1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 獣医師に聞いた! 犬の留守番中に起こる“3大トラブル”とその対処法

犬と暮らす

UP DATE

獣医師に聞いた! 犬の留守番中に起こる“3大トラブル”とその対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時間の長さこそ違うものの、愛犬を留守番させるという飼い主さんは多いはず。しかし、留守番中には、犬が思わぬトラブルに巻き込まれる危険性があるので、注意が必要です。今回は、いぬのきもち獣医師相談室の先生に聞いた、犬の留守番中に起こるおそれがあるトラブルと、その対策をご紹介します。

留守番中のトラブル①「誤飲・誤食」

暴れた犬

いぬのきもち獣医師相談室の先生によると、犬の留守番中に起こるトラブルとしては、誤飲・誤食や盗み食いがとても多いといいます。暇をしないように与えたおもちゃを誤って飲み込んでしまったり、保存していたドッグフードを隠れてたくさん食べていたり……。なかには、留守番中にキッチンに置いてあった生ゴミを大量に食べてしまい、お腹がパンパンになった犬を診察したこともあったそうです。

このような誤飲・誤食は「腸閉塞」などを引き起こす原因となるので、大変危険です。以下のような対策を講じて、トラブルを未然に防ぎましょう!

対策

  • 誤飲・誤食しそうなものは、犬の届かない場所に置く
  • 小さすぎる・破損しやすいおもちゃは与えない
  • ゴミ箱には犬が開けられないようなフタをつける
  • 開けられては困るものには、鍵をかける
  • ペットシーツ破り防止のカバーをつけておく など


留守番中のトラブル②「熱中症」

退屈そうな犬

とくに夏の暑い時期に起こりやすい留守番中のトラブルが、犬の「熱中症」だといいます。飼い主さんが自宅に帰ったら、室内が蒸し風呂のように暑くなり、愛犬がぐったりしていた……というケースも。

犬を飼う上では基本的なことですが、以下のような方法で熱中症を予防してあげましょう。

対策

  • エアコンなど活用し、留守番中の空調管理を徹底する など


留守番中のトラブル③「火災」

ラブラドール・レトリーバー

留守中に発生する火災事故の中には、犬や猫などペットが原因のケースも少なくないといいます。「独立行政法人製品評価技術基盤機構」の報告によると、ペットによる火災事故は、以下のようなことが原因だとされています。

【犬が起こす火災事故例】

  • 犬がガスコンロのスイッチを押してしまう
  • 家電にオシッコをかけてショートさせてしまう
  • コードをかじったり爪でひっかいたりしてショートさせてしまう
  • 電気ストーブを倒してしまう


火災事故は、愛犬のみならず近隣住民を巻き込んでしまうおそれもあるので、しっかりと対策を取りましょう。

対策

  • ガスは元栓からしっかりと閉める
  • 電源コードには、カバーをつけておく
  • 犬のトイレの近くに、電化製品や電気コードを置かない
  • 電化製品には“チャイルドロック”をかけておく など


このような留守番中のトラブルを防ぐためにも、入ってほしくないところにはゲートをつけ、留守番させるときは愛犬をハウスに入れておくと安心です。また、留守中の愛犬の様子を知りたい場合は、「見守りカメラ」を設置するという方法もありますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「獣医師さんが証言! お留守番中に起こった愛犬の「思わぬ事故」が怖い…」

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『獣医師さんが証言! お留守番中に起こった愛犬の「思わぬ事故」が怖い…』(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
文/hasebe
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る