1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 「グルテンフリー」「グレインフリー」と書かれたドッグフードの意味・犬への効果とは

「グルテンフリー」「グレインフリー」と書かれたドッグフードの意味・犬への効果とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グルテンフリーとは麦類のたんぱく質が入っていない、グレインフリーとは広く穀物を含んでいないという意味です。愛犬に食物アレルギーがある場合には、まず獣医師に相談し、フードの種類を決めるようにしましょう。

「○○フリー」と書かれたフードの意味とは?

 原材料にこだわったフードの宣伝の中で、「○○フリー」などの言葉を目にします。これは「○○が入っていない」という意味の言葉です。よく目にするものとして「グルテンフリー」、「グレインフリー」のフードが挙げられます。

「グルテンフリー」とは

 グルテンフリーのグルテンとは、小麦などの麦類に含まれているたんぱく質の一種を指す呼び名です。グルテンフリーとは、本来このグルテンを含んでいないという意味になりますが、麦類を避けるという広い意味でも使われていることもあるようです。
 もともとは、欧米に多く見られるセリアック病というグルテン過敏症の人たちのための除去食の表示に使う言葉で、これは厳密な表示規格が各国で定められているものです。ちなみにこのセリアック病と同様のグルテン過敏症は、犬ではアイリッシュ・セターでしばしばみられます。
 グルテンフリー食品は、セリアック病以外の麦類アレルギー患者にも利用されていて、さらにグルテンフリーという言葉自体が、とくにアレルギーがなくてもヘルシー志向の人々の食生活スタイルに取り入れられるようになりました。
 犬の場合、さきに挙げたアイリッシュ・セターのグルテン過敏症のほか、麦類にアレルギー反応を起こす犬がいます。グルテンフリーのドッグフードには麦類が含まれていないので、グルテン過敏症のアイリッシュ・セターのほか、アレルゲンが麦類である犬にも適しています。

「グレインフリー」との違いは?

グレインフリーのグレインとは、穀物を意味します。そのためグレインフリーと書かれているフードはグルテンや麦だけでなく、広く穀物(グレイン)を原材料に使用していないことを指すようです。複数の穀類にアレルギーがある場合には、選択肢の1つとなります。食物アレルギーが疑われる場合には、動物病院で療法食を用いてアレルゲンの確定診断をしてもらってから利用するといいでしょう。ただし、食物アレルギー用の療法食ほど厳格に、穀物のわずかな混入も防いで生産されているとは限りません。

グルテンや穀物は犬に与えてはダメなの?

 「犬は本来穀物を食べないから避けたほうがいいのではないか」思われている方もいるかもしれません。
 犬は野生動物であった頃には穀類を食べることはなかったと考えられます。というのは、穀類に含まれる炭水化物はそのままでは消化することができないのです。我々人間もそのままの米を食べることはできませんが、水を加え圧力をかけて加熱すること(アルファ化)で、はじめて食べることができるようになります。炭水化物だけでなくグルテンをはじめとする植物性のたんぱく質についても、加熱や加工により消化性が格段にアップされています。アルファ化された複数の麦類を犬に与えたところ、100%消化吸収されたという研究があります。犬はそのままの穀類を消化吸収することはできませんが、ドッグフードはきちんと加熱調理され炭水化物もアルファ化されていますので、食べても問題なく体内で利用されます。

グルテンフリー・グレインフリーと一般のドックフードのメリット・デメリット

 グルテンフリーやグレインフリーのドッグフードは、グルテンや穀物にアレルギーがあるとわかっている場合には愛犬の健康を守ることができますが、それ以外にはとくにメリットはありません。

 グルテンフリー
グレインフリー
穀物が含まれる
ドッグフード
メリットグルテンまたは穀物に対する食物アレルギーを避けることができる様々な原材料を使うことができるので、価格を抑えることができる
栄養バランスを整えやすい
デメリット原材料を厳選するため高額になりがち
炭水化物が少ない傾向があるため、タンパク質が多くなりがち。そのため高齢期では内臓の負担になることも
グルテンなどにアレルギーがある場合は適さない

ドッグフードの選び方

 ドッグフードを選ぶうえで大切なことは、愛犬の健康を維持できることです。第一に栄養バランスが整っていること、さらに、体調に合わせたものを選ぶことです。
 現在、愛犬が健康であるなら、成長段階(ライフステージ)に合った総合栄養食のドッグフードを選べば基本的には問題ないでしょう。ウンチの状態が悪い、体をかゆがる、食べたがらないなど、体調に気になる点があるなら、獣医師の診察も受けて不調の原因を正しく診断してもらい、フード選びのアドバイスを受けましょう。飼い主さんの推測だけでフード選びをすると、実際の愛犬の体調に合わないこともあります。

食物アレルギーが疑われる場合は獣医師と相談し、選択を

 グルテンフリーやグレインフリーのドッグフードは、グルテンや穀物にアレルギーがある場合にメリットがあると述べてきました。しかし、アレルギーの原因となるアレルゲン(多くはたんぱく質)は、小麦や穀物に限らずさまざまです。免疫が未熟な離乳期前後に口にしたものに多く、犬の場合は牛肉・乳製品・小麦のほか、鶏肉も多いとされていますが、食環境によっても異なります。
 麦類や穀類に限らず、特定の物質を原材料から排除した機能性フードはいろいろあります。食物アレルギーの場合はアレルゲンを正しく排除することが必要ですが、その一方でアレルゲンの特定が難しいという側面もあります。気になる症状がある場合には、自己判断でフードを変更するのではなく、本当に食物アレルギーなのかも含めて動物病院で確かめ、食事について相談してください。

参考/いぬのきもち『ドッグフード大事典』
監修/徳本一義(獣医師)
へリックス株式会社代表取締役社長。大学卒業後、小動物臨床を経て、ペットフード会社で学術部門を担当。現在は、複数の獣医科大学の非常勤講師を兼任。ペット栄養学会理事。ペットフード協会新資格認定制度実行委員会委員長。

徳本先生

取材協力/ペットフード公正取引協議会

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る