1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 散歩
  5. 変わらず元気でいてほしい!シニア犬の筋力をできるだけ維持する方法は?

犬と暮らす

UP DATE

変わらず元気でいてほしい!シニア犬の筋力をできるだけ維持する方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬はシニア期になっても変わらずに元気でいて欲しいと願う飼い主さんは多いでしょう。いぬのきもち獣医師相談室の先生に、シニア犬の筋力を維持する方法について聞きました。

シニア犬の筋力を維持する3つの方法

シニア犬の筋力をできるだけ維持する方法は? いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――シニア犬の筋力を維持するためにできることはありますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):

「まず一つ目に愛犬の体重管理は大切です。若い頃から徐々に太ってきてシニア期を迎えるというケースは多いです。

ダイエットのために急に運動をさせる方もいますが、体重が重いと犬は歩けませんし、歩きたがりません。また、無理に歩かせるとケガをしやすくなります。

二つ目は犬の足腰に負担がかからない程度の運動です。散歩中は段差を越えたり傾斜を上りながら歩く必要があるので、犬の感覚を鍛えることができます。

三つ目はマッサージです。年齢を重ねた犬は、体の使い方に癖が出てくるなど体に負担がかかりやすくなります。体をほぐしたりコリをとってバランスを整えると、歩きやすくなるだけでなく歩こうとする気持ちも上向くでしょう。」

筋力維持のためにリハビリ治療が行われることも

シニア犬の筋力をできるだけ維持する方法は? いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――犬にリハビリが必要な場合もあるのでしょうか?

獣医師:
「足腰の病気を患った犬や健康維持を目的とした犬に対して、筋力維持や回復のために、獣医師や理学療法士によるトレーニングやリハビリ治療が行われることもあります。

バランスボールや水中トレッドミルを使用した筋トレや鍼、レーザー、マッサージなど、犬の症状や性格に応じたプログラムで進められます。」

――「水中トレッドミル」はどんなものですか?

獣医師:
「水中トレッドミルは、水の中にランニングマシンが入ったような機械です。水の浮力や抵抗力を利用するので、足にかかる負荷を調整しながらトレーニングを行うことができます。」

犬の体を無理なく動かすアイデアを

シニア犬の筋力をできるだけ維持する方法は? いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――寝てばかりのシニア犬にできることは?

獣医師:
「まず犬を太らせないことです。寝てばかりの犬は、痩せていても筋力や運動能力が低下します。散歩だけでなく愛犬と一緒に遊んで体を動かしましょう。

食べることが好きな犬は、室内の色々な場所に少量の食べ物を置くことで、動く時間を増やすことができますよ。

日々の少しずつの積み重ねが大きな力になるので、できることを考えて試してみましょう。」

いかがでしたでしょうか?愛犬が元気にシニア期を迎えるための参考にしてくださいね。

監修:いぬのきもち獣医師相談室 担当獣医師
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る