1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. アレルギー
  5. 花粉?食べ物?犬のアレルギー検査でわかること

犬と暮らす

UP DATE

花粉?食べ物?犬のアレルギー検査でわかること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬もアレルギー検査で花粉症がわかるの?犬のアレルギー検査について、いぬのきもち獣医師相談室の先生に聞きました。

犬はアレルギーでどんな症状を起こすの?

花粉?食べ物?犬のアレルギー検査でわかることは? いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師)主に目、鼻、耳、皮膚、内臓のかゆみを起こします。

花粉症など、環境中のアレルギー物質が原因の場合は、耳や皮膚に出るかゆみ、涙、くしゃみがみられることもあります。

食物アレルギーの場合は、食べ物の通り道である口から肛門までかゆみを起こすこともあり、急性だと食べた直後にアレルギー反応がみられますが、時間差で出てくるアレルギー反応もあります。

犬のアレルギー検査で何がわかるの?

花粉?食べ物?犬のアレルギー検査でわかることは? いぬのきもち
検査を行うことでアレルギーとなる食べ物や草などがわかれば、なるべく避けるように気をつけることができます。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師)アレルギー検査の1つであるIgE検査では、アレルギーを起こす物質に対するIgE抗体の量を測定し、基準より多ければアレルギーであることがわかります。

犬の食物アレルギーは、IgEの反応だけでなくリンパ球の反応でアレルギーを起こすことがあるため、リンパ球反応検査で原因となるものや食べられるものを探すことができます。

食物アレルギーが疑われたらこちらの検査が必要になることもあるでしょう。

アレルギー検査は、アレルギーが疑われるときや原因を特定しないと治療が難しく、心地よい生活が送れないときに必要です。

アレルギー検査は1年中どの時期に受けてもOK?

花粉?食べ物?犬のアレルギー検査でわかることは? いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師)季節によって症状の出方が違う場合は、症状がある時期でないとアレルギーの判定ができないこともあります。

花粉の場合、問題となっている花粉がなくなればIgE値は下がっていくので、飛散シーズンでないとわからないこともあります。

食物アレルギーの検査時期は?

獣医師)食物アレルギーは、ずっと食べているものに対して反応するため、季節を問わずに反応が続きます。このため、気になる症状があれば検査する意義はあると思います。

急性のアレルギー反応は、そのときに新しく食べたものが原因でしょうから、検査をしなくとも特定できると思います。

犬にとってかゆみは不快ですし、しっかりと寝られないこともあります。アレルギーかも?と思ったら動物病院を受診しましょう。

愛犬のアレルギー症状と原因に早く気がついてあげることが大切ですね。犬のアレルギー検査についてご紹介しました。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

【獣医療最前線】犬のアレルギーが発症前にわかる!愛犬は大丈夫?

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る