1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・ドッグフード
  5. 【獣医師監修】犬にイカはNG?スルメもダメ?その理由や万が一の対処法

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬にイカはNG?スルメもダメ?その理由や万が一の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、生のイカやスルメを犬に与える危険性と、食べてしまったときの対処法、ほかにも注意したい海の食べ物について解説します。

この記事の監修

草場 宏之 先生

 獣医師
 横浜戸塚プリモ動物病院院長

 日本大学生物資源科学部獣医学科卒業

●資格:獣医師

●所属:日本獣医麻酔外科学会日本小動物歯科研究会

●主な診療科目:救急診療/歯科/一般診療(外科、内科)

続きを読む

犬に「生のイカ」はNG!その理由とは?

ドッグフードがいちばん

イカはしっかりと加熱すれば食べられないことはありませんが、「生のイカ」は犬に与えてはいけない食べ物のひとつです。ではなぜ、犬に生のイカを与えてはいけないのでしょうか。以下のような理由が考えられます。

「ビタミンB1欠乏症」を引き起こす

生のイカに含まれる「チアミナーゼ」という成分は、ビタミンB1を破壊する働きがあるため「ビタミンB1欠乏症」を引き起こすおそれがあります。ビタミンB1が不足すると、犬はふらついたり、歩行障害などを引き起こしたりしてしまうケースもあり、とても危険です。

消化に悪い

生のイカに限らず、イカ自体が消化に時間のかかる食材なので、犬の胃腸にかなりの負担をかけてしまうことが考えられます。犬によっては消化不良が原因で、下痢や嘔吐を引き起こすおそれもあります。

中毒症状を起こす

イカには「アニサキス」という寄生虫が内臓を中心に潜んでいる場合があります。このアニサキスが生きたまま犬のお腹に入ると中毒症状を引き起こし、激しい腹痛などの症状が見られるといわれています。

しっかりと冷凍・加熱し、内臓を取り除いたイカをごく少量与える分には、命に関わるような問題が起こるとは考えにくいですが、リスクのある食材であることは間違いなさそうです。冷凍したものをしっかり加熱してからこまかく刻むなど、与える際には要注意です。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「【獣医師が解説】犬に食べさせてもいいもの」

要注意!スルメも危険な食べ物

子犬たち

「しっかり火が通っているスルメなら大丈夫?」という疑問もよく耳にしますが、スルメは生のイカとはやや違った意味で、与えてはいけない食材です。スルメを与えてはいけない理由としては、以下のようなことが考えられます。

塩分過多

スルメは乾物なので、多くの塩分が含まれています。犬にとって塩分の摂りすぎは、人と同じくさまざまな病気の原因となるので、スルメに限らず、しょっぱい味のついた食べ物を犬に与えるのは控えましょう。

胃腸で詰まってしまうおそれも

スルメは弾力があり、大きい状態のまま飲み込んでしまうと、胃腸で詰まってしまうおそれがあります。また諸説ありますが、飲み込んだ後に胃腸で消化液を吸って大きく膨らんでしまう危険性も指摘されています。最悪の場合、胃腸閉塞などを引き起こし、手術を行わなければならないケースも考えられるため、注意してください。

もしも、イカやスルメを愛犬が食べてしまった場合は?

病院

まずは動物病院に相談

食べてしまってからの経過時間によって動物病院でできることが変わってくることがあります。早めの相談がおすすめです。慌てず動物病院に電話で相談しましょう。

①愛犬の犬種や体重
②いつごろ、どれくらい食べたのか
③愛犬の状態はどうか(苦しそう・下痢をしている・吐いているなど)

様子を見る

もしも、犬が生のイカを食べてしまった場合、ごく少量であればチアミナーゼの影響を極端に心配することはないでしょう。しっかりと様子を観察することが大切です。また、前述の通り、加熱したイカはリスクはありますが、絶対に食べてはいけない食べ物ではありません。犬にとって危険なチアミナーゼは加熱によって失活するといわれているので、この場合も様子を見るようにしましょう。

症状が出たらすぐに動物病院へ

犬がイカを食べた後に、ふらつきや歩行障害、嘔吐などの症状が見られたら、いち早く動物病院に連れて行ってください。愛犬の吐しゃ物や便を捨てずに持って行くと、治療の手助けになることもあるので、なるべく持参しましょう。

注意したい海の食べ物

海にいる犬

生のイカ以外にも、注意したい海の食べ物はたくさんあります。

貝類

ホタテや牡蠣などの貝類はすべて消化が悪く、下痢や嘔吐の原因になります。また、あわび、とこぶし、さざえなどの内臓には中毒成分が含まれていることがあり、光線過敏症を招くおそれもあります。

タコ

タコの皮の部分は消化に悪く、嘔吐や下痢の原因になります。また、イカと同じく生のまま与えると「ビタミンB1欠乏症」を発症するおそれがあるので注意しましょう。

ウニ

犬の腎臓に負担のかかるリンが多く含まれています。また、食べ慣れないものを食べると、消化不良を起こすことがあるので注意が必要です。

エビやカニ

犬にとっては消化が悪く、生で与えた場合は、イカやタコと同様「ビタミンB1欠乏症」のリスクも考えられます。また、甲殻類アレルギーを持っている犬なら大変危険です。殻も誤食するおそれがあるので与えないようにしましょう。

しらす

しらすなどの小魚は、生でも乾燥でも塩分が濃縮されています。繰り返しになりますが、塩分の過剰摂取は犬の健康を害する原因にもなるので、与えないようにしましょう。ちりめんじゃこも同様の理由から与えるのはNGです。

わかめ

わかめは犬にとっては食物繊維が多すぎる食材です。そのため、消化しきれずそのまま便に出ることもあります。与えない方がよい食材といえるでしょう。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「この魚介類・海藻、犬に与えてOK?NG?犬が食べてもいい・食べてはいけない魚介類」

犬の健康を考えると、毎日の主食は、栄養バランスに優れた「総合栄養食」のドッグフードを与えることがベストです。もしも、人の食材を与える場合は、犬が食べてもいいものなのか、また、与えてもいい量はどのくらいなのかをきちんと確認し、お楽しみ程度に与えるようにしましょう!

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『【獣医師が解説】犬に食べさせてもいいもの』(監修:かつまペットクリニック 獣医師 大塚元貴先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『この魚介類・海藻、犬に与えてOK?NG?犬が食べてもいい・食べてはいけない魚介類』
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『【獣医師が解説】犬に豆腐を与えても大丈夫?適量やおすすめレシピ』(監修:いぬのきもち相談室獣医師)
監修/草場宏之先生(横浜戸塚プリモ動物病院院長)
文/hasebe
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る