1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 振る速さや高さによって違う?「しっぽの動きから分かる」犬の愛情表現とは

犬と暮らす

UP DATE

振る速さや高さによって違う?「しっぽの動きから分かる」犬の愛情表現とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
愛犬と言葉を交わすことはできませんが、その代わり愛犬は全身を使って「大好き!」を伝えてくれています。今回は獣医師の増田宏司先生に、しっぽの動きに注目した愛犬からの愛情表現について教えていただきました。しっぽの動きをよく見て、愛犬からの愛情を受け取ってくださいね。

しっぽを振る速さは興奮度の表れ

柴のアルくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
すばやくブンブンと振ったり、ゆっくりパタパタと振ったりと、しっぽを振る速度は愛犬の興奮度を表しています。飼い主さんを見ながらちぎれんばかりにしっぽを激しく振るのは、大好きがあふれ出して興奮しているからです。反対に、ゆったりと振るのは穏やかな愛情を表しています。

しっぽの高さはポジティブな感情の表れ

ポメラニアンのこむぎちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
しっぽを振る位置にも注目してみてください。犬種にもよりますが、通常よりも高い位置にあり、水平に振られているときは、ポジティブな感情を抱いていることが多いようです。しかし、毛が逆立っていたり、前傾姿勢になっていたりするときは、警戒の表れなので注意しましょう。

うれしいときはしっぽを右に振るって本当?

ミニチュアシュナウザーのうららちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
イタリアの研究グループによると、犬はうれしいときにはしっぽを右に振り、緊張すると小さく左寄りに振ることが報告されているようです。また、その後の研究によると、犬同士でもお互いのしっぽの振り方を観察することで、状況を判断していることもわかったとのこと。しっぽは犬の感情表現の多くを担っていることがわかりますね。
うれしいときはもちろんですが、しっぽにはさまざまな感情があらわれているようです。愛犬のしっぽを振る速さに位置に注目してみてくださいね。
お話を伺った先生/増田宏司先生(獣医師 獣医学博士 東京農業大学農学部動物科学科(動物行動学研究室)教授)
参考/「いぬのきもち」2022年6月号『見逃したらもったいない!犬って体じゅうから愛情があふれてます!』
文/山村晴美
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る