1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の去勢手術にかかる費用の相場は? 補助金についても解説

犬と暮らす

UP DATE

犬の去勢手術にかかる費用の相場は? 補助金についても解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の去勢手術にかかる費用は動物病院によって異なるので事前に確認しておきましょう。自治体や獣医師会などの助成制度を設けている地域もあります。今回は、去勢手術の費用の相場や補助金についてご紹介します。

カメラ目線の可愛いトイプー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の去勢手術にかかる費用は動物病院によって異なる

去勢手術後にエリザベスカラーをつけているわんこ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬の去勢手術を行う際、費用がどれくらい必要なのか気になりますよね?動物病院は自由診療なので、各動物病院によって診察の金額設定が異なります。

去勢手術の費用を動物病院に問い合わせると安心

犬の去勢手術にかかる費用の目安は、小型〜中型犬で30,000〜50,000円程度、大型犬で50,000〜70,000円程度といわれています。去勢手術に伴う、検査、麻酔、入院、処置、投薬、抜糸などを含めた総額を動物病院に事前に確認すると安心です。

いぬのきもちユーザの体験談

2018年9月に犬の去勢手術についていぬのきもちアプリが行なったアンケート回答の一部をご紹介します。

小型犬:術前血液検査 5,400円 去勢手術 19,440円、日帰り手術でした(トイ・プードル)
中型犬:費用は事前検査も含め大体4万くらい、入院はしていません(柴犬)
大型犬:手術代24000円、検査5000円で日帰り手術(ゴールデン・レトリーバー)

オプション料金がかかる場合もある

  • 停留睾丸(精巣が陰嚢の中でなく、下腹部や皮下に留まっている状態)
  • 持病がある犬、高齢犬の場合
  • 術後の状態が悪い場合

こういった場合では、犬の状態によって費用が高くなる場合もあります。

犬の避妊去勢手術の補助金制度について

去勢手術後にエリザベスウェアーを着ているカメラ目線のわんこ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

捨て犬・猫問題の対策として、犬や猫の避妊去勢手術に助成金を行っている自治体もありますが、全国統一で実施されているものではく、各市区町村によって金額や条件などはさまざまです。

自治体による補助金以外にも、一部の獣医師会が独自に補助金制度を行なっている場合もあります。

自治体による助成の例:三重県桑名市

条件: 桑名市に飼育登録を行い、年度内に狂犬病予防注射を接種していて、術後1年以内の申請であること
方法: 申請書と獣医師の手術実施証明書を役所に提出
補助金額: オス去勢1,500円、メス避妊2,000円

獣医師会による助成の例:徳島県獣医師会

条件: 徳島県在住または県内で犬を飼育、徳島市と佐那河内村の助成制度を受けていないこと、年間200頭まで
方法: 指定の期間に官製往復はがきにて申し込み
補助金額: 1頭 5,000円、応募者多数の場合は抽選

去勢手術にかかる費用は、動物病院によって異なるので事前に動物病院への問い合わせを行いましょう。また、居住している地域に去勢手術の補助金の助成があるかどうか、確認してみてはいかがでしょうか?

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
※情報は2018年9月時点のものとなります。

<参考記事>

犬の去勢手術、費用の相場とおトクに受けられる公的助成

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る