1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 柴の特徴・性格・飼い方

柴の特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本を代表する和犬といえば、真っ先に思い浮かぶのが柴犬。古風で忠実な雰囲気から、国内はもちろん、海外でも人気が高まっています。はるか昔から日本人とともに暮らし、番犬としても活躍し、現在は家庭犬としてかわいがられるようになりました。そんな柴の特徴や性格、歴史や飼い方について、ご紹介します。

柴の特徴・魅力

私たち日本人は、柴犬を見るとどこか懐かしく、親しみを感じるのは、柴犬は縄文時代から続く土着犬の姿をそのまま受け継いだ犬で、昔から日本人とずっといっしょに暮してきたから。丈夫でバランスのとれたコンパクトな体型と素朴な表情は、日本人の感覚に合っているといわれています。日本の気候風土の中で、飼いやすいのが特徴。飼い主に忠実で、あまり媚びない様子は、海外から「東洋的な犬」として賞賛され、人気が高い理由のひとつです。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

柴の歴史

縄文時代に、今の日本にやってきた縄文人が連れてきた犬が柴のルーツだといわれています。狩猟犬として、人の狩りの手伝いをしていたようです。明治時代に洋犬との交配が盛んになり、純粋な日本犬が激減。昭和に入ると、日本犬を守ろうという風潮が高まり、昭和11年、日本の文化を担う存在として柴犬が天然記念物に指定されました。定かではありませんが、この前後に、「柴」と呼ばれるようになったよう。柴とは「小さいもの」を表す古語で、それが名前のゆえんといわれています。昭和中期に、現在の柴の祖である「中号」という犬が誕生。展覧会で注目の的となり、中号から多くの名犬が誕生し現在の柴犬の基礎となりました。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

柴の外見上の特徴

体高※より体長※がやや長く、胸は堂々と張り、均整のとれたコンパクトな体型をしています。イヌという生物が本来持っていた自然なバランスの体型で、柔軟性がありながら力強く保持している尻尾、ピンと立った耳。そしてつぶらな瞳、キュッと締まった口元などが柴犬の凛々しさと精悍さを象徴する部分です。被毛は硬くて直毛の上毛と(オーバーコート)と、柔らかい下毛(アンダーコート)の二層構造になっており、外敵や悪天候、過酷な気候などから体を守っています。
毛色は、もっともポピュラーな赤をはじめ、白・黒・胡麻の4種類が基本です。まれに虎毛の柴犬も存在します。この毛色は日光のあたりやすい部分を「表」と呼び、あたりにくい腹の部分などを「裏」と呼びます。表の毛色は濃く、裏の部分は薄い色の毛色となります。
日本犬の中では小型に位置づけられますが、頑丈な顎、小さく握りしめた指先など猟犬としての高い潜在能力があらわされ、小型犬ながら非常に野性味があります。

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。
※体長:前胸の出っ張り部分から、お尻の出っ張り部分までの長さ。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

柴の性格

柴は古くから猟犬として活躍し、自らの判断で猟を行うこともあったことから、自立心が強い性格といわれています。飼い主さんと一定の距離を保ちたがる面もありますが、甘えたいときはそばに寄っていくなど、ツンデレな面も。また、柴は誰にでも愛想を振りまくわけではなく、飼い主さんだけに愛情を示す「忠犬」と言われますが、ゆえに「頑固」でもあります。「寝るのはこの場所」「トイレは絶対に外」など、自分の考えとこだわりを持つ柴が多いです。

柴を飼うのに向いている人

柴は猟犬だったため、体力があります。発散させないとストレスがたまるので、散歩や遊びの時間がたっぷりとれる人が向いているでしょう。また、洋犬とは違ってベタベタされるのが苦手なため、「いつも近くでくっ付いていたい」という生活を望む人には物足りなさを感じるかも。自立心が強く頑固な性格で、飼い主さんの言うことを聞かない場面もあります。無理に言うことを聞かせようとすると攻撃的にさせてしまうおそれがあるため、初心者よりも、犬の飼育経験があり、一貫した方針をしっかりとイヌに示せる人が向いています。

柴の飼い方

柴がかつて番犬として重宝されていたのは、警戒心の強さや頑固な面があるから。ただ、現在は番犬ではなく、家族の一員である「家庭犬」として育てたいと望む人がほとんどです。おだやかな家庭犬にするには、ほめるしつけを取り入れ、飼い主さんとの絆を強め、ほかの犬や人などにも慣れさせることで、過剰な警戒心を防ぐ必要があります。「忠犬だから」と飼い主さんが強気に出て、無理やりにでも言うことを聞かせようとするしつけ方は、非常に非効率なことに加え倫理的にも問題視されます。また、柴をはじめとする日本犬は、認知症にかかりやすいといわれています。脳を活性化させて老化を防ぐために、様々な新しい刺激を提供することも効果的です。3つの紙コップを逆さにし、1つだけおやつを入れ、紙コップをシャッフル。どこに入っているか視覚や嗅覚を使って探させるゲームはオススメです。散歩や外遊びも積極的に行いましょう。散歩は、アスファルトの道だけでなく、土や草の上など、さまざまな場所を歩かせることで、足裏が刺激され、脳の活性化につながります。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

柴のハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境

柴は自立心が高いため、長時間でなければひとりでいる時間を安心して過ごします。巣穴に似た構造の「クレート」などのハウスを用意し、静かに過ごしたいときはゆっくり休めるようにしてあげましょう。その際のルールはクレートの中にイヌが入っているときは声をかけたりせずにほっておくことです。柴犬は運動能力が高いことから、案外高いところにも口や肢が届きます。イタズラされたくないものは引き出しや箱にしまうなどの対策も必要です。家具へのいたずら防止のためにも、生活環境に良く噛めるおもちゃなどは常に置いておきます。庭に放し、穴掘りすることなど可能であればさせてあげましょう。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

柴の食事

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。犬は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

柴のお手入れ・トリミング

柴犬は下毛(アンダーコート)が密に生えているため、抜け毛が多い犬種です。毎日ブラッシングをしてしっかりと下毛を取り除き、スムーズな換毛を促しましょう。下毛がたくさんとれる専用のブラシは生活中の抜け毛予防対策として非常に効果的です。換毛期はふだん以上に抜け毛が増えるため、いつもよりマメにシャンプーすることがオススメです。定期的なブラッシングやシャンプーは、柴犬がかかりやすい皮膚トラブルの予防や早期発見にもつながります。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

柴が気をつけたい病気・寿命

・5才までの若い犬に発病しやすい「アレルギー性皮膚炎」
・アレルギー性皮膚炎にかかった柴犬に併発することが多い「外耳炎」
・眼球の中の水分がうまく排出できず、眼球が肥大して視神経を圧迫。激しく痛み、失明の恐れもある「緑内障」
・10才を過ぎたオスの柴に発症しやすい「認知症」
・7才以上の柴に発症しやすく、目の中の水晶体が白くにごる「白内障」
・犬全体の約80%がかかるといわれ、柴もかかりやすい「歯周病」
・体重が増加し始める生後約4カ月~1才の間に症状が出始めることが多い「股関節形成不全」
・生後4か月を過ぎたころから発症する例が多い「膝蓋骨脱臼」

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 3
初心者向き 3
友好的   2
お手入れのしやすさ 3
訓練のしやすさ 3

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る