1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 犬がフードを「おいしい」「まずい」と感じるときの反応 犬にとっての“おいしいの基準”とは?

犬と暮らす

UP DATE

犬がフードを「おいしい」「まずい」と感じるときの反応 犬にとっての“おいしいの基準”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬がフードを食べたときの反応を見て、おいしいと思っているのか、まずいと思っているのか、わかることもあるようです。

実際に、どのような反応を見せることがあるのか、いぬのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生に聞きました!

犬がフードを食べて「おいしい」「まずい」と感じているときの反応は?

ごはんを食べるミニチュア・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——犬がフードを食べて「おいしい」「まずい」と感じているようなとき、どのような反応を見せますか?

岡本先生:
「まず、犬が食べたものを『おいしい』と感じているときには…

  • がっついて食べる
  • テンションが上がる
  • しっぽを振る

などの反応を見せることがあります。

一方で、食べたものを『まずい』と感じているようなときには…

  • 口に入れたものを出す
  • フードを前足でかいて隠そうとする
  • 匂いをかいで顔を背ける

といった反応を見せることがあるでしょう」

犬にとっての「おいしい」「まずい」の基準は?

見つめるチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——犬はどのような基準で、食べ物をおいしい、まずいと感じるのでしょうか?

岡本先生:
「犬は旨味や塩味(えんみ)を感じたときに、おいしいと判断することがありますが、味覚よりも嗅覚のほうが発達しているので、匂いによる感覚が一番大きいと思います。

あまり気にしないコも多いですが、苦味を嫌がる犬もいるので、そのときには『まずい』というような反応を見せるかもしれませんね」

犬が「まずい」という反応をして、フードを食べなくなったときの対処法は?

ごはんの前でフセをするポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——犬がフードを食べて「まずい」という反応を見せて食べなくなってしまった場合、どのような対応をすればよいでしょうか?

岡本先生:
「たとえば、フードを人肌程度に温めて香りをたたせてみたり、好きな物をふりかけたりトッピングしてみるなどの工夫をしてみるとよいでしょう。

それでもなかなか食べてくれないという場合は、ほかの原因も考えられるかもしれません。かかりつけの獣医師に相談してみるとよいかと思います」

(監修:いぬのきもち獣医師相談室 獣医師・岡本りさ先生)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る