1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 人の気持ちがわかるの? 犬が心配するときに見せるしぐさとその理由

人の気持ちがわかるの? 犬が心配するときに見せるしぐさとその理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「もしかして、愛犬に心配されているかも……」と感じたことはありませんか? 実は、犬は飼い主さんを心配することがあると考えられているのです。
そこで今回は、犬が飼い主さんを心配する理由や、心配するときに見せるしぐさについてご紹介します。

犬が飼い主さんを心配する理由とは?

茶色い目をした犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬はもともと群れで生活をしていた動物です。そして、その中でうまく生活していくためには、ほかの犬の変化を感じ取ったり、ときには配慮したりする必要があったといわれています。このような犬の習性から、いつも一緒に過ごしている飼い主さんに対しても、同じように気持ちを察することができるようになったのでしょう。

しかし、どの程度飼い主さんの気持ちを察することができるかは、個体差が大きいようです。ちょっとした飼い主さんの異変にすぐに反応して、心配するしぐさをする犬もいれば、“我関せず”といった様子の犬も少なくありません。

犬が心配しているときに見せるしぐさとは?

優しい顔の犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんが落ち込んでいて元気がないときや、体調不良などでいつもと様子が違うときなど、犬は以下のようなしぐさや行動で飼い主さんを心配することがあるといわれています。

◆飼い主さんの顔をのぞき込む
◆明らかに心配そうな表情をする など


このほかにも、感受性が豊かな犬の場合は、飼い主さんの異変を感じると、元気がなくなったり食欲が落ちてしまったりするなど、飼い主さんとしては心配な行動を見せることもあるようです。

犬は人の気持ちがわかる動物! なるべく笑顔で過ごそう♪

笑顔の柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

このように、犬は飼い主さんのさまざまな感情を理解することができる動物です。なかには、落ち込んでいる飼い主さんを心配して、そっと寄り添ってくれる犬もいるようですよ。

犬は人の気持ちがわかる――そう聞くと、なんだかうれしい気持ちになりますが、やはり大切な愛犬には心配をかけたくありませんよね。とくに感受性が豊かな犬の場合は、飼い主さんのちょっとした異変でも体調不良をおこすことがあるようなので、注意してください。
愛犬が心配そうな様子を見せたら、声をかけたりなでたりして安心させてあげるのもよいかもしれませんね。

多くの飼い主さんが、愛犬の前でいつも笑顔でいられますように♪

いぬのきもち WEB MAGAZINE「犬が飼い主さんを「心配している」ときに見せるしぐさって?」

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『犬が飼い主さんを「心配している」ときに見せるしぐさって?』(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る