1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 病気の兆候
  5. 健康管理のために知っておこう! 犬の「危険な嘔吐」の特徴とは?

犬と暮らす

UP DATE

健康管理のために知っておこう! 犬の「危険な嘔吐」の特徴とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が嘔吐すると「病気が原因かも?」と心配になりますよね。では、どんな嘔吐物が出たら、急いで動物病院を受診するべきなのでしょうか。

今回は、判断に迷う飼い主さんのために、「緊急性が高い嘔吐」「治療を相談すべき嘔吐」の見分け方についてご紹介します。

緊急性が高い犬の嘔吐の特徴

朝のお散歩(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、メス)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

次のような嘔吐物が出たときは、治療が必要かもしれません。すぐに動物病院へ連れて行き、獣医師の診察を受けましょう。

血が混ざっている

ストレスによる胃腸炎で消化管から出血すると、嘔吐物に血が混ざることがあります。そのほか、消化管に腫瘍や肺水腫(はいすいしゅ)などがある場合も、血の混ざった嘔吐物が見られることが。

異物が混ざっている

誤飲誤食した異物を吐くときは、腸閉塞(ちょうへいそく)や潰瘍(かいよう)を起こしている危険性があります。異物を吐いても体内にまだ残っていることが多いので、必ず動物病院を受診してください。

獣医師への相談が必要な犬の嘔吐の特徴

ベロを出す犬(ゴールデン・レトリーバー、メス)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の嘔吐には、緊急性はそれほど高くないけれど、治療の必要性なども含めて相談が必要なケースもあります。次のような嘔吐物が出たら、獣医師に相談するようにしましょう。

黄色っぽい液体を吐く

この黄色っぽい液体は、胆汁(たんじゅう)です。おなかが空いているときやストレスを感じているときに胆汁を吐くことがありますが、腎臓病や肝炎の初期症状でも、この症状は見られます。

未消化のフードを吐く

犬が未消化のフードを吐く原因としては、ストレスや早食い、食べ過ぎのほかに、胃腸炎などの病気による胃腸の機能低下が考えられます。

犬の「ヨダレ」にも不調のサインが隠れていることが

バルコニーで日向ぼっこする犬(柴、オス)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

体内の不調を知らせるサインとしては、ヨダレも例外ではありません。ヨダレにも、「緊急性が高いもの」と「治療を相談すべきもの」があるので、どんなヨダレが危険なのか知っておきましょう。

緊急性が高いヨダレの特徴

血が混ざっているヨダレ

歯周病が重症化すると、歯肉から出血して血の混ざったヨダレが出たり、ヨダレの量が多くなったりすることがあります。また、口内炎が悪化した場合にも、血の混ざったヨダレが出ることがあるでしょう。

治療を相談すべきケース

大量に出るヨダレ

前述したように、歯周病や口内炎で痛みが生じていると、ヨダレの量が多くなります。また、誤食や食道炎などによる胸やけを起こしている場合も、ヨダレの量が増えることが。

粘り気があるヨダレ

歯周病や口内炎で口内の細菌が繁殖すると、粘り気のあるヨダレが出やすくなります。すでに歯周病を発症しているケースも少なくないので、早めに動物病院を受診しましょう。

愛犬の体から出るものは、そのときの健康状態を知る重要なサインになることがあります。気になる症状が見られたときは、獣医師の先生に相談してみましょう。

参考/「いぬのきもち」2018年8月号『目ヤニ、耳アカ、オシッコ、できもの……etc.ひと目でキケンがわかる!愛犬のカラダから出たもので気づく病気大事典』(監修:斉藤動物病院院長 獣医学修士 日本臨床獣医学フォーラム監事 齊藤邦史先生)
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る