1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 大型犬
  4. ブービエ・デ・フランダースの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

大型犬

UP DATE

ブービエ・デ・フランダースの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





犬種名ブービエ・デ・フランダース
英語名Bouvier des Flandres
原産国ベルギー
フランス
サイズ大型犬
グループ牧羊犬・牧畜犬


ブービエ・デ・フランダース
ブービエ・デ・フランダース
ブービエ・デ・フランダース
ブービエ・デ・フランダース

ブービエ・デ・フランダースの魅力

ブービエ・デ・フランダースはベルギーとフランスの国境にあるフランドル地方原産の犬です。犬種名の「ブービエ」には、「牛追い」の意味があり、その名の通り牧牛犬として活躍してきました。また、小説『フランダースの犬』に登場するパトラッシュのモデルとして一躍有名になりました。筋肉質でがっちりとした体をしていますが、全身がもじゃもじゃとした毛で覆われ、長く顎ひげをのばすユーモラスな外見です。飼い主さんとその家族には忠実で優しく、温和な性格が魅力です。

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

ブービエ・デ・フランダースは、飼い主さんとその家族への忠誠心にあふれた犬です。温和で優しく、ふだんはとても穏やかで落ち着いています。賢さや辛抱強さといった犬種の特性もしっかり受け継がれ、現在でも大農園の番犬や警察犬として活躍しています。成長するにつれてマイペースさが出てくる場合もあるため、トレーニングは子犬の頃からしっかりと行いましょう。

大きさ

ブービエ・デ・フランダース

体高はオスで62〜68cm、メスで59〜65cm程度の大型犬です。もじゃもじゃの毛の中に隠れていますが、筋肉質で頑丈な体つきをしています。以前は断耳や断尾の慣習がありましたが、最近では行われない地域もでてきています。



体高体重
オス62〜68cm 35〜40kg
メス59〜65cm27~35㎏

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

ブービエ・デ・フランダース
ブービエ・デ・フランダース

ブービエ・デ・フランダースの被毛はダブルコートで、外側はやや荒い毛で覆われています。毛色はブラック、グレー、フォーン、グレー・ブリンドル、グレーで毛先が黒いブラック・オーバーレイも認められています。

迎え入れ方、価格相場

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。ブービエ・デ・フランダースは、国内では入手が難しく、輸入するのがおもな入手方法です。

心配な病気

・体重が増える成長期に起こりやすい「股関節形成不全」
・胃がねじれて起こる「胃捻転」
・瞼が内側や外側にめくれる「眼瞼内反症・外反症」

ブービエ・デ・フランダースの飼い方

ブービエ・デ・フランダース

ポイント(1)広場で走らせて体力消耗

ブービエ・デ・フランダースは、活発でかなり体力があるため、毎日朝晩の散歩は必ず行いましょう。スタミナのある犬種ですが、ドッグスポーツのような運動より、単純な散歩のほうが好きなので、広めの公園やドッグランなどでロングリードをつけて自由にしてあげるといいでしょう。

ポイント(2)週に1~2回のブラッシングを

ブービエ・デ・フランダースの被毛はダブルコートで、毛の量が多く毛玉ができやすいため、週に1~2回はていねいにブラッシングをしましょう。特に口周り、足回りの汚れはこまめに取り除いてあげましょう。また、どんどん毛が伸びていくので定期的なトリミングも必要です。

ポイント(3)引っ張りグセはつけないように

大きな家畜を相手にしたり、重い荷車を引っ張るなど力仕事に長けた犬種です。その力を持って飼い主さんを引っ張ってしまうと危険です。子犬のころから引っ張りグセがつかないようにトレーニングを行いましょう。胴輪は引っ張りグセや毛玉を考慮した場合オススメできません。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

ブービエ・デ・フランダースに似た犬の種類

アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

まとめ

ブービエ・デ・フランダースは、16世紀ごろにスペイン人が持ち込んだ犬種と、フランドル地方の土着犬から生まれたと考えられています。牧牛犬や運搬犬、軍用犬、番犬、警察犬などさまざまな場面で活躍してきたブービエ・デ・フランダースは、現在でも作業犬としての能力を大切にされており、忠誠心や賢さ、我慢強さといった本来の特性が受け継がれています。ちなみに、ブービエ・デ・フランダースは小説『フランダースの犬』に登場するパトリッシュのモデルになりましたが、日本で放映されたテレビアニメでは別の犬種を参考にして描かれました。



監修
ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)



CATEGORY   大型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「大型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る