1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師監修】愛犬にぶどうは一粒でもNG?食べてしまった時の対処方法は

【獣医師監修】愛犬にぶどうは一粒でもNG?食べてしまった時の対処方法は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間には無害でも、犬にとっては中毒症状や病気を引き起こす原因となる食材もあります。特にぶどうやレーズンは腎不全の原因にもなり、時に命にも関わる、犬に食べさせてはいけない危険な食材です。一粒でも危険なのか、誤食したときの対処と許容量を専門家が解説します。

なぜ、ぶどうは犬にとって危険なのか?

ぶどうやレーズンを摂取した犬の中毒症状が報告されるようになったのは、2001年頃からです。
犬がぶどうを大量に摂取したあと、そろって急性腎不全を起こすという事故が起きました。その後も同様の事故が数年間にわたり世界各地で報告され続けたのです。なかには命を落としてしまったケースもありました。

ぶどうやレーズンによる被害報告が重なったことにより、犬にとって危険な食べ物であるという認識が、飼い主の間で一気に広がっていきました。

ぶどうやレーズンを食べた時の症状として多いのは、一般的な中毒症状でも起こる嘔吐や、命の危険を脅かす腎臓の異常などが挙げられます。特に急性の腎不全を呈する症例もあるため、ぶどうやレーズンは「非常に危険な食べ物」として認識されています。

ぶどうで中毒症状を起こす原因は?

現在の研究成果では、ぶどうの何の成分が急性腎不全や腎不全を起こすのか、そのメカニズムはまだ明らかになっていません。

これまでもぶどうやレーズンの大量摂取によって、シュウ酸カルシウムが形成されやすくなることは知られていましたが、最近では腎臓の組織が破壊されることによる急性の腎臓機能不全が注目されるようになっています。

赤ぶどうや白ぶどうといった種類の差は確認されておらず“このタイプのぶどうを食べると中毒症状を起こしてしまう危険性が高い!”といった具体的な結果は得られていません。

しかし、実際に症状が報告されていますので、ブドウやレーズンを犬に与えることは、チョコレートや玉ねぎをあげることと同様に、非常に恐ろしく危険なことだと認識しておくことが大切です。

ぶどうの皮はぶどうの実だけよりも危険性が高いってホント?

過去の実際に起きた症例によると、皮のついたぶどうを70g(巨峰4粒程度)ほど 食べた小型犬が急性腎不全にかかり、亡くなってしまったケースがあります。現状では、皮付きのぶどうと皮なしのぶどう、どちらがより危険性が高いということは断言できません。

これだけ医学が発展してもなお解明されておらず、発症の状況を予測するのが非常に難しい果物だと言えるでしょう。
また皮以外にも、ぶどうの果汁が使われているぶどうジュースを少し飲んだだけで中毒を起こす犬がいるのも事実です。

さらにぶどうの成分が凝縮されているレーズンに関しては、皮つきぶどうよりも中毒を起こす可能性が高いといわれています。レーズンは水分を含むと胃のなかで膨らむ性質をもっているため、体内で体積が増えてしまいます。

しかし同じ量のジュースを飲んだり、レーズンなどの加工食品を食べたりしても、中毒症状が起こらなかった犬もいます。やはり現状では個体差があるとしかいえない部分があることを覚えておいてください。

一粒なら大丈夫?許容量と危険な症状について

犬を飼っている家庭のなかには、ぶどうやレーズンが犬にとって危険な食べ物であることを知らずに、欲しがるままにあげてしまっていたケースも少なくないかと思います。

「今までぶどうやレーズンをあげても特に症状は起きなかったから、うちの子は大丈夫」と思っていても、個体ごとにどのくらいの量で症状が現れるのかは異なります。

ここでは目安となる許容量と危険な症状について解説します。

愛犬の犬種別・体重別の危険度早見表

現状では、ブドウやレーズンを誤って食べてしまった際のはっきりとした許容量はわかっていません。

これまで中毒症状や急性腎不全などを起こしたと報告されているブドウの量は、体重1kgあたり3〜57gと範囲がかなり幅広くなっています。また同じように干しぶどうでは体重1kgあたり11〜30gで症状が現れたとの報告もあります。

以下に犬の体重別や種類別の目安をまとめました。

・ぶどうのグラム数表

ぶどうの種類中毒発症の可能性がある摂取量
レーズン・干しぶどう(1粒約0.6g)体重1㎏あたり約11〜30g(18粒~)
巨峰(1粒約17g)体重1㎏あたり約3〜57g(1粒~)
デラウェア(1粒約2g)体重1㎏あたり約3〜57g(2粒~)
マスカット(1粒約6g)体重1㎏あたり約3〜57g(1粒~)


・犬種別許容量一覧表 ※平均体重を発症最小量の3g/1kgで試算

犬種・体重中毒発症の可能性がある摂取量
チワワなどの小型犬(体重1.5~2㎏程度)巨峰1粒~、デラウェア3粒~
トイ・プードル、ポメラニアン、パピヨン、ミニチュア・ダックスなどの小型犬(3~4kg程度)巨峰1粒~、デラウェア5粒~
パグ、柴、フレンチ・ブルドッグ、コーギーなど中型犬(8~12kg程度)巨峰2粒~、デラウェア15粒~
ボーダー・コリー、ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、シベリアン・ハスキーなどの大型犬(体重20~30㎏程度)巨峰5粒~、デラウェア37粒~
ボーダー・コリー、ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、シベリアン・ハスキーなどの大型犬(体重20~30㎏程度)巨峰5粒~、デラウェア37粒~
秋田、グレート・ピレネーズ、シェパードなどの大型犬(体重30~50㎏程度)巨峰7粒~、デラウェア60粒~

※ただし、絶対的な致死量というのは解明されておらず、危険性が高まる量の目安としてご覧ください。

愛犬がぶどうを食べてしまったときの対処方法

このページを見ている方の中には、すでに愛犬がぶどうを食べてしまった、という方もいらっしゃるかもしれません。ここでは愛犬がぶどうを食べてしまったあとの症状について、病院に行くべきかどうか、対処法も含めて解説します。

こんな症状があればすぐに病院へ

ぶどうの中毒症状が起こる目安は、食べてから2時間~5時間といわれています。たとえ目立った症状が出ていなかったとしても、できるだけ早めに動物病院を受診することをおすすめします。また下記のような症状が出ている場合にはすぐに動物病院を受診するようにしてください。

<ぶどう中毒症状の症例>

  • 嘔吐
  • 無気力
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 腹痛
  • アレルギー
  • 普段よりも水を飲む量が多い
  • 全体的に元気がなく、ぐったりとしている
  • 食欲がない

<急性腎不全の症状>

  • 脱水症状
  • 嘔吐
  • 無気力
  • 食欲不振
  • 意識が低下する
  • 呼吸が荒くなる
  • 普段よりもおしっこの量がやけに少ない
  • 元気がない
  • 腎臓やその周りが痛むためそれをこらえるように背中を丸めてじっとしている

急性の腎不全の場合、突然尿を産生する機能が停止するため、欠尿~無尿が生じます。

ここからさらに症状が進んだ場合は、急性腎不全や腎不全を起こしている可能性があります。それらの病気を発症している恐れがある場合、おしっこが増えたり、水をやたら飲んだりする多尿多飲の症状が見られるといわれています。

発症にパターンはある?

実際に起こった症例として、体重3㎏以下の小型犬が種無しぶどう約70g(デラウェアであれば35粒程度)を摂取して死亡したケースがあります。ぶどうを食べてから5時間後、急激な嘔吐を繰り返すようになり尿も出なくなってしまったことから、不審に思った飼い主が2日後に病院を受診。緊急入院をして治療を受けたものの、残念ながらそのまま息を引き取ってしまいました。

この小型犬の例のように、犬がぶどうを摂取したあとに急性腎不全などの症状を発症するパターンは、ある程度共通しています。まず摂取してから数数時間程度で嘔吐がはじまり、その後血中肝酵素が上昇することによっておしっこが出づらくなり、明らかに様子がおかしい状態が続きます。

そもそも腎不全とは、何らかの原因によって腎臓が正常に動かなくなり、尿から老廃物を外に排出できなくなってしまう病気のことを指します。そのまま放置してしまうと尿の毒素が体内に沈殿し、脳や全身の臓器に異常が出るなど深刻な病気を発症するおそれがあります。さらに急性腎不全の場合にはより緊急性が増し、急いで治療をしなければ命に関わることもある非常に怖い病気です。

動物病院でのぶどう中毒の検査、治療法、治療費

ぶどう中毒や急性腎不全が発症した際には、動物病院を受診して適切な治療を受ける必要があります。動物病院での検査方法は複数ありますが、代表的なものとしては犬にぶどうを吐かせる催吐処置や胃洗浄、中毒を引き起こしている有害物質の血液中の濃度を薄めたり、嘔吐・下痢などで失われた水分を補うための点滴(輸液)などが挙げられます。犬の状態をみて一刻を争うと判断される場合は各種血液検査を行い、今後の対処法を見極めていく作業も欠かせません。下記はその一例です。

・腎臓の数値のチェック:尿素窒素, クレアチニン
・炎症のマーカー:CRP(急性相タンパク)

検査の結果これらの値の上昇が認められ、腎臓がダメージを受けていると判断される場合には、前述の処置や対症療法のみで回復することは難しくなってしまいます。そのため点滴治療や対処療法を入院や長期通院を繰り返し回復をはかる措置がとられます。

急性腎不全を発症した場合の治療費は、重傷度によっても大きく異なりますが入院費用を含めると5万円~10万円前後とされています。ただし治療費は各動物病院によって異なるため、あくまでも目安の金額だと考えておいてください。

88%の飼い主さんが「ぶどうが危険」と知っている!

いぬのきもち編集室で犬の飼い主さんに、果物についてアンケートを取ったところ、ぶどうを食べさせていいか、食べさせてダメか知っている?という問いに関して、88%の飼い主さんが「食べさせてはダメ」と回答。

多くの飼い主さんの中では「ぶどう=ダメ」という意識が浸透しているようですが、12%の飼い主さんは「あげてもよいと思う」「わからない」と回答しました。

中には「ぶどうが犬には不適合だと知らない時、与えたら「ぺっ」と吐いた」というエピソードも。大事に至らなくてよかったですね。
人間にとっては美味しくて身近な食材だけに、気を付けてあげたいですね。

ぶどう以外のベリー系の食べ物の危険性は

ぶどう中毒や腎不全、急性腎不全を引き起こすメカニズムが解明されていない以上、基本的にぶどうやぶどうを加工した食品などは犬に与えないほうがよいでしょう。ではぶどうによく似たベリー系の果物は与えてもよいのでしょうか。一覧を表でまとめました。

食材犬にあげてよいかどうか
レーズン、
レーズンパン
×
ブルーベリー
カシス
ぶどうから生成している健康油
グレープシードオイル
×
ぶどう味のお菓子×
ぶどうアイス×
ぶどうゼリー×
ぶどうジュース×

ブルーベリーとカシスに関しては有益な栄養素を含みますが、食物繊維が多いため与えすぎ注意が必要です。

まとめ

誤飲誤食の多くは室内での日常生活や散歩を通じて起こります。犬がぶどうを誤って摂取してしまう原因として考えられるのは下記のようなケースです。

・犬の届く場所(テーブルの上など)にぶどうを置いている
・人間がぶどうを食べているとき誤って床に落としてしまったが、そのまま気づかずに放置していた
・普段の散歩コースにぶどうを栽培している家がある、あるいは自宅の庭で栽培している

甘くて良い匂いのするぶどうは、人間と同様に犬にとってもおいしそうにみえる果物の一つです。そのため小腹を空かせていたり食いしん坊だったりする犬はぶどうに興味をもち、パクっと食べてしまう可能性が高いでしょう。

犬にとって危険な食べ物は、決してテーブルなどには置かず、手が届かない場所で保管するようにしてください。また自宅でぶどうを食べる際は誤って落とさないように、散歩中にぶどうを栽培している家の近くを通るときには誤食しないよう、愛犬にとって安全な状況を作ることが大切です。

ぶどう以外にもアボカドやレモンなど、注意しなければいけない果物や、チョコレートや玉ねぎ、マカダミアナッツやキシリトールなど絶対に犬には与えてはいけない食材があります。
誤って摂取してしまった場合には自己判断に頼るのではなく、すぐに動物病院を受診することをおすすめします。
その際は獣医師にどんな食べ物をどのくらい食べたのか、いつ食べたのかを分かる範囲で正確に伝えましょう。飼い主の迅速な対応が、愛犬の命を救うための重要なポイントになるのです。

逆にイチゴやバナナなど、犬が好むだけでなく体にも良いとされている野菜もたくさんあります。与えすぎは禁物ですが、ほどよいバランスでフードと一緒に与えることにより、愛犬の健康効果が期待できる場合もありますので、愛犬の健康を守りながら、楽しくておいしい素敵な時間をお過ごしください。

監修/獣医師 ペット栄養管理士 佐野忠士先生(酪農学園大学 准教授 )

佐野忠士先生



出典/『いぬのきもち』特別編集「犬の食べ物図鑑」
   『いぬののきもち』WEB MAGAZINE「犬の病気・症状データベース 腎臓病(腎不全)」
文/子狸ぼん
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
※まいにちのいぬのきもちアプリユーザーアンケート、回答者数893名

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る