1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. ちょっと困った愛犬の行動……もしかして“ストレスサイン”かも?

ちょっと困った愛犬の行動……もしかして“ストレスサイン”かも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬のちょっと困った行動に、お悩みの飼い主さんも少なくないはず。しかし、その行動はストレスが原因かもしれません。ここでは、ストレスサインのおそれがある、犬のお困り行動を2つご紹介します。また、お困り行動の中には、病気が原因の場合も…。気になる行動が見られたら、獣医師に相談しましょう。

① 突然家の中で走り回る

大型犬

愛犬が突然家の中で走り回る……このような“突然ダッシュ”は、運動不足によるストレスが原因で起こるお困り行動のひとつです。個体差はありますが、2才くらいまでの若い犬に多く見られる行動といわれています。

エネルギーが有り余っている証拠なので、散歩や室内遊びで、たくさん運動をさせるように心がけることが大切です。

② 留守番中の「食フン」

中型犬

留守番中にだけ食フンするのは、「退屈」というストレスが原因となっている可能性があります。留守番中にほかにすることがないので、“ひまつぶし”にウンチを食べてしまっているのでしょう。

この場合は、留守番をさせる前に排泄をすませておくのがポイントです。また、誤飲のおそれがないおもちゃなどを与えて、愛犬が留守番中に退屈にならないように工夫をしてみてください。

お困り行動の中には“心の病気”が原因のケースも

チワワ

留守番中に粗相をしたり、家具を噛んで破壊したりするなどのお困り行動が見られる場合は、愛犬が「分離不安」になっているおそれがあります。また、飼い主さんの帰宅後に、執拗に後追いをするなどの行為も「分離不安」が疑われることが。

「分離不安」とは?

「分離不安」とは、不安症のひとつで、飼い主さんと離れることに対して、病的なまでに不安を感じてしまう犬の心の病気です。とくに留守番中の愛犬の行動に異変が現れるので、気になる飼い主さんはかかりつけの獣医師、もしくは行動療法の専門医に相談するようにしてください。

愛犬が困った行動をすると、ついつい叱ってしまうという飼い主さんも多いでしょう。しかし、その行動の中には、ストレスや心の病気が関係しているケースもあるため、「叱る」という対処法は望ましくありません。まずは、愛犬がなぜこのような行動を取ってしまっているのか、その原因を探り、原因にあった対処法を考えることが大切ですよ。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「専門家が解説!愛犬の困った「あの行動」はストレスが原因かも」

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『専門家が解説!愛犬の困った「あの行動」はストレスが原因かも』
文/hasebe
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る