1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 犬が食べると危険な食べ物
  5. 【獣医師監修】犬にぶどうは絶対にNG。食べてしまったときの症状と対処方法

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬にぶどうは絶対にNG。食べてしまったときの症状と対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶどうは犬に中毒症状や病気を引き起こす原因ともなる危険な果物。犬にぶどうを与えてはいけません。犬がぶどうやレーズンを食べると、急性腎不全を起こして、重篤な場合は命を落とす危険もあります。なぜ、犬にとってぶどうが危険であるのか、その理由と万が一誤飲した場合の対処法を紹介します。

佐野 忠士 先生

犬はぶどうを食べてはいけない。命の危険あり

ブドウ園のブドウ
okugawa/gettyimages

ぶどうやレーズンを食べた犬の中毒症状が報告されるようになったのは、2001年頃からです。
大量にぶどうを摂取した犬が、そろって急性腎不全を起こすという事故が起きました。その後も、世界各地で同様の事故の報告があり、なかには命を落としてしまったケースもあったのです。

そうしてぶどうやレーズンによる被害報告が多くなるにつれ、犬にとって「ぶどうは危険な食べ物である」という認識が飼い主さんの間に広まっていきました。今では、飼い主さんの多くが「犬にぶどうはNG」と知っているようです。そのため、飼い主さんが進んで愛犬にぶどうを与えることはほぼないと思いますが、気をつけなければならないのが誤飲です。

愛犬と一緒にぶどう狩りに行くこともあるかもしれません。飼い主さんが食べているぶどうやレーズンの粒が、床に落ちることもあるかもしれません。そんなときに、うっかり愛犬がぶどうを食べてしまわないよう、注意が必要です。

まずは、犬の体に害をもたらすぶどうの成分と、万が一、愛犬がぶどうやレーズンを食べてしまったときに考えられる症状と対処法について知ってきましょう。

犬がぶどうを食べたときに見られる症状|急に元気がなくなる、嘔吐、尿が出ない

目の上と口のまわりが白、その他は黒の柴犬の顔ドアップ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬がぶどうを食べて起こる「ぶどう中毒」と呼ばれているものは、急性腎不全の症状と考えられます。以下に考えられる症状を紹介します。

中毒(急性腎不全)が考えられる症状

愛犬がぶどうやレーズンを誤飲したあとに、以下のような症状が見られたら急性腎不全の可能性があります。すぐに動物病院に連れて行ってください。

  • 急に食欲や元気がなくなり、ぐったりしている
  • 嘔吐している

  • アンモニア臭のような口臭がある
  • 普段より尿の量が少ない、尿が出ていない
  • 意識が低下している
  • 背中を丸めてじっとしている(腎臓やその周辺が痛むため)

症状が出るまでの時間

ぶどうやレーズンを食べてから、2時間〜5時間程度で症状が出るといわれています。たとえ、目立った症状が見られなくても、愛犬がぶどうを食べたことが明らかであれば、できるだけ早めに動物病院を受診することをおすすめします。

犬がぶどうを食べてしまった場合の対処方法

黄色も落ち葉の絨毯の上にお行儀よく座っている斜め右上を見上げる、赤い毛糸の洋服を着たミニチュア・シュナウザー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

急性腎不全は、わずか1日ほどで急速に腎不全が進行して腎臓の機能が低下する、命に関わる危険な病気です。
急性腎不全は、早期に発見・治療すれば治癒する可能性がありますが、発見が遅れ、治療開始が遅くなれば命を落とすことになりかねません。
前述したような症状が見られたら、すぐに動物病院を受診してください。

病院での検査および治療方法

動物病院では、犬にぶどうを吐かせる「催吐処置」や胃洗浄、血液中の有害物質の濃度を薄めたり、下痢や嘔吐で失われた水分を補給したりするための点滴などを行います。

さらに、今後の対処法を見極めていくために、下記の検査も欠かせません。

  • 腎臓の数値チェック:尿素窒素、クレアチニン
  • 炎症のマーカー:CRP(急性相タンパク)


検査の結果、これらの数値の上昇が認められ、腎臓がダメージを受けていることが明らかになれば、前述の処置や対症療法だけで回復を図るのは難しくなります。その場合は、入院して輸液と利尿薬の点滴を行う必要があります。さらに、点滴をしても尿が出ない場合は、血液透析を行う必要がありますが、透析できる動物病院は限られています。

急性腎不全になっても、これらの治療が早急に行われ、腎臓が再生できれば、尿を作る機能や出す機能が回復し、正常な状態に戻る可能性があります。

犬がぶどうを食べてはいけない理由|急性腎不全を発症する原因になり危険!

床に顔をつけてぐっすり眠っている茶色いチワワの顔アップ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人間が食べても大丈夫なぶどうやレーズン。なぜ犬が食べると中毒を起こすのでしょうか。

ぶどうで中毒症状を起こす明確な理由はわかっていない

現在のところ、ぶどうに含まれる成分の何が犬の体に害を及ぼし、中毒症状を引き起こすのか、そのメカニズムは解明されていません。

ぶどうやレーズンを大量摂取することで、シュウ酸カルシウムが形成されやすくなることは、これまでも知られていましたが、最近は腎臓の組織が破壊されることによる急性腎不全が注目されています。

腎臓は血液を濾過し、体内に溜まった不要な老廃物や毒素を尿として体外に出す役割を担う大切な臓器です。
「腎不全」とは、そんな腎臓の働きが著しく低下し、体内に老廃物が蓄積してさまざまな症状をきたしている(尿毒症)状態を指します。「「急性腎不全」とは、突発的に「腎不全」が発症し、わずか1日ほどで急激に腎機能が低下する病気。重篤になれば命にかかわる深刻な病気です。

犬の急性腎不全は、腎臓にかかわる部位のどこかで機能不全が発生するわけですが、ぶどうやレーズンの摂取が遠因で発症するのは腎臓そのものが障害を起こすと考えられています。

ぶどうの種類や部位は関係ない、レーズンもNG

では、ぶどうの種類や部位による危険度の差はあるのでしょうか。
その点についても、現在のところ「どのタイプのぶどうを食べると中毒症状を起こす可能性が高いのか」ということは、わかっていません。皮付き、皮なしの差についても確認はされていません。

また、ぶどうにはジュースやジャム、レーズンパンなどの加工品も多くありますが、それらにも注意が必要です。実際、ぶどう果汁の入っているジュースでも中毒の報告があります。レーズンについては、水分が少なくなった分、ぶどうの成分が凝縮されているので、生のぶどうより危険度が高いと考えられています。

危険な量の目安

犬がぶどうやレーズンを誤食したときの絶対的な致死量というものは、今のところ解明されていません。

これまでに、ぶどうを食べて中毒症状や急性腎不全などを起こしたと報告されている量は、犬の体重1Kgあたり3〜57gと幅広くなっています。また、干しぶどうについては、体重1Kgあたり11〜30gで中毒症状等の報告があります。

中毒発症の可能性がある摂取量は、以下のとおりです。
・ぶどうのグラム数表

ぶどうの種類中毒発症の可能性がある摂取量
レーズン・干しぶどう(1粒約0.6g)体重1㎏あたり約11〜30g(18粒~)
巨峰(1粒約17g)体重1㎏あたり約3〜57g(1粒~)
デラウェア(1粒約2g)体重1㎏あたり約3〜57g(2粒~)
マスカット(1粒約6g)体重1㎏あたり約3〜57g(1粒~)

体重別許容量一覧表 ※平均体重を発症最少量の3Kg/1Kgで試算
犬の体重目安中毒発症の可能性がある摂取量
小型(2~5kg)巨峰1粒〜、デラウェア3粒〜
中型(6~15kg)巨峰2粒〜、デラウェア10粒〜
大型(20~50kg)巨峰5粒〜、デラウェア37粒〜


ぶどうの影響は個体差があるものの、チョコレートや玉ねぎと同様、量の多少にかかわらず「ぶどうは犬に危険」と覚えておいたほうがよいでしょう。

犬のぶどう誤飲を防ぐ方法

車のシートの上にお座りしてカメラを見つめる耳が黒く、ボディは白のパピヨン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬がぶどうを食べないように、飼い主さんが気をつけるべきことを紹介します。

88%の飼い主さんが「ぶどうは危険」と知っている

いぬのきもち編集室で犬の飼い主さんに、果物についてアンケートをとったところ、ぶどうを食べさせてよいか、食べさせてダメか知っている?という問いに関して、88%の飼い主さんが「食べさせてはダメ」と回答。

多くの飼い主さんが「犬にぶどうを与えてはいけない」と認識しているので、飼い主が犬にぶどうを与えた結果のトラブルというのは意外に少なく、トラブルのほとんどは、犬が誤飲・盗食したというケースのようです。

ぶどうを犬の届くところに置かない。ぶどう畑や家庭菜園にも注意

犬の誤飲の多くは、室内の日常生活や散歩の間に起こります。犬がぶどうやレーズンを食べてしまう原因として考えられるのは、以下のようなケースです。

  • 犬の届くテーブルなどにぶどうやレーズンが置いてある
  • 飼い主さんが食べているときに落としたぶどうやレーズンが、そのまま床に放置されていた
  • 散歩コースにぶどう畑がある。庭でぶどうを栽培している。
  • 愛犬と一緒にぶどう狩りに行って、ぶどう畑のなかを犬が歩き回った

甘くよい香りのするぶどうは、犬にとっても美味しそうに見える果物のひとつです。小腹が空いていたり、食いしん坊の犬なら、興味を持ってパクッと食べてしまうかもしれません。
万が一、犬がぶどうを丸呑みしてしまったら、喉に詰まらせて呼吸困難に陥る危険性もあります。愛犬の届くところにぶどうやレーズンを置かないこと、ぶどうやレーズンを床に落としたままにしないこと、ぶどう畑には犬を入れないことなど、飼い主さんが気をつけることでぶどうの誤飲を防ぎましょう。

犬にとってぶどうは危険。飼い主の責任でぶどうの誤飲を防ごう

犬がぶどうやレーズン、ぶどうを含む加工品を食べると、急性腎不全を起こす恐れがあります。現在のところ、危険なメカニズムや致死量も明らかになっていないので、量の多少にかかわらず、犬にぶどうを与えてはいけません。愛犬の健康と命を守るのは飼い主さんの責任です。正しい知識を身につけ、犬が誤飲しないよう注意しましょう。
ぶどう以外にも犬が好み、体によいとされている野菜や果物はたくさんあります。ドッグフードとほどよいバランスで与えることで、愛犬の健康維持が期待できる場合もありますので、与え過ぎに注意しながら愛犬の健康を守って、ペットとの暮らしを楽しんでください。

犬には与えてはいけない食べ物や、注意したい食べ物があります。確認しておきましょう。

監修/佐野忠士先生(酪農学園大学獣医学群獣医学類准教授)
文/村田典子
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る