1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の子宮蓄膿症~症状や早期発見のポイント、治療法や予防法まで~

犬の子宮蓄膿症~症状や早期発見のポイント、治療法や予防法まで~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬のメス特有の病気、子宮蓄膿症。性ホルモンの影響でかかる病気ですが、いったいどのような病気なのでしょうか? 飼い主さんが知っておきたい早期発見のポイントや、治療方法などを、獣医師が解説します。

犬の子宮蓄膿症ってどんな病気?

子宮に細菌が入り込み、子宮内に膿がたまってしまうメス特有の病気です。子宮内には細菌を防ぐ力があるので、めったに炎症は起こしません。しかし、卵巣に異常が起こり、黄体ホルモンが長期分泌されると、子宮内での細菌感染への抵抗力が弱まり、大腸菌などの細菌感染を受けやすくなり、その結果、膿が子宮内にたまることになるのです。進行すると陰部から膿が出てくることもあります。とくに発情期のあとの黄体期と呼ばれる時期は、体の免疫機能が低下しているため、入った細菌が繁殖しやすくなります。

犬の子宮蓄膿症の症状は?

子宮蓄膿症は、子宮内に細菌が入って炎症を起こし、膿がたまる病気です。細菌が全身に回ると、体全体が衰弱するため、水分がより多く必要になり、多飲多尿が見られ、元気がなくなるのも大きな特徴です。腹部が大きくなり、陰部から膿や血混じりの分泌液が出てきます。さらに食欲不振や嘔吐、貧血や腎不全を起こすこともあります。

犬の子宮蓄膿症の早期発見のポイント 愛犬のこんな様子に要注意!
・水をよく飲む
・オシッコがよく出る
・食欲がなくなる
・元気がなくなる
・しきりに陰部をなめる
・陰部から膿が出る
・外陰部が腫れる など

犬の子宮蓄膿症の治療法は?

子宮蓄膿症は、症状が進行して生死を争う状態で発見されることが多いといわれます。治療法としては、卵巣・子宮摘出手術をするのが一般的です。全身の状態によっては、ホルモン剤によって子宮内の膿を排出させる内科的治療を施すこともあります。

子宮蓄膿症にかかりやすい犬は? 

卵巣が分泌する黄体ホルモンの長期分泌が原因なので、子宮蓄膿症にかかりやすい犬は、避妊手術をしていない6才以上のメスということになります。

犬の子宮蓄膿症を防ぐには?

出産予定がない場合は避妊手術をすることが、いちばんの予防になります。発情前に子宮を摘出すると、乳腺腫瘍などのメス特有の病気の予防にもなります。

ふだんの健康チェックで、分泌液の異常をいち早く見つけて

子宮蓄膿症は、分泌液に異常が出ます。愛犬が避妊手術をしていない場合は、ふだんからよくチェックして、少しでも異常があれば、すぐに受診するようにしましょう。

・健康チェックのコツ
ブラッシングやスキンシップの時間を利用して陰部の確認を。血や膿が出ていないか、腫れていないかなどをチェックしておくと安心です。その際、そっと陰部にティッシュを当てると血や膿が出たときに確認しやすいです。

・注意! 発情時のメスの出血は病気ではない
メスは発情中に血の混じったオシッコをしたり、陰部から出血したりすることがあります。これは膀胱ではなく、子宮からの出血。飼い主さんは出血にあわてるかもしれませんが、発情中なら病気ではないのでご安心を。

まとめ
避妊手術をしていない、高齢のメスがかかりやすい病気の子宮蓄膿症は、いわば、かかる原因と予防法が明確です。飼い主さんは、発症リスクをよく考えて、愛犬にとって何がベストな選択か判断したいものですね。

出典元:いぬのきもち特別編集『愛犬のための健康長寿ガイドvol.1 犬の病気大百科』(監修 :藤田桂一先生)、『いぬのきもち』2004年11月号「オスだから、メスゆえにかかりやすい病気」(監修:原 寛先生)

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る