1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 獣医師が伝えたい 診察時に困る犬の飼い主さんはこんな人

犬と暮らす

UP DATE

獣医師が伝えたい 診察時に困る犬の飼い主さんはこんな人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットの命を助けてくれる獣医さんに対して、こんな飼い主にならないで!いぬのきもち相談室獣医師への取材でわかった、困った飼い主さんのエピソードをご紹介します。ペットを愛するがあまりモンスター飼い主にならないように気をつけましょう。

診察時の困った飼い主さんエピソード

困った飼い主さんにならないで
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

  • 診察の際、飼い主さんご家族が、検査を希望するか、治療をどうしていくのか意見が合わずにもめることがあります。ペットを心配する気持ちは同じだと思うのですが、治療に対する温度差があるようです。

  • インターネットなどで調べて「〇〇ですよね?」と先入観で話される方は、獣医師として困ってしまいます。情報収集は悪いことではありませんが、ネットの情報がすべて愛犬にあてはまるとは限りません。

  • 注射後に「かわいそうに」「ごめんね」など過度に心配するとペットを不安にさせることにつながります。

困ったとき獣医師としてどんな対応を心がけている?

困った飼い主さんにならないで
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

なるべく、ゆっくり丁寧に話すように心がけています。話している内容を理解してもらえれば、飼い主さんにも安心していただけます。また、しっかり目を合わせてコミュニケーションをとり、落ち着かせるように説明します。

飼い主として心がけたいことは

困った飼い主さんにならないで
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

  • 知ったかぶりやウソは診察を妨げるのでやめましょう。

  • 結果を早急に求めるのは正しい診断に繋がらないことがあります。

  • 診察以外でも、動物病院周辺での違法駐車や犬のふん・尿などの排泄処理、待合室でのマナーなど、一般的な常識を持って来院していただきたいと思います。

困った飼い主にならないために気をつけることは

ペットを愛するがあまり、周りのことが見えなくなってモンスター飼い主になってしまう方もいらっしゃいます。

是非、目の前にいる獣医師を信用してください。スタッフを信頼してくれているかどうかは、飼い主さんの様子で伝わります。かかりつけの動物病院の医師やスタッフとの信頼関係を築くことができれば、このような心配はなくなります。

自己中心的な行動は、待合室で診察を待っている患者さんや病院近隣の住民にも迷惑となります。愛するペットの診察をスムーズにするためにもルールやマナーを守って下さいね。

動物病院にいる犬の困った飼い主さん|愛犬の診察にも影響が

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る