1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬は穀類が消化できない?穀類グレインフリーのフードを獣医師が解説

犬と暮らす

UP DATE

犬は穀類が消化できない?穀類グレインフリーのフードを獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬が穀類を消化できないというのは本当でしょうか。そこで今回は、「グレインフリー」や「グルテンフリー」の詳細や与えることのメリット・デメリット、穀類の使用目的などから、その真偽について解説します。ドッグフードランキングも参考にしてくださいね。

◆グレインフリーとは?犬は「穀類」を消化できないって本当?

いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「○○フリー」とは、その『○○』が含まれていないという意味の言葉です。最近は、愛犬のドッグフードを選ぶときに、「グレインフリー」や「グルテンフリー」のドッグフードを目にする機会も増えてきたのではないでしょうか。

◇グレインフリーとは?
『グレイン』とは穀類を意味し、「グレインフリー」は、原材料に穀類全般を使用していないことを指しています。

◇グルテンフリーとは?
『グルテン』とは、麦類に含まれるたんぱく質の一種の呼び名で、「グルテンフリー」とは、おもにこのグルテンを含まないという意味であると同時に、広く麦類を避けるという意味でも使われることがあるようです。

◇犬に穀類を与えてはいけないの?
穀類に含まれる栄養素は主に炭水化物であり、そのほとんどが“でんぷん”です。でんぷんは、生の原材料のままでは、多くの動物にとって消化性が悪い栄養素だとされています。また、犬が野生動物だったころは、穀類を食べていなかったといわれているため、「犬に穀類を与えてはいけない」と考える方もいるようです。
しかし、当時の犬が穀類を食べていなかったのは、穀類に含まれる炭水化物をそのままの状態では消化できないためであり、人がお米を炊いて食べるのと同じように、加熱や加工により消化性をアップすることで、犬も穀類を体内で消化することが可能になります(さまざまな加工をした穀類を与えたところ、フードに含まれる栄養素の60%くらいまでであれば、小腸で100%消化吸収されたという研究もあります)。つまり、ドッグフードの原材料に使用されている穀類については、炭水化物の消化性を考慮してきちんと加熱調理され、その消化性が高められているので、犬に与えても問題ないのです。
そもそも、現代の飼い犬は、オオカミと比べてでんぷんの消化能力がはるかに高いことが研究で明らかになっており、同列に扱うことはできないでしょう。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「「グルテンフリー」「グレインフリー」と書かれたドッグフードの意味・犬への効果とは」

いぬのきもち WEB MAGAZINE「犬はドッグフードに入っている穀類を消化できますか?」

◆そもそも穀類は何の目的でドッグフードに使用されているの?

いぬのきもち投稿写真ギャラリー

◇ドッグフードに使用される主な穀類とは?
穀類自体の定義は一定ですが、グレインフリーといったときにメーカー間でその解釈が異なることがあります。一般的に、米や麦、トウモロコシ、キビなどといった『イネ科の種子』のことを指しますが、場合によっては豆類を含むこともあります。

◇ドッグフードに穀類を使用する目的やメリット
穀類は、犬種やライフステージ、特別なケアなどに合わせて、栄養バランスの細やかな調整をするうえで、欠かすことのできない栄養源です。前述のとおり、穀類は種類によって栄養分が異なりますが、使用する部位によってもその栄養バランスはさまざまです。

例えば『小麦』の場合、
・小麦胚芽…ビタミン類や必須脂肪酸、抗酸化成分が豊富
・小麦ブラン…食物繊維、ビタミン類が豊富
・小麦グルテン…良質なたんぱく質が豊富など
・デンプン・・・エネルギー源

また、トウモロコシの場合は、コーン油、コーンスターチ、コーングルテンミール、その他繊維やビタミン、ミネラルも全ての栄養素として有用に使われています。

このような穀類の特性をドッグフードにうまく活用すると、腎臓病の犬用には、影響を与えるリンの含有量が少ない原材料として小麦グルテンを使用したり、シニア犬用には、必要な抗酸化成分が豊富な小麦胚芽を使用したりと、それぞれの目的に合わせてドッグフードの栄養バランスをきめ細かく整えることができるのです。このことは、犬の健康を守るための大きなメリットといえるでしょう。

このように穀類は栄養バランスを整えるために使われていますが、適切な下処理をして消化性を高めた穀類由来の原材料は、肉類よりもコストがかかっている可能性があります。もちろん、価格についても選ぶ基準になるとは思いますが、栄養バランスが整っていて良質であることはメリットの1つといえるのではないでしょうか。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「ドッグフードの原材料に穀類が使われている理由は?」

◆グレインフリーやグルテンフリーフードを与えるメリット・デメリットとは

いぬのきもち投稿写真ギャラリー

◇メリット
アイリッシュセッターなどの犬種ではグルテンに対する不耐症が発症することがあります。そのような場合にはグルテンを含む麦類を原材料として使用していない食事(グルテンフリーのペットフード)をとることが推奨されます。グルテン以外の穀類に対してアレルギーを持つ場合には、穀類全般を含まないグレインフリーのペットフードを使用するとよいでしょう。

◇デメリット
使用する原材料が限定されることで、きめ細かな栄養バランスの調整ができなくなります。具体的には、炭水化物が少ない傾向にあるため、逆にタンパク質が増え、シニア犬にとっては内臓の負担となることもあります。
大前提として大切なのは栄養バランスなので、グレインフリーやグルテンフリーだけで判断することはできないということです。

◆正しい知識を持って愛犬にピッタリのドッグフードを!

いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬にとって穀類が良くないものとするのは誤りであり、ドッグフードに使用される穀類については、消化性を考えて加熱処理されているので問題ないということがおわかりいただけたでしょうか。愛犬のドッグフード選びには、正しい知識を持って、もっとも大切なポイントである栄養バランスがきちんと調整されたドッグフードを与えたいものですね。

最後に、実際に「いぬのきもち」アプリユーザーが愛犬に与えている、人気のドッグフードブランドをランキング形式でご紹介します。ランクインしているメーカーには、栄養バランスを考えて調整された総合栄養食も用意されていることもありますので、ぜひ今後のドッグフード選びの参考にしてみてくださいね。

購入しているフードブランドランキング
1位ロイヤルカナン(ロイヤルカナン ジャポン)
ブリード ヘルス ニュートリション 柴犬 成犬用

栄養バランス、粒の形や大きさ、食感まで、犬種ごとの特性に配慮。柴犬専用をはじめ、14犬種に対応した総合栄養食です。
2位サイエンス・ダイエット™(日本ヒルズ・コルゲート)
サイエンス・ダイエット™ アダルト 小型犬用 成犬用

オメガ3系・6系の脂肪酸、ビタミンC・D、カルシウムなど、50種類以上の栄養素を配合。小型犬の健康をトータルサポートします。
3位ニュートロ™ シュプレモ™(マース ジャパン)
ニュートロ™ シュプレモ™ 小型犬用 成犬用

チキンやラム、全粒穀物、ナチュラル・オイルなど、高品質の自然素材を厳選。17種類の素材を最適な栄養バランスで配合しています。★穀物フリーの商品もあります。
4位シーザー®(マース ジャパン)
シーザー® 吟選ビーフ 野菜入り

成犬・子犬・11才から・14才からの年齢別に、栄養素と食べやすさを考えたウエットフード。多彩な味のバリエーションも魅力です。
5位グラン・デリ®(ユニ・チャーム)
グラン・デリ® ふっくら仕立て 全成長段階用 ビーフ・鶏ささみ・緑黄色野菜・チーズ・角切りビーフ粒入り

栄養とおいしさがぎっしり詰まった総合栄養食。「もちふわ粒」や「角切りビーフ粒」入りで、さまざまな食感も楽しめます。

使ってよかったフードブランドランキング
1位ロイヤルカナン
サイズ ヘルス ニュートリション ミニ ライト ウェイト ケア

標準的なロイヤルカナン製品と比べ、⾼タンパク(+11%)、低脂肪(-31%)、高食物繊維(2.5倍)に調整。減量に最適な栄養バランスにより、筋肉量を維持しながら体重の管理ができます。
2位ニュートロ™ シュプレモ™
3位サイエンス・ダイエット™
4位アイムス

デビフ

ユーカヌバ
※各メーカーの代表的な商品です。

ランキング/「いぬのきもち」2018年8⽉号『⽝アイテム⼈気ランキング2018』より。※2018年4〜5⽉「いぬのきもちアプリ」内調査(n=278)

監修/徳本一義(獣医師)
へリックス株式会社代表取締役社長。大学卒業後、小動物臨床を経て、ペットフード会社で学術部門を担当。現在は、複数の獣医科大学の非常勤講師を兼任。ペット栄養学会理事。ペットフード協会新資格認定制度実行委員会委員長。
徳本先生

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る