1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬はよく吐くっていうけれど…病院に行くべき危険な嘔吐とは

犬と暮らす

UP DATE

犬はよく吐くっていうけれど…病院に行くべき危険な嘔吐とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬は比較的吐きやすいといわれており、さまざまな原因で吐いてしまいます。自宅で様子を見て問題のないケースもありますが、中にはすぐに病院に行くべき危険なサインも。この記事では、危険な嘔吐について解説していくので、愛犬の健康管理に役立ててください。

危険な嘔吐① 下痢を伴うとき

ラブラドール・レトリーバー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬が嘔吐するだけでなく、下痢もしている場合は要注意。胃腸炎や大腸炎などの病気や、ウイルス性疾患の可能性が考えられます。すぐに動物病院に連れて行きましょう。

こんな病気のおそれが……

  • 胃腸炎

  • 大腸炎

  • 膵炎

  • コロナウイルス性腸炎

  • パルボウイルス腸炎

  • レプトスピラ症


危険な嘔吐② 元気がないとき

柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

いつも元気な愛犬が吐き、ぐったりしている場合は、内臓の病気や発熱の疑いがあります。特に胃拡張などの病気は、放置すると非常に危険です。内臓の壊死や多臓器不全などにより、最悪の場合死に至ることも。こちらもすぐに病院で診てもらいましょう。

こんな病気のおそれが……

  • 胃拡張

  • 胃捻転症候群(いねんてんしょうこうぐん)


危険な嘔吐③ 誤飲・誤食による中毒のとき

トイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が危険なものを拾い食いしたり、飼い主さんが誤って与えてしまったりと、誤食・誤飲による中毒で吐くケースもあります。すぐに吐き出させた方がいいですが、食べてしまった量が不明なときは、吐いたとしても油断は禁物。量によっては大変なことになるので、早急に動物病院に連絡して指示を仰ぎましょう。

中毒の可能性があるものとしては、ネギ類、チョコレート、タバコなどが挙げられます。

危険な嘔吐④ 血が混じっているとき

マルチーズ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

吐いた中に赤い血液が混じっているのも非常に危険です。口や食道・胃などの内臓から出血している、腫瘍ができているなどのおそれがあります。緊急性が高いので、すぐに病院に行ってください。

こんな嘔吐は様子を見よう!

ゴールデン・レトリーバー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が吐く原因は、病気以外にもさまざま。朝になると空腹で黄色い液体を吐いたり、早食いした後に吐いたり、フードによる食物アレルギーで吐いたりします。これらのシチュエーションで見られる嘔吐は、それほど慌てる必要はありません。

特に空腹での嘔吐は毎朝のように繰り返すこともありますが、ご飯の時間を変える、1回の食事量を減らして回数を増やすなどして対処しましょう。

犬は比較的よく吐く生き物で、すべての嘔吐が危険なわけではありません。しかし中には緊急性の高い嘔吐もあるので、吐いた中身や愛犬の様子を確かめることが肝心です。犬が吐いてしまった直後は、いきなり食事を与えるのはNG。まずは水や消化のよいものから、少しずつ与えてくださいね。

いぬのきもち WEB MAGAZINE|犬が吐いたときの対処法 嘔吐物の色からわかる病院にいくべき症状と原因

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『犬が吐いたときの対処法 嘔吐物の色からわかる病院にいくべき症状と原因』(監修:いぬのきもち相談室獣医師)
文/松本マユ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る