1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬と一緒に寝ることをおすすめできない理由とは

犬と暮らす

UP DATE

犬と一緒に寝ることをおすすめできない理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんの就寝中やお昼寝中に、体をピタッ!とくっつけてくる姿はとても愛おしく感じる瞬間ですが、犬と一緒に寝ることはリスクもあります。今回は犬と寝る際の注意点をご紹介します。

犬が人間の近くで寝るのはどうして?

飼い主さんにくっついてお昼寝タイム
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬が、飼い主さんや家族の体にちょっとでも触れて寝ようとしてくる、お尻や背中をくっつけて寝るということはありませんか?

これは、犬がもともと群れで生活する動物なので、お互いに暖をとるためや外敵から身を守るために仲間同士でくっつき合い、寄り添って休んでいた名残、飼い主さんや家族に甘えているためと考えられています

人間が犬と一緒に寝るのはリスクもある

みんなでへそ天お昼寝中、可愛すぎる!
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

いぬのきもちでは、犬をケージやサークルで休ませることをおすすめしていますが、犬と一緒のベッドや布団で寝ている方や、犬がピタッとくっついてくる瞬間に癒される方も多いのではないでしょうか?

しかし、人間が犬と一緒に寝るのはリスクがあることも知っておきましょう。

人畜共通感染症にかかる危険がある

犬のフケや抜け毛、ノミ、ダニから、人間が皮膚炎やアレルギー症状などを引き起こすことだけでなく、寝ている間に犬の口や肛門が接触することで、人獣共通感染症(ズーノーシス)に感染する可能性もあります。

犬がケガをしたり命を落とす危険がある

人間の寝返りで、体の小さな小型犬や子犬の体を押し潰してしまったり、ベッドからの転落で犬が骨折をする危険があり、最悪の場合、命を落とす可能性もあります。また、高さのあるベッドへの乗り降りでは、犬の関節に負担がかかり、ケガをする恐れがあるので注意が必要です。

犬を不安にさせてしまう可能性もある

犬は本来、狭くて暗い場所を好む動物です。いつも飼い主さんの体にくっついて寝ていると、飼い主さんがいない時に分離不安症で眠れなくなる、布団周りの物を壊す、誤飲するといった可能性もあります。

また、災害時に備えて、犬が落ち着ける場所を作っておくことや普段からクレートで安心して睡眠をとる習慣をつけておくことをおすすめします。

犬と一緒に寝るときに気をつけること

おやすみなさい、また明日!
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

海外では「ペットと一緒に寝ると安らぎや安眠効果がある」という研究結果も出ており、一緒に寝るのは問題ないという意見もあるようです。

リスクを承知でどうしても一緒に寝たい!という場合は、愛犬のベッドからの転落と寝ている間に押し潰してしまう悲しい事故が起こらないように気をつけてください。

少しでも不安がある場合は、一緒の布団で寝るのを避けるのが愛犬のためです。

いぬのきもちWEB MAGAZINE|【獣医師が解説】室内犬の寝る場所はどこがいい?慣れさせるコツは?

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る