1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 柴犬は最も狼に近い!?DNA解析から分かった柴犬のルーツと歴史

柴犬は最も狼に近い!?DNA解析から分かった柴犬のルーツと歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人にはなじみ深い柴犬。実は、柴犬が持っているDNAは狼に近いということをご存知ですか?今回は、柴犬の性格・体格・顔つきから見る狼との類似点や、人間と生活を共にしてきた柴犬のルーツ、さらには柴犬以外の狼に近い犬種と、狼に近い理由について解説します。

柴犬が持っている狼に近いDNAって何?

柴犬アップ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

柴犬が狼に近いと言われている理由は、アメリカの大学チームが行った5000匹以上にも及ぶ犬の遺伝子調査によって、狼との類似性が高い遺伝子を柴犬が最も多く持ち合わせているという結果が出たためです。では、そもそも犬はどのようなDNAを持っているのでしょうか?

WOLFLIKE

WOLFLIKE(ウルフライク)は、犬の中で古くから存在している遺伝子です。狼との類似性が最も高いのがこのDNAで、柴犬が最も多く持ち合わせているのもこの遺伝子だと言われています。

HARDERS

HARDERS(ハーダーズ)は、群れる性質を持つ、牧羊犬タイプの犬種が持つDNAです。ボーダーコリーなどの犬種が多く持っていると言われています。

HUNTERS

HUNTERS(ハンターズ)は名前の通り、獲物めがけてすばやく動ける猟犬タイプが多く持っているDNAです。主に、ウサギ狩りの猟犬として活躍してきたビーグルや、牧畜犬や猟犬の素質を持つイングリッシュ・ポインターなどの犬種が持つと言われています。

MASTIFFLIKE

MASTIFFLIKE(マスティフライク)は、屈強な体と闘争心を持つ犬種が持っているDNAです。中でも、警察犬や軍用犬として名高いドーベルマンや、ジャーマンシェパードなどの犬種が多く持っていると言われています。

どの犬種でも上記4つのDNAを多かれ少なかれ持ち合わせていますが、柴犬は狼の性質に最も近いDNAによってほぼ構成されているという研究結果が出ています。これだけでも、柴犬と狼の類似性がかなり高いことが分かりますね。

柴犬と狼はこんなに似ている!性格・体格・顔つきから見る類似点

散歩中の柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

DNAに類似点があるとはいえ、あの可愛らしい柴犬と雄々しい狼が似ていると言われても、ピンとこない人も多いですよね?次は、柴犬と狼がどのようなところが似ているのか、見た目や性格から類似点を見ていきましょう。

性格の類似点

好奇心旺盛で飼い主への忠誠心が高い柴犬と、仲間意識が高く群れで生活する狼。一見似ているところはなさそうに見えますが、一途で愛情深い、リーダーへの忠誠心が高い、狩猟犬ならではの賢さと勇敢さを兼ね備えているところなどは、お互いの共通点と言えます。

見た目の類似点

柴犬の方が優しげな顔つきをしていますが、鼻が突き出た細長で大きめな顔に大きな歯は、狼に似通っています。また、すらりとした細身ながら、全身が引き締まったバランスの良い体つきも狼との共通点と言えるでしょう。

顔つきによって柴犬のルーツは異なる!

実は柴犬は、顔つきや風貌によって2種類のタイプに分けられます。丸顔でやさしい表情をしているのは「タヌキ顔」、面長できりっとした目つきなのは「キツネ顔」と呼ばれており、それぞれルーツが異なります。狼に近い古代犬がルーツと言われているのがキツネ顔で、狩猟犬らしい引き締まった体つきや大きな歯を持っているのが特徴です。

柴犬以外の日本犬も!狼に近いDNAを持つ犬種とその特徴

物をのせているチャウ・チャウ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

柴犬ほどではありませんが、狼に近い遺伝子WOLFLIKEを受け継いでいる犬種が数多くいます。猟犬や牧畜犬としての要素が強い犬種もいますが、主に以下の犬種が、狼に近い原種の血筋を持っていると言われています。

・チャウチャウ、シャー・ペイ
・秋田犬、甲斐犬、紀州犬などの日本犬
・バセンジー、チャイニーズ・クレステッド・ドッグ
・アフガン・ハウンド
・サルーキ
・ラサ・アプソ
・チベタン・テリア
・サモエド、日本スピッツ
・狆、シー・ズー、ペキニーズ
・シベリアン・ハスキー、アラスカン・マラミュート

古代犬を祖先に持つこれらの犬種は、アジアや中東生まれが多いのが特徴です。これは犬の起源が、中央アジアにあることが関係しているのではないかと言われています。

また、交配によって特定の犬種を生み出そうとする文化が根付いていた西洋に比べて、アジア・中東地域は交配をあまりせず、原種の血をそのまま残していたため、狼に近い犬種の分布数が多いのではないかという考えもあるようです。

人間と生活を共にしてきた柴犬のルーツと歴史とは

首をかしげる柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

柴犬と狼の類似性が高いのは上記で見た通りですが、そもそも柴犬はどんな歴史とルーツを持っている犬なのでしょうか。その歴史は、実に縄文時代までさかのぼります。

狩猟犬として縄文人と生活!

柴犬は縄文時代から人と暮らしてきた日本の土着犬で、原始時代に南方地域から渡ってきたとも、縄文人と共に日本に渡ってきた犬がルーツとも言われています。狩猟犬として、縄文人の狩りの手伝いをしていた歴史を持っており、イノシシやシカ、時にはクマにも直接向かっていったと言われています。

縄文人と柴犬の祖先との絆は深く、犬の亡骸を葬った墓が現在も残っているなど、家族の一員のような扱いをしていたことがうかがえます。また、首ひもをつけた犬型埴輪が出土されているように、古墳時代ごろにはすでに飼い犬として認識されるようになっていたようです。

実は天然記念物!

現在はペットとして日本・海外で身近な存在となっている柴犬ですが、実は洋犬の影響を受けていない純粋な日本犬として天然記念物に指定されている、希少な犬種でもあります。天然記念物に指定されたことによって、現代まで血が絶えることなく存続できているのです。

現在の柴犬の血統はある1匹の柴犬につながる!

古いルーツを持つ柴犬ですが、明治時代に洋犬が日本にたくさん入ってきた影響で純潔の柴犬が激減し、一時絶滅の危機にさらされたことがあります。昭和初期になると、忠犬ハチ公が有名になった影響もあり、発足された日本犬保存会によって貴重な日本犬として種の保存につながりました。

昭和中期になると、「中号」と呼ばれた柴犬が展覧会で有名になり、そこから数多くの名犬が誕生し、現在の柴犬のルーツになりました。血統書をたどると、ほとんどの柴犬がこの中号にたどり着くと言われています。

かわいらしい柴犬が、狩猟犬として日本人と古くから生活を共にし、なおかつ狼に近いことを意外に感じる方もいるでしょう。飼っている柴犬が、これまで以上に特別な存在に見えてくるかもしれません。柴犬の血がこれからも絶えることのないよう、大事にしていきたいですね。

柴の特徴と性格・価格相場|犬図鑑

参考/「いぬのきもち」2016年1月号『DNA解析でわかった!チワワは闘犬+猟犬ルーツ!犬種ツリーから知る愛犬のルーツ』(監修:東京大学大学院農学生命科学研究科獣医動物行動学研究室准教授 武内ゆかり先生、相模大野プリモ動物病院院長 玉原智史先生)
「いぬのきもち」特別編集『柴犬の飼い主さん3万人の体験から作った!柴犬との暮らしがもっと楽しくなる本』(監修:東京農業大学教授 長島孝行先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/pigeon
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る