1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 犬の「気づきにくい病気」に気づくための4つのヒント

犬と暮らす

UP DATE

犬の「気づきにくい病気」に気づくための4つのヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬に忍び寄る病魔に、どう気づく?

犬は人のように言葉を話せないので、具合が悪かったり、体に違和感があっても言葉で訴えることができません。愛犬の健康を守るためには、飼い主さんがいち早く異変に気づく必要があります。
しかし、野生で活動していたころの本能の名残により、自分が弱っていると敵に気づかれないように、犬自身がガマンして症状を隠してしまったり、肝臓や膵臓など、そもそも痛みや症状があらわれにくい臓器もあります。
さらには、たとえ愛犬に異変が起こっても「年を取って落ち着きが出てきたからかも」「このコはもともとウンチがやわらかいから」「食欲はあるから大丈夫だろう」など、飼い主さんが病気の症状を老化やクセと勘違いしてしまうこともあるのです。

手遅れにならないためにも、気づきにくい病気に気づくためのヒントをご紹介しますので、思い当たるものがないかチェックしましょう。

うちのコはちょっと頭が大きい?

「うちのコはちょっと頭が大きいかも…」と思ったとき、疑われるもののひとつが水頭症(すいとうしょう)です。
子犬期に見つかることが多い、ほぼ先天性の病気です。脳内(脳室)に脳脊髄液という液体が過剰にたまり、脳が圧迫されるので、けいれん発作や視覚障害などの症状が出ます。先天性の病気のため症状が出るまで気づきにくいですが、きょうだい犬より頭が大きかったり、成長が遅かったりする場合もあります。

<ここをチェック!>
・おでこが大きく出っぱっている
・ものによくぶつかる
・両目がそれぞれ外側を向いている
・回るしぐさをする
・なでられるのを嫌がる

……など

ちょっと頻尿ぎみかも…

中央でさくらんぼのような形をしているのがポリープです
中央でさくらんぼのような形をしているのがポリープです

愛犬の頻尿が気になるときに、原因のひとつとして考えられるのが「膀胱ポリープ」です。
膀胱はオシッコをためておき、排出するための器官ですが、この内部にできもの(ポリープ)が発生すると、オシッコするときに詰まったり、粘膜が炎症を起こすことも。重症化すると命にかかわる場合もあります。とくに尿道付近のポリープは見つけにくく、「愛犬のオシッコはいつもこうだから」と見誤ると、気づくのが遅れがちになってしまいます。

<ここをチェック!>
・頻繁にトイレに行く
・オシッコを出しづらそうにする
・オシッコに血が混じる
・トイレが長い

……など

おとなしい性格になってきた…

「愛犬が以前よりおとなしくなった」などの性格の変化を感じたら、もしかすると病気が原因かもしれません。とくに成犬期の犬で飼い主さんも気づきにくいのが、ホルモンの病気のひとつである甲状腺機能低下症です。甲状腺とは、ホルモンを分泌して全身の新陳代謝を促進する場所ですが、なんらかの原因でこのホルモンの分泌量が低下してしまうのがこの病気。発症すると元気がなくなったり、抜け毛など被毛に異常が見られたりすることがあるのですが、これを「年をとったせい」と間違えてとらえてしまうことが多いようです。

<ここをチェック!>
・元気がない
・以前よりおとなしくなった
・寒がりになる
・散歩を嫌がる
・顔つきが寂しそうになる

……など

よく下痢をする

子宮蓄膿症のエコー写真
子宮蓄膿症のエコー写真

下痢やオシッコの症状から疑われる病気のひとつが「子宮蓄膿症」です。
これは、大腸菌などの細菌がさまざまな経路から侵入し、子宮の中で増殖して炎症を起こす、メス特有の病気です。若い犬でも見られますが、とくにシニア犬期で避妊手術を受けていない犬で多く見られ、発症すると子宮にたまった膿(うみ)が外陰部からもれることがあります。これを下痢と勘違いしてしまい、発見が遅れるケースが多いようです。

<ここをチェック!>
・水をたくさん飲む
・元気や食欲がない
・生理が長い
・オシッコ量が多い
・下痢をする
・よく吐く

……など

小さな異変を見逃さないで

よだれが多い?食欲がない?小さな異変にも要注意(イラスト/ササキサキコ)
よだれが多い?食欲がない?小さな異変にも要注意(イラスト/ササキサキコ)

いかがでしたか? 毎日愛犬に接していても、細かな異変を見落としてしまっていたり、勘違いしてしまうこともあります。飼い主さんが「異変」と思うか、「気のせい」と思うかで愛犬の運命は大きく変わりますので、少しでも不安なことがあれば、かかりつけ医に遠慮なく相談してくださいね。

参考/『いぬのきもち』2019年2月号「飼い主さんが気づきにくい犬の病気」(監修:東京動物医療センター副院長 南 直秀先生)
症例写真提供/東京動物医療センター
イラスト/ササキサキコ
文/影山エマ
※この記事では、少しでも多くの犬に当てはまるよう、監修の先生の経験や見解をもとに、とくに気をつけたい病気や症例をまとめています。犬によっては当てはまらないケースもありますので、迷ったときは必ず動物病院で受診しましょう。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る