1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. チーズが好きな犬。でも与えるときのチーズの種類と量に注意!

犬と暮らす

UP DATE

チーズが好きな犬。でも与えるときのチーズの種類と量に注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<タイトル案>
犬のおやつにチーズ与える際はチーズの種類と量に注意!
犬のおやつにチーズ与える際の注意点

「チーズを食べていたら犬が欲しがる、寄ってくる」という経験はありませんか?チーズは栄養が豊富ですが、犬に与える際には注意が必要です。今回は、チーズを犬のおやつとして与える際の注意点をご紹介します。

人間用のチーズは栄養たっぷりでも過剰摂取はNG

チーズのガムがお気に入り
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

市販されている人間用のチーズには「タンパク質、脂質、コレステロール、ビタミンA、ビタミンB2、カルシウム、ナトリウム」などの多くの栄養素が含まれています。

普段、総合栄養食であるドッグフードを食べている犬ならば、これらの栄養素をチーズで補う必要はありません。人間用のチーズは旨味や塩気が強いため、犬が喜ぶかもしれませんが、ご褒美程度が適量で過剰摂取はNGです。

人間用のチーズで犬が体調不良になることも

ご褒美もらった♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

チーズ好きな犬は多く、つい与えてしまう方もいるかもしれませんが、あくまで人間用のチーズなので、人間の感覚で与えるとウンチが柔らかくなったり、下痢を起こす可能性もあります。心臓や腎臓、肝臓、高脂血症の持病がある、肥満気味、胃腸が弱い犬には与えない方がよいでしょう。

また、牛乳アレルギーを持つ犬は、乳製品であるチーズにアレルギー反応を起こすことがあるので与えるのはNG!初めてチーズを与える場合にもアレルギーが起こらないか少量ずつ試してみるなど注意が必要です。

犬にチーズを与えるなら種類を選んで少量をあげること

チーズ味の犬用おやつ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬にチーズを与えると喜ぶので食べさせてあげたいという場合は、食事のメインとしてではなく、おやつやご褒美として、脂質や塩分の少ないものを少量ずつ与えましょう。上限の目安としては、小さじ1程度です。

チーズの種類は、できれば犬用に作られたチーズを、人間用のチーズを与えるならカッテージチーズやモッツァレッラチーズが脂肪分や塩分が控えめでおすすめです。

クリームチーズは脂肪分が多いのでより少量を、スライスチーズ、プロセスチーズ、ブルーチーズは塩分が多いので与えない方がよいでしょう。他にも、犬にとって危険なチョコレートや干しぶどうなどが含まれているチーズもあるので種類を確認してください。

犬にとって、チーズは旨味たっぷりの美味しい食べ物なので、食べ過ぎないように飼い主さんが与える量をコントロールしてあげましょう。

【獣医師監修】犬に人間用のチーズはOK?注意点や適切な量とは


監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る