1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 犬が「愛情不足」を感じているサイン 問題行動が目立つことも|獣医師解説

犬と暮らす

UP DATE

犬が「愛情不足」を感じているサイン 問題行動が目立つことも|獣医師解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬が飼い主さんからの愛情不足を感じている場合、何らかのサインを見せていることがあるようです。実際にどのようなサインとしてあらわれることがあるのか、いぬのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生が解説します。

飼い主さんの愛情が足りない犬に見られる特徴は?

見つめる犬
getty

核家族化や共働き、一人暮らしなどの生活スタイルの変化により、愛犬を留守番させなければならない環境で暮らしているご家庭も多いかと思います。日頃から留守番の時間が長いと、愛犬が寂しい思いをして、愛情不足を感じているかもしれません。

飼い主さんからの愛情が足りていない犬には、下記のような状態が見られることがあります。

  • 覇気がなくなる
  • イタズラを起こして、かまってもらおうとする
  • トイレの失敗をする

このように精神的に不安定になったり、問題行動が目立つようになります。

飼い主さんに愛情を求めやすかったり、愛情が足りていないことを敏感に感じ取ってしまう犬には、甘えん坊で寂しがりの犬に多い傾向があります。

愛情不足を感じている犬に対して、飼い主さんができることは?

見つめる犬
getty

愛情不足を感じている愛犬に対して飼い主さんができることは、スキンシップや声かけの時間を増やし、信頼関係を築くことでしょう。

また、愛犬を留守番させる頻度が多い家庭の場合には、安心して留守番ができるように慣れさせることも必要かと思います。愛犬が飼い主さんの帰りを安心して待っていられるように、日頃から飼い主さんとの信頼関係を築くことはとても大切なことです。

飼い主さんはぜひ、愛犬とのスキンシップの時間を十分にとってあげるようにしましょう。

(監修:いぬのきもち獣医師相談室 獣医師・岡本りさ先生)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る