1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 「犬が靴下のニオイが好き」なのには理由があった!? 犬の嗅覚のスゴイ機能

犬と暮らす

UP DATE

「犬が靴下のニオイが好き」なのには理由があった!? 犬の嗅覚のスゴイ機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の体には、人にはない“スゴイ機能”がたくさんあります。そこで今回は、犬の「嗅覚」にまつわる驚くべき機能についてまとめてみました。犬が人の靴下のニオイを好んだり、ほかの犬のお尻のニオイをかいだりするのには、ワケがあるようです!

犬の嗅覚は「人の約1億倍」も優れている

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は動物性たんぱく質のニオイをかぎ分ける能力に長けていて、人の1億倍も嗅覚が優れているとされています。

なかでもチーズやバターに含まれ、足のニオイのもとでもある「酪酸」には敏感なのだとか。警察犬が犯人のつけた足跡を追跡できるのはこのためです。

飼い主さんの靴下が好きな犬が多いのも、このような犬の嗅覚が関係しているからかもしれませんね。

犬は強いニオイを感じると「安全装置」が働く

ペキニーズ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は強いニオイをかぎ続けると、神経の安全装置のようなものが働き、そのニオイを感じる機能が一時的に停止します。このような働きがなければ、嗅覚の優れた犬はいつまでもそのニオイを感じ続けることになり、きっと参ってしまうでしょう。

ちなみに、追跡中の警察犬に手がかりとなるニオイをときどきかがせるのは、さまざまなニオイをかいでいるうちに一時的に嗅覚の機能が停止したり、元のニオイを忘れてしまったりするのを防ぐためだといわれています。

犬は左右にある鼻の切れ目で「ニオイがする方向」もわかる

柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の鼻には左右に切れ目があり、犬はこの切れ目でニオイがする方向を特定していると考えられています。

野生時代の犬は、ニオイを手がかりに獲物のいる方向を判断しなければならなかったので、このような鼻の形になったのかもしれません。

ちなみに、猫や熊の鼻にも同じような切れ目があるそうです。

オス犬は10kmも離れたメス犬の「フェロモン」を感じ取れる

チワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬はほかの犬が発した「フェロモン」という物質をかぐことができます。

とくにオスは、メスのフェロモンをかぎ分けることに長けていて、10km離れた場所にいるメスのフェロモンでも、感じ取れるのではないかと考えられています。

犬はお尻のニオイから「個人情報」を得ている

ミックス犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は肛門の近くに肛門嚢から続く腺があり、そこから性別や年齢、力の強さ、交尾できるかなど、その犬の情報を含んだ分泌物が出ていると考えられています。犬がお尻付近のニオイをかいで相手を知ろうとするのはこのためです。

ちなみに、犬種は人が作り出したものなので、犬種に関する情報は分泌物に含まれていない可能性が考えられるでしょう。

犬の体にはまだまだスゴイ機能がたくさんあります。日頃から愛犬のしぐさや行動をよく観察して、チェックしてみてはいかがでしょうか。

参考/「いぬのきもち」2021年2月号『あの動物学者の今泉先生がぜひみんなに知ってもらいたい!ざんねんじゃない 犬のスゴイ!!生態』(監修:哺乳類学者 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る