1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 避妊・去勢
  5. いぬのきもち【獣医師監修】犬の子宮蓄膿症~症状・原因・手術費用・術後のケアまで

犬と暮らす

UP DATE

いぬのきもち【獣医師監修】犬の子宮蓄膿症~症状・原因・手術費用・術後のケアまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メス特有の病気「子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)」。ふだんあまり聞くことのない病名なので、具体的にどんな病気かわからないという飼い主さんも多いのではないでしょうか? 今回は子宮蓄膿症の原因、症状、検査方法、治療法、費用についてご紹介します。



監修/石田陽子先生(石田ようこ犬と猫の歯科クリニック院長)

犬の子宮蓄膿症の原因・症状とは?

子宮蓄膿症の原因

子宮蓄膿症は、子宮に細菌が入り込み、子宮内に膿(うみ)がたまってしまうメス特有の病気です。本来、子宮内には細菌を防ぐ力があるので、細菌が侵入することは通常起こりません。しかし、ホルモンバランスがくずれて黄体ホルモンが長期間分泌されると、子宮の細菌感染への抵抗力が弱まってしまいます。このような状態になると、大腸菌、ブドウ球菌などの細菌に感染しやすくなり、その結果、子宮内に膿がたまってしまいます。
発情期のあとの黄体期と呼ばれる時期は、黄体ホルモンが多く分泌され、体の免疫機能が低下しているため、細菌が繁殖しやすくなります。

犬の子宮蓄膿症の症状

子宮蓄膿症は、子宮内の細菌が全身に回ると、多飲多尿の症状が見られます。また、元気がなくなるのも大きな特徴のひとつです。ほかにも腹部が大きくなり、陰部から膿や血が混じった分泌液が出てきたり、食欲不振や嘔吐、貧血や腎不全を起こしたりすることもあります。
発情終了1~2カ月後に愛犬に以下のような様子が見られたら、子宮蓄膿症を疑い、すぐに動物病院で受診しましょう。



  • □よく水を飲む

  • □よくオシッコが出る

  • □食欲がなくなる

  • □元気がなくなる

  • □しきりに陰部をなめる

  • □陰部から膿が出る

  • □外陰部が腫れる 




など

子宮蓄膿症にかかりやすい犬

避妊手術をしていない6才以上のメスがかかりやすいといわれています。

犬の子宮蓄膿症の診断方法

子宮蓄膿症の疑いがある場合、以下のような検査を行います。

問診と身体検査

発情出血の時期や、多飲多尿などの症状の有無を問診で確認します。陰部からの出血がないかなどの身体検査も行い、この段階で子宮蓄膿症の特徴的な症状が出ていれば、より詳しく検査を行います。

超音波検査/レントゲン検査

子宮蓄膿症の超音波検査では、腹部に音波を当て、子宮内を検査します。本来、子宮の中は空洞なので、異常がなければ何も映りませんが、子宮蓄膿症の場合は膿がたまっているのでそれが映し出されます。子宮蓄膿症は手術が1日遅れるだけでも危険な状態に陥ることも。問診の段階で特徴的な症状が出ていなくても、未避妊の場合は念のため、超音波検査を実施することも多いようです。レントゲン検査を行うこともあります。

血液検査

子宮蓄膿症の血液検査では、それによって体のどこに影響が出ているのかを把握でき、重症度の判断をするのに役立つ大切な検査です。血液検査によって全身の状態を把握することで、緊急性の高さや手術のリスクなどを判断し、適切な治療方針を決定することができます。

犬の子宮蓄膿症の治療方法と費用の目安、術後の注意点

抱っこされる白い犬

手術による治療

子宮蓄膿症の治療は手術が一般的で、子宮と卵巣を摘出する方法がとられます。子宮蓄膿症は、症状が進行した状態で発見されることが多いため、前述した通り手術が1日遅れるだけで悪化し、命にかかわることも珍しくありません。そのため、発見時に即手術が行われるケースも少なくないようです。

手術以外の治療法

全身の状態によっては、ホルモン剤によって子宮内の膿を排出させる内科的治療を施すこともあります。ただし、この治療法は次の発情のあと再発する可能性があります。

子宮蓄膿症の手術費の目安

症状レベルや地域などによって異なりますが、手術費用のみで50,000円~、入院や麻酔、検査などの費用をふくめてトータルで、150,000円前後は必要となるケースが多いようです。まずはかかりつけの動物病院に聞いてみましょう。
※2018年11月、動物病院Aの例(いぬのきもちweb編集室調べ)

術後の注意点

術後1週間程度は、食欲が落ち、出血や震えなどの症状が見られることもあります。少しずつ体調は回復していきますが、安静に過ごしてもなかなか体調がよくならない場合は、獣医師に相談しましょう。また、傷口をなめてしまわないようエリザベスカラーや術後服を着用するケースも。生活を制限するエリザベスカラーは犬にとってストレスになることもあるので、ぶつかりそうな家具や荷物は、片づけておきましょう。

犬の子宮蓄膿症の予防方法とは? 

避妊手術がいちばん効果的

子宮蓄膿症のいちばんの予防法は、避妊手術をすることです。出産の予定がない場合は発情前に子宮と卵巣を摘出することで、乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)など、さまざまなメス特有の病気の予防にもつながります。避妊手術を受けない場合は、陰部から分泌液が異常なほど出ていないか、こまめにチェックする習慣をつけるようにしてください。

分泌液のチェック方法

ブラッシングやスキンシップの時間を利用して陰部の確認をしましょう。血や膿が出ていないか、腫れていないかなどをチェックしておくと安心です。その際、そっと陰部にティッシュを当てると血や膿が出たときに確認しやすいです。

子宮蓄膿症は予防できる病気です

子宮蓄膿症はかかる原因と予防法が明確。なので、飼い主さんは発症リスクをよく考えて、愛犬にとってベストな選択は何なのか、しっかりと判断したいですね。




監修/石田陽子先生
獣医師。川崎市の石田ようこ犬と猫の歯科クリニック院長。
おもに歯科・歯周外科診療と行動カウンセリングを行う。
愛犬は和音くん(オス・12才/4.7kg/ミニチュア・ダックスフンド)

石田ようこ犬と猫の歯科クリニック

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る