1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師監修】犬のノミ事情│症状や予防法について解説

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬のノミ事情│症状や予防法について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の体に寄生し、さまざまな病気を媒介する「ノミ」。今回は、ノミが犬に寄生する場所、ノミに寄生されることで発症する恐れのある病気や症状、そして予防や駆除方法について解説します。正しい知識を持ち、前もって対策しておきましょう!

犬に寄生するノミってどんな生き物?

チワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ノミはどうやって犬に寄生するの?

ノミは、成虫から卵、幼虫からさなぎ、そしてまた成虫というライフサイクルを繰り返す節足動物です。ノミは散歩中などの犬が吐き出す二酸化炭素や体温を察知し、犬の体に飛びうつることで寄生します。また、犬が草むらなどに入ったときに卵や幼虫、サナギが体について寄生することもあります。

このようにして寄生したノミは、犬の皮膚から血液を吸うと、犬の体で吸血と産卵を繰り返しながら、1か月~1か月半近く生きるといわれています。

ノミが生息する主な場所や季節とは?

ノミは、直射日光が当たらないところや草むらなどに多く見られ、犬が気づかぬうちに室内に持ち込んでいるケースが多いと言われています。こうして室内に持ち込まれたノミは、犬用ベッドやハウスのほか、人が生活するじゅうたんや布団、ソファなどにもすみつきます。

ノミは暖かい時期に発生するイメージが強いかもしれませんが、13℃以上の気温もしくは、75~85%の湿度であれば活動可能です。そのため外で付着したノミが室内に持ち込まれると、冬でも発生するケースが多く見られます。

【愛犬にノミが寄生】主な症状や病気は?

柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

さまざまな場面で寄生する可能性があるノミが、犬に寄生し吸血すると「ノミ刺咬性皮膚炎(のみしこうせいひふえん)」を引き起こし、激しいかゆみを伴います。重症化すると、その激しいかゆみから、睡眠不足を起こしたり大量・長期の寄生で貧血になってしまうことも。

体の一部を何度も激しくかいたり、赤くなるほどなめ続けたりしている場合は、ノミに吸血されている可能性があります。この他にも、ノミに寄生・吸血されると以下のような病気に感染する恐れがあります。

「ノミアレルギー性皮膚炎」

ノミの唾液にアレルギー反応を起こすことで発症します。アレルギー状態に陥ると、ノミ1匹に刺されるだけで強いかゆみを感じ、皮膚炎を引き起こします。

「瓜実条虫症(うりざねじょうちゅうしょう)」

体内に瓜実条虫の幼虫がいるノミの成虫を、犬が口にしてしまうことで感染します。寄生しても無症状の場合が多いのですが、多量の瓜実条虫が感染すると、下痢や軟便、食欲不振などの症状が見られることもあります。肛門のまわりやウンチの表面に、米粒程度の大きさで白く動くものを見つけたらこの病気の可能性があります。

【愛犬にノミが寄生】正しい駆除・治療方法は?

ポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

もしもノミが犬に寄生し吸血されたら、重症化させないためにも早めの対応が求められます。しかし、ノミは体長2mm程度と小さく通常は犬の毛の中に隠れているため、寄生数が少ない場合はノミ自体を見つけることに苦戦することもあるでしょう。

愛犬についたノミの見つけ方

犬の毛をかき分けてみて、素早く動く茶色の粒のようなものがないか確認してみてください。その物体がノミの可能性があります。もしくはブラッシング中、ノミのフンや吸血によって乾燥した、犬の血液が見つかったり、黒い粉状のフケが見つかることもあります。

ノミの自宅での駆除方法と注意点

ノミの寄生を見つけた場合、自宅に「ノミ取りぐし」があればそれを使い、ガムテープを用いてはがし取るのがおすすめです。手で取ろうとするとつぶれてしまい、ノミの卵がばらまかれる可能性もあります。手で取る際には、手でつぶさないように注意が必要です。

また、ノミの寄生を発見したら必ずかかりつけの動物病院で診てもらいましょう。目に見えるノミは、氷山の一角と言われています。動物病院で検査して、しっかりと薬で駆除するのが重要となります。同時に家の中も駆除することをおすすめします。

愛犬をノミから守るにはどうすればいい?

ヨークシャーテリア
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬にノミが寄生すると、かゆくて苦しい思いをさせてしまいます。一番大切なのは、ノミに寄生されないよう事前に予防しておくことです。ノミの予防法として最も有効なのは、定期的な予防薬の投与です。

動物病院で処方されたノミ駆除薬を使用する

すでに愛犬にノミが寄生してしまっている場合、ノミの宿主である愛犬からノミを駆除する必要があります。その際に効果的なのが、動物病院で処方されるノミ駆除薬です。市販のものよりも効果が高く、成分についても安心して使用できます。駆除薬は主に2つのタイプがあり、犬の首元に薬液を垂らす「スポットオンタイプ」と、おやつのように与えることのできる「チュアブルタイプ(経口錠剤型)」があります。

薬を投与した後は、24時間以内に寄生したノミを、ほぼ100%駆除できると言われています。この即効性によってノミのライフサイクルを遮断し、定期的に投与を継続することで、ノミの寄生予防も期待できます。

その他予防法

駆除薬の投与が基本ですが、お散歩やお出かけ前に犬用の虫よけスプレーをしてもいいでしょう。また、ノミがすみつきやすい、犬のベッドやハウスなどをこまめに掃除することも大切となります。

家の中でも、床やカーペット、ほこりがたまりやすい部屋の隅、湿気の多い窓際や植物プランターなど、あらゆる場所がノミの温床になります。さらにノミ予防には、定期的な換気も欠かせません。もし空気清浄機があるなら、上手に活用することでノミ予防の観点からも効果的です。

愛犬のノミはしっかり駆除・予防するのが大切

ノミ以外にも、マダニやイエダニなどの寄生虫や、フィラリア症感染の原因となる蚊など、犬が注意したい虫はたくさんいます。現在販売されている予防薬は、ノミだけではなくダニなどにも対応しているものがほとんどなので、定期的に投与するようにしましょう。また、4月〜12月(地域により異なる)にかけては、フィラリア症予防薬の投与も大切です。

犬に寄生するノミは、人や猫にも感染する可能性があります。人と犬、他の動物たちが快適に暮らすためにも、ノミの予防対策は欠かせませんね。

参考/『いぬのきもち』2016年5月号「初夏のキケンな虫・寄生虫に注意して!」(監修:佐伯英治先生)
    『いぬのきもち』2017年9月号「じつは冬でもキケンなんです!ノミ・ダニのいない部屋作り」(監修:植木照夫先生・佐伯英治先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る