1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【アンケート結果】チワワブラック&タンの飼いやすさと他の色との性格の違い

【アンケート結果】チワワブラック&タンの飼いやすさと他の色との性格の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うるうるとした大きな瞳と小さな体が特徴的なチワワ。今回はそんなチワワの被毛や毛色の種類、寿命に加え、人気のブラック&タンと他の毛色との性格の違いや販売価格、しつけのポイントを解説。チワワの飼い主さんを対象に行ったアンケート結果にも注目です。

チワワの被毛と毛色の種類をおさらい

チワワブラック&タン1
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

チワワの被毛の種類

チワワの被毛は毛の質によって分けられており、光沢がかった短い毛が密集して生えているスムースコートと、長めの毛で覆われ飾り毛が美しいロングコートの2種類があります。別名ショートヘアーとも呼ばれるスムースコートの毛は肌触りがなめらかで、ロングコートの毛は触ると柔らかいのが特徴です。

チワワの毛色のバリエーション

現在チワワの毛色に関する規定はなく、3色の組み合わせからなるトライカラーのうち黒色が白く抜けた「マールカラー」という毛色以外は、基本的にすべての毛色が認められています。代表的なものには両目の上に眉毛のような模様が入る「ブラック&タン」や「ホワイト&ブラック・タン」があり、ほかにも「クリーム」や金色がかった茶色の「フォーン」なども有名です。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「チワワの特徴・性格・飼い方」

いぬのきもち WEB MAGAZINE「チワワ好きなら全問正解?チワワクイズ」

いぬのきもち WEB MAGAZINE「ウルウルの瞳が愛くるしい 小さな甘えん坊 チワワ」

アンケート結果付き!チワワブラック&タンの性格

チワワブラック&タン2
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ここでは、チワワの飼い主さんを対象に行ったアンケートをもとに、ブラック&タンの性格や飼いやすさについて解説します。

いぬのきもちねこのきもち読者さんに聞いた!飼っているチワワの毛色

チワワの毛色

いぬのきもちねこのきもちの読者さん93名を対象に、飼っているチワワの毛色についてアンケートをとったところ、もっとも多いのは全体の20%を占めるブラック&タンという結果になりました。2番目がホワイト&ブラック・タンで17%、そのあとがクリーム11%、チョコレート&タン10%となっており、複数あるチワワの毛色のなかでも、特にタンカラーは人気が高いようです。

続いてブラック&タンを飼っている飼い主さんに、他の毛色と比べて飼いやすい点があるかどうかを聞いたところ、黒色なので涙やけや目の周りの汚れが目立たないといった回答が寄せられました。お手入れのしやすさという点において、ブラック&タンは他の毛色よりも飼いやすいといえるのかもしれません。

いぬのきもちねこのきもち読者さんに聞いた!チワワブラック&タンの性格

毛色別チワワの性格

次に、94名の読者さんに飼っているチワワの性格を毛色別に分析してもらったところ、ブラック&タンは他の毛色に比べてやんちゃな個体や、好奇心旺盛で賢い個体が多いことが分かりました。こういった自立心が強いタイプのチワワは感覚が優れているため、何かが起こるといち早く気が付き、機敏に立ち回ろうとする傾向があります。

また、アンケートによるとブラック&タンのなかには、飼い主さんに対する忠誠心が強いタイプや甘えん坊な性格の個体も多いようです。飼い主さんの言うことをよく聞く、家族にだけ甘えるといった愛らしさがあるのも、ブラック&タンの魅力といえそうですね。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「うちでも飼える?比較的「飼いやすい」と言われる犬TOP5!」

チワワブラック&タンの価格とチワワ全体の平均寿命

チワワブラック&タン3
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

チワワブラック&タンの価格

迎え入れ方にはさまざまな方法があります。身体の大きさや被毛の種類、血統書の内容、犬の年齢やルックスによっても異なりますが、ここ最近のチワワブラック&タンの平均価格は、20万円前後であることが多いようです。

チワワ全体の平均寿命

医療の発展やフードの改良などにより、犬や猫などペット全体の平均寿命は昔に比べて徐々に長くなってきています。現在チワワの平均寿命は15才程度ですが、今後さらに獣医医療が発展すれば、今以上に寿命が延びるのではと期待されています。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「【ギネス記録も】獣医師が教える!チワワの寿命と長生きの秘訣」

チワワのしつけの注意点

チワワブラック&タン4
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

他の毛色に比べて好奇心旺盛で賢く、やんちゃな性格の個体が多いチワワには、嫌なものは嫌だと自分の意見を貫き通そうとする頑固な一面があります。ここでは、チワワに起こりがちな2種類の困りごとを解消するためのコツを紹介します。

好きなものを取られそうになったときにうなるケースの対処法

飼い主さんのなかには、愛犬からおもちゃやおやつを無理やり取り上げたことのある方や、食事中にちょっかいを出した経験がある方もいるのではないでしょうか。このような行為を繰り返すと愛犬が飼い主さんのことを信用できなくなり、好きなものを取られそうなときに、うなったり噛んだりするようになります。

失った信用を取り戻すためには、おもちゃを一度取り上げたあとに愛犬に返すことを繰り返すのが効果的です。まず、ひもつきのおもちゃを獲物のように動かして一緒に遊び、愛犬がおもちゃを離した隙に「チョウダイ」と言って取り上げてみてください。その後再びおもちゃを渡して遊ぶということを繰り返し行うと、愛犬がおもちゃを取られてもまた返してもらえると学習し、素直におもちゃを離すようになります。

お手入れ嫌いでうなるときの対処法

お手入れなどの嫌なことをされそうになったときに、うなったり噛んだりして抵抗しがちな愛犬には、美味しいものを与えながら少しずつ慣れさせていく方法がおすすめです。たとえばブラッシングをする場合には膝の上にのせた愛犬に大好きなおやつを与え、食べている隙を狙ってサッとブラシをかけるという行為を、1日に数回繰り返すのがよいでしょう。

最初のうちは長くブラッシングしすぎないよう注意し、愛犬が慣れてきたら少しずつ時間を延ばしていってみてください。

甘やかしすぎはNG!チワワブラック&タンを飼うためのポイント

チワワブラック&タン5
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

チワワのなかでも、特に飼い主さんに対する忠誠心が強く甘えん坊な性格の個体が多いブラック&タン。そんなブラック&タンの毛色をもつ愛犬を飼っていると、つい甘い気持ちになってわがままを許してしまうこともあるかもしれません。しかし可愛いからといって甘やかしてばかりいると、愛犬が飼い主さんの言うことを聞かなくなり、吠えたりうなったりなどの問題行動がひどくなることがあります。

愛犬の問題行動を減らし、毎日を楽しく充実したものにするためには、子犬の頃からしっかりとしたしつけを行い、わがままにさせすぎないことが大切です。遊びは飼い主さんから誘う、おやつはオスワリをしたあとに与えるなどのルールを決めて接するなどを実践し、愛犬を社会性の高いイイコに育てていってくださいね。

参考/「いぬのきもち」特別編集『チワワの飼い主さん8万人の体験から作った! チワワとの暮らしがもっと楽しくなる本』(監修:しつけスクールCan!Do!代表 日本動物病院福祉協会認定家庭犬しつけインストラクター 西川文二先生、東京大学大学院農学生命科学研究科准教授 武内ゆかり先生、ジャパンケネルクラブ・日本警察犬協会および日本動物病院福祉協会認定家庭犬しつけインストラクター 戸田美由紀先生、フジタ動物病院院長 藤田桂一先生)
   「いぬのきもち」2016年5月号『犬種連載シリーズvol.11 I Love チワワ』(監修:V.C.J.代官山動物病院獣医師 獣医行動診療科認定医 藤井仁美先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『チワワの特徴・性格・飼い方』(監修:ヤマザキ学園大学講師 危機管理学修士 福山貴昭先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『【ギネス記録も】獣医師が教える!チワワの寿命と長生きの秘訣』(監修:SHIBUYAフレンズ動物病院院長 滝田雄磨先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/子狸ぼん
※販売価格は2018年7月現在、生後2ヵ月ごろの参考数字。いぬのきもちWEB編集室調べ。
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る