物病院)
肉球表面が乾燥して、ひび割れができた犬の例(写真提供/斉藤動物病院)

このほか、皮膚が乾燥してフケが出ることも。また、気管虚脱や僧帽弁閉鎖不全症の持病がある犬は、悪化しやすいので注意を。

【防寒対策】が招く病気・ケガ

【皮膚のただれ・毛玉】

・洋服を着せっぱなしにすると皮膚・被毛トラブルの原因に
長時間服を着せたままだと、皮膚が蒸れたり、長毛犬種だと毛玉の原因に。服は外出時など必要なときだけ着せ、脱がせたらブラッシングをして皮膚への通気性を高めて。

【外耳炎】

・防寒具で耳をおおい続けると耳内が蒸れて発症
防寒対策として耳をおおい続けると、耳の内部の湿度が上がって外耳炎を起こすことが。とくに垂れ耳の犬はなりやすいので、過度な防寒は控え、まめに耳の中を確認しましょう。耳をよくかく、耳アカが増える、耳からニオイがする、耳の穴付近が赤くただれるなどの症状が出たら動物病院へ。

外耳炎を発症し、黄色っぽい膿のような耳アカが出ている例。皮膚が全体的に赤く腫れています(写真提供/フジタ動物病院)
外耳炎を発症し、黄色っぽい膿のような耳アカが出ている例。皮膚が全体的に赤く腫れています(写真提供/フジタ動物病院)

【低温やけど】

・ホットカーペットやカイロなどに触れ続けると、なってしまうことが
比較的温度の低い暖房器具に長時間皮膚がさらされることで起こるやけどです。犬の場合、ホットカーペットやカイロなどに長時間当たることでなる例が。熱源の上で長時間寝ていることの多いシニア犬や、子犬はとくに注意を。

《暖房器具のコードからの感電にご注意を!》
冬場はコタツやヒーターなどコンセントにコードをつないで使用する電化製品が多いです。子犬はコードを噛んで遊ぶことがあり、最悪の場合、感電するおそれも。犬から目を離す際はコードをコンセントから抜いて。

イラスト/大塚砂織
イラスト/大塚砂織

お話を伺った先生/フジタ動物病院 院長 藤田桂一先生、獣医師 酒巻江里先生
参考/「いぬのきもち」2019年12月号『冬はこんな病気・ケガに気をつけて』
イラスト/大塚砂織
文/いぬのきもち編集室

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る