1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. コミュニケーション
  5. 飼い犬とギクシャク……また仲良くなるためにできる3つのこと

犬と暮らす

UP DATE

飼い犬とギクシャク……また仲良くなるためにできる3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬のために、欠かさず行っているしつけやケア。でも、嫌がるのを無視して続けてしまうと、愛犬にとって大きなストレスになってしまいます。最悪の場合、愛犬との関係が悪化してしまうかも。そんなとき、愛犬からの信頼を取り戻すためにできることを、3つご紹介します!

ケアは「できている間」にほめて終了!

ブラッシング中の雑種のキャスちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬はケアを嫌がっているのに、それを無視して続けていると、やがて愛犬はケアをさせてくれなくなってしまいます。しかし、嫌がるからと避けていては、病気になるなど結果的に愛犬につらい思いをさせてしまうことに……。

ケアを嫌がる愛犬には、嫌がらずに受け入れているところでやめて愛犬を褒めてみましょう。このとき、本当に少ししかできなくても大丈夫です。すると、お手入れに良い印象を抱くようになり、少しずつケアができるように。

ポイントは、必ず愛犬が嫌がっていないときにやめて褒めること。ケアを嫌がるようになる境界を見極めて、その手前で止めるようにしましょう。

過ごしやすい環境を知り、提供する

クレートの中で寛ぐ、チワワのミルクちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬にとって、快適で過ごしやすい生活環境を整えることも大切です。
犬が不快に感じる生活環境を知り、それらを改善することで、愛犬は家を心地よいと思えるようになります。また、安心・安全な環境を作ってくれた飼い主さんをより信頼してくれるようになるはずです。

犬は、逃げ込む場所がないことを不安に感じます。また、トイレと寝床が近かったり、吊り下げ式給水器しかなかったりすると、不快に感じることも。

愛犬の不安を取り除くため、クレートのように四方を覆われた犬用のスペースを準備し安心できる場所を作りましょう。
また、トイレと寝床を離しておくだけのスペースを確保し、水飲みボウルを設置してあげると、愛犬にとって快適な環境となります。

当たり前にできることでもしっかり褒める

なでなでされるゴールデン・レトリーバーのりょうちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬は、叱られてばかりいるとストレスを溜めてしまいます。また、そそうやイタズラを後から注意したり、家族間で異なるしつけをしたりすることも、愛犬との関係を悪化させる原因になります。
関係が悪化すると、愛犬とのアイコンタクトが難しくなることも。そんなときには、当たり前にできることでも、しっかり褒めることが大切。

褒められる機会が増えれば愛犬は自信がつき、叱られて嫌だった記憶も薄れます。アイコンタクトなど当たり前にできることであっても、積極的に褒め、愛犬との信頼関係の回復に努めましょう。

目を合わせてくれない、抱っこさせてくれない、お手入れをしようとすると嫌がる。そんな様子が見られたら、愛犬は何かにストレスを強く感じているのかも。
そんなときには愛犬をよく観察し、ここでご紹介した3つのポイントを実践してみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2020年2月号『かわいがっているつもりのアノ行動が……じつはストレスになっていた! NO MORE! DOG (ドッグ)ハラスメント』(監修:日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター ジャパンケネルクラブおよび日本警察犬協会公認訓練士 さいたま市動物愛護推進委員 戸田美由紀先生)
文/みづかめ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る