1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の涙のワケ……悲しいのではなく、目の病気の場合も

犬と暮らす

UP DATE

犬の涙のワケ……悲しいのではなく、目の病気の場合も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が涙を流しているのを見たことがありますか?
「何か悲しいことがあったのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、その涙の原因は“目の病気”の可能性があります。早いケースだと、犬は4才くらいからさまざまな目の病気にかかりやすくなるので注意しましょう。
今回は、意外と知らない『涙』を症状とする犬の目の病気をご紹介します。

涙やけの原因にもなる「流涙症」

シー・ズー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「流涙症(りゅうるいしょう)」とは、刺激や鼻涙管の閉塞などによって、涙が大量にあふれ出してしまう病気です。
被毛に涙が付着した状態が続くと、皮膚炎を引き起こし、かゆみを伴うことも。また、目の下の被毛の変色を引き起こすため、「涙やけ」の原因となる病気としても知られています。

「流涙症」は、涙の分泌量を減らす飲み薬や点眼薬などによって治療するのが一般的です。症状によっては、鼻涙管の洗浄や手術をするケースもあるので、獣医師に相談してみましょう。

「流涙症」にかかりやすい犬種

シー・ズー、マルチーズ、ヨークシャー・テリア、パグ、チワワ、プードル など

涙や目ヤニが増える「角膜炎」

チワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「角膜炎」は、角膜に刺激が加わることで発症する病気で、目に異物が入るなどの外傷性のものと、感染症など非外傷性のものがあります。
非外傷性の場合は、両目に症状が現れることが多いようです。

「角膜炎」になると、涙が出るほか、目ヤニが増えたり、しきりに目を気にしたりするなどの症状が現れます。原因にあわせて点眼薬などで治療しますが、治療中は犬が目を触らないように、エリザベスカラーを装着させることも。
ほかの目の病気を併発するおそれもあるので、早めの受診が大切です。

「角膜炎」にかかりやすい犬種

  • チワワ、シー・ズー
  • マルチーズ
  • フレンチ・ブルドッグ
  • ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • アメリカン・コッカー・スパニエル
など

目が赤く充血する「結膜炎」

マルチーズ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「結膜炎」は、結膜に炎症が起こり、目が赤く充血してしまう病気です。原因はアレルギーやウイルス感染、ほこりやシャンプーが目に入るなどさまざまなので、その原因にあった治療法がとられます。

「結膜炎」になるとかゆみや痛みといった自覚症状があるため、まばたきが増えたり、目を細めるようなしぐさをしたりすることがあります。
また、一度治っても再発しやすく、放置すると炎症が広がるおそれもあるので、なるべく早く適切な治療を開始することが大切です。

「結膜炎」にかかりやすい犬種

  • マルチーズ
  • チワワ
  • シー・ズー
  • フレンチ・ブルドッグ
  • ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • アメリカン・コッカー・スパニエル
など

目の病気は年齢にかかわらず発症するので要注意!

パグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の目の病気は、年齢にかかわらず発症するもの。涙や目ヤニが多くなってきたと感じたら、なるべく早く獣医師に診てもらうようにしてくださいね。

いぬのきもち WEB MAGAZINE|【獣医師監修】犬の涙の理由~悲しいのではなく涙やけ等病気が原因かも

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『獣医師監修|犬の涙の理由~悲しいのではなく涙やけ等病気が原因かも』(監修:いぬのきもち相談室獣医師)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る