1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. ほとんどの飼い主さんは犬におやつを与えすぎている! しつけのプロが指摘

犬と暮らす

UP DATE

ほとんどの飼い主さんは犬におやつを与えすぎている! しつけのプロが指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬がイイコにしていたときや、しつけの練習中などには、ごほうびとしておやつをあげますよね。実はこのおやつの量、プロのしつけインストラクターから見ると「ほとんどの飼い主さんが多くあげすぎている」のだとか!
では、適切なおやつの量はどのくらいなのでしょうか?

ごほうびのおやつは小さい方がいい?

マルチーズのぐみくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬がイイコにしていると、つい大きなおやつをあげたくなってしまいますが、ごほうびのおやつは、“小さい方がいい”と知っていましたか?

小さいおやつがベストなのは、愛犬の肥満防止のためだけではありません。おやつが大きすぎると、犬は何をほめられたのかがわからなくなってしまうのです。

一口で食べられるおやつで「すぐほめる」のがコツ

犬をほめるのには、タイミングがとても重要!

何かができたタイミングですぐごほうびをあげることで、犬は「今できたことがほめられている!」と理解します。つまり、時間がたってからほめても、「何をほめられたのかな?」とわからなくなってしまうのです。

大きいおやつでは、味わうのに時間がかかってしまいますよね。おやつの量が少しでも、すぐに食べられた方が、犬は“食べ物がもらえた=ほめられた”と認識できます。

そのため愛犬をほめるときは、ひと口で味わえる小さいおやつがベストなのです!

1回の量は小指の爪の先くらいがおすすめ

ヨークシャー・テリアのまりんちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

1回のおやつの量は、人の小指の爪の先くらいの大きさで十分です。ペロッとすぐに食べられる、ひと口程度の量が◎ 大型犬の場合は、もう少し大きくても大丈夫ですよ。

普段のご飯として使う粒の小さいドライフードも、ごほうびのおやつには最適です! ただし、与えすぎないよう、1日分のフードからごほうびに使う量を分けておくのがおすすめ。

ジャーキーなどの大きなおやつは、1本を細かく切って、10回分程度のごほうびにするといいでしょう。愛犬をほめるたびに1本を丸ごと与えていては、カロリーオーバーになる恐れもあります。

「時間稼ぎ」のおやつは大きいままでも◎

柴のラガーちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ちなみに、ごほうび以外の用途であげるおやつは、大きいままでも問題ありません。

たとえば苦手なお手入れの最中に気をそらしたいときや、留守番が苦手な愛犬が気付かないうちに出かけたいときは、大きいおやつをそのまま与えても大丈夫。

愛犬をほめたいときのおやつと使い分けてみてくださいね。

愛犬がイイコでいると、ついたくさんおやつをあげてほめたくなりますが、おやつは適切な量をあげることが大切です。1回の量を少なくして、何回もごほうびをあげたほうが効果的ですよ♪

いぬのきもち WEB MAGAZINE「愛犬へのごほうびのおやつ、ほとんどの飼い主さんはあげすぎていた!」

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『愛犬へのごほうびのおやつ、ほとんどの飼い主さんはあげすぎていた!』
文/松本マユ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る