1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 中型犬
  4. アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

中型犬

UP DATE

アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加







犬種名アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア
英語名Irish Soft-Coated Wheaten Terrier
原産国アイルランド
サイズ中型犬
グループテリア



アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア
アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア
アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア
アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア

アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの魅力

アイルランド原産のテリア種の中では最古の歴史をもつといわれる、アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア。モシャモシャとした軟らかい被毛がかもし出すソフトな雰囲気がアメリカでは大人気の犬種です

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

硬い被毛が体を覆っているイメージの強いテリアの中で、柔らかい毛質を持つため、穏やかなイメージを抱きやすいですが、テリアキャラクターと呼ばれるテリアの気質はしっかり備えています。飼い主さんに従順で、トレーニングも得意。もともと農家で作業犬として活躍してきた犬種なので、スタミナがあり、毎日長めの散歩が必要です。

大きさ

体高46~48㎝ほどの中型犬です。横から見るとスクエア型で、頑丈な体つきをしています。


体高 体重
46~48㎝18~20.5㎏

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア
アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア

アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの被毛の色は、鮮明なウィートン(小麦色)。明るいウィートンから赤味を帯びたゴールドの色調まで認められます。柔らかい被毛には、緩いカールが見られます。

迎え入れ方、価格相場

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリアは、国内では入手が難しく、輸入するのがおもな入手方法です。

心配な病気

・筋肉の変性や壊死が起こる遺伝性疾患「筋ジストロフィー」
・先天的な原因による「網膜形成不全」「若年性白内障」
・垂れ耳の犬がかかりやすい「外耳炎」

アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリアの飼い方

アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア
アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア

ポイント(1)毎日、戸外で充分な運動量を確保して

活動的な犬種なので、運動量に充分ついていける体力のある人に向いています。毎日、朝晩30分程度の散歩を欠かさないようにしましょう。散歩のほかに、ドッグランで思い切り走らせたり、ゲームを取り入れた運動をしたりするのもいいでしょう。また、常に遊べるおもちゃを犬に与えておくなど工夫しましょう。

ポイント(2)毎日、被毛のお手入れを

柔らかくカールした被毛のお手入れには手間がかかります。散歩に行き、枯れ葉などのゴミが着くようなら毎日ブラッシング・コーミングをして除去しましょう。とくに内股から膝にかけては丁寧にブラッシングを。定期的なトリミングも必要です。

ポイント(3)こまめに耳のお手入れを

垂れ耳の犬種は、耳の通気性が悪いため耳のトラブルが起きやすいです。耳の入り口付近を優しく拭いて清潔を保つと共に、汚れなどをチェックしましょう。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

まとめ

アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリアは、アイルランド原産のテリア種の中では最古の歴史をもつといわれており、ケリー・ブルー・テリアの祖先という説もあります。さまざまな仕事をこなす万能な作業犬として農家で活躍していました。現在も、ドッグショー、アジリティー、家庭犬など様々な分野で活躍しています。



監修
ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)



CATEGORY   中型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「中型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る