1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. その症状「寄生虫」が原因かも?犬の寄生虫予防と対策について

その症状「寄生虫」が原因かも?犬の寄生虫予防と対策について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな犬でも感染リスクのある寄生虫の病気。ノミやダニなど体の外に寄生するケースと、回虫や条虫など体の中に寄生するケースがあります。今回は、寄生虫の種類にくわえて、寄生されたときの症状や対策方法をご紹介します。

体外の寄生虫①ノミについて

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ノミはどうやって犬に寄生するの?

犬に寄生するノミの種類は、主にイヌノミやネコノミといわれるものです。ノミは二酸化炭素や振動などの刺激を受けて、じゅうたんや畳の目の間などで孵化します。犬の体に寄生するとすぐに吸血を始め、36~48時間後に産卵。その卵が犬の体からじゅうたんや畳などに入り込み、再び犬に寄生するのです。

気付いたら部屋中がノミだらけ、なんてこともあるほど。あっという間に繁殖して増え続けてしまう、やっかいな存在なのです。

ノミが寄生することによって起こる病気

ノミにかまれることでかゆみが生じ、犬が体を激しくかいたり擦りつけたりすることによって、皮膚が傷ついてしまいます。また、ノミの唾液に対するアレルギー反応で皮膚炎を起こしたり、かいた傷口に細菌が入り込んで二次感染を起こしたりします。その他にも、ノミが口に入ることによって条虫の卵が犬の体内に入り、条虫が体内に寄生することもあります。

体外の寄生虫②ダニについて

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

目で見えるダニ【マダニ】

日本には何種類ものマダニが生息しており、屋外の草むらなどで寄生することが多いといわれています。マダニは肉眼でも見えるため、もし犬が草むらに入ってしまったら、体を観察してチェックしてあげましょう。

マダニは犬の体に寄生すると、固くとがった口を犬の体に差し込んで吸血します。大量に寄生してしまうと貧血を起こすこともあるので要注意。マダニを振り払うために体を掻くため皮膚が傷ついてしまい、細菌が感染して炎症をおこすこともあります。

目で見えないダニにも気を付けよう

目で見えないダニには、皮膚に穴をあけて入り込み激しいかゆみを起こす「イヌヒゼンダニ」や、脱毛して皮膚炎を起こす「毛包虫症」の原因となる「ニキビダニ」などがいます。また、耳に寄生することによって黒い耳アカを引き起こす「ミミヒゼンダニ」や、大量のふけと激しいかゆみが出る「イヌツメダニ」といった、症状が分かりやすいダニもいます。

いずれも寄生された犬に近づかないようにすることが最大の予防方法ですが、感染してしまったら薬を使って駆除しましょう。

体内の寄生虫|ウンチを観察しよう!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

白いミミズのような虫【回虫】

「回虫」とは、白いミミズのような形状をした虫です。母犬から胎盤を通じて感染することが多いため、子犬での発症例が多いともいわれています。また、母犬から母乳を介して感染することもありますし、ペットショップなどで感染した子犬の便に含まれる卵を口にすることでも感染します。そのため、犬を迎えた時点で既に回虫が寄生しているケースもあります。

回虫が消化器に寄生すると腸内の栄養を横取りするため、犬の発育に影響します。また、嘔吐や下痢、腹痛を引き起こすこともあります。

血便が出ることも【鞭虫】

「鞭虫(べんちゅう)」は、感染した犬の排泄物を口にすることで寄生します。体内に入った卵は小腸で孵化し、血液から養分を摂取します。数が少なければ症状は出ませんが、多く寄生すると貧血を起こしたり、発育や毛づやが悪くなったりします。下痢や血便が出て、食欲がなくなることもあります。

ノミが運んでくる虫【条虫】

「条虫」はノミの体内で孵化するため、そのノミを犬が口にすることによって犬の胎内に寄生します。そして感染した犬のウンチに含まれた卵をノミの幼虫が食べ、再び犬の体に感染するのです。条虫は犬の小腸に寄生しながら栄養を吸収するため、痩せてしまったり毛づやが悪くなったりします。

土にいる幼虫【鉤虫】

「鉤虫(こうちゅう)」は、土の中で孵化した幼虫を口にすることで感染し、母犬の胎盤や母乳、傷口などからも感染のおそれがあります。小腸に寄生した鉤虫は、かぎ型のするどい牙で腸の内部に傷をつけて血を吸うため、慢性的な貧血症状をおこします。また、黒い色の血便が出たり、腹痛を起こしたりすることもあります。

フィラリアってどんな病気?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

蚊が媒介する寄生虫

「フィラリア」は、蚊が犬の血を吸っているときに、体内に入ります。皮膚の下や筋肉などで成長し、血管を通って心臓や肺などに寄生し、大きく成長すると長さ30cmにもなります。肺動脈に寄生したフィラリアは、心臓や他の臓器に負担をかけ、機能不全を起こすこともあります。

初期症状としては、咳をしたり運動を嫌がるようになったりします。重くなると腹水が溜まって最悪死に至ることもあり、急性の場合は赤茶色のおしっこをします。

予防薬が効果的

命の危険に関わる危険なフィラリアですが、蚊が発生する4月~12月頃(地域によって異なる)に、予防薬を飲ませることによって防ぐことができます。心臓や肺に達する前に確実に退治しましょう。

寄生虫に感染しないために

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

体外寄生虫の予防

体外寄生虫を予防するには、ノミやダニに寄生した犬に近づけないようにしましょう。ノミはじゅうたんやマット、畳などにも潜むため、再び犬の体にノミが寄生するのを防ぐためにも徹底して掃除機をかけましょう。

体内寄生虫の予防

体内寄生虫を予防するためには、他の犬の排泄物を口にしないよう、散歩中などに愛犬に気を配ることが重要です。既に寄生してしまった場合は、駆虫薬を使うのが効果的です。

目に見えない寄生虫も多く存在するため、飼い主さんが気づかないうちに感染してしまっていることもあります。飼い主さんの責任として、しっかり知識を持って対策を取るようにしましょう。特に寄生虫は排泄物を介して他の犬に感染することが多いため、他の犬の排泄物に近づかないようにするのはもちろん、愛犬のウンチは必ず持って帰るようにしてくださいね。

出典/「いぬのきもち」特別編集『子犬と仲良くなる育て方 健康・お世話編 7章』(監修:グラース動物病院院長 小林豊和先生)
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る