1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 犬の熱中症対策にも必須! 犬の健康を守る夏場のエアコンの使い方

犬と暮らす

UP DATE

犬の熱中症対策にも必須! 犬の健康を守る夏場のエアコンの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の暑さが年々増してきている近年では、エアコンは愛犬たちの命を守るために欠かせないアイテムといっても過言ではないでしょう。そこで今回は、犬の健康を守るための「エアコンの使い方」についてご紹介します。

エアコンの設定温度はどうしたらいいの?

ミニチュア・ダックスフンドのマロンちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

エアコンの冷気は上から下へとおりてくるため、同じ室内であっても人がいる部屋の上部と、犬がいる床の近くでは、室温が異なる場合があります。そのためエアコンの温度や湿度の調整を行うときは、愛犬の体高にあわせた位置でチェックするといいでしょう。

室温は26℃前後、湿度50%前後を目安に調節するのがおすすめです。その際、部屋全体に効率よく冷気をいきわたらせるためにサーキュレーターを使ったり、湿度を調整するために除湿器などを活用したりすると◎ エアコンを冷房ではなく、除湿(ドライ)に設定するのもいいですね。

エアコンの稼働時間はいつがいいの?

柴犬の姫ちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

気温の下がる夜間でも、夏場は熱中症のリスクがあるため油断は禁物です。暑い季節は基本的にエアコンは24時間稼働させておくようにしてください。

また、夏場などは留守中にエアコンをつけていても、落雷で停電してしまうおそれがあります。そのため、ペットカメラで留守番中の愛犬の様子を確認できるようにしておくなど、なにかしらの対策をとっておくと安心です。

なお、もし停電してしまったときにも犬が体を冷やせるよう、保冷剤をタオルでくるんだ「クール枕」を用意しておくのもいいでしょう。

エアコンが欠かせないのは車内も同じ!

ジャック・ラッセル・テリアのまるちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

室内だけではなく、車内でもエアコンは必須アイテムです。車内は窓から日光が差し込むと一気に温度が上昇してしまうため、エアコンの設定温度は低めを意識しておくのがポイント。また、後部座席に愛犬を乗せている場合は、愛犬のいる場所が暑くないか確認することも大切です。

そのほか、何らかの用事で「愛犬を車内で待たせておきたい」という場面も出てくるかもしれません。しかしたとえ日陰であっても、夏場の車内温度はみるみるうちに上昇していきます。実際に熱中症による死亡事故も多発しているため、犬だけを車内に残しておくことは絶対にやめましょう。

人が我慢できると感じていても、犬にとっては危険な暑さであることも少なくありません。愛犬が安全で快適に過ごせる環境を維持するためにも、「犬の目線」を忘れないように注意しながら、積極的にエアコンを活用してくださいね。

参考/「いぬのきもち」2019年7月号『愛犬の年代・体質・生活環境などで熱中症危険度を簡単チェック! 熱中症危険レベルを判定します!』(監修:気象予報士 獣医師 鈴木勝博先生)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る