1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 小型犬
  4. アーフェンピンシャーの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

小型犬

UP DATE

アーフェンピンシャーの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加





犬種名アーフェンピンシャー
英語名Affenpinscher
原産国ドイツ
サイズ小型犬
グループ使役犬


アーフェンピンシャー
アーフェンピンシャー
アーフェンピンシャー

アーフェンピンシャーの魅力

「アーフェン」とは、ドイツ語で「猿」という意味。アーフェンピンシャーは、その名の通り猿によく似た顔立ちをしており、「モンキードッグ」の別名も。好奇心旺盛でいつも動き回っており、遊んだり、いたずらをしたりするのが大好きな犬種です。

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

好奇心旺盛でいつも動き回っており、遊んだり、いたずらをしたりするのが大好きなやんちゃな犬種です。テリア気質で頑固な一面もありますが、利口でほかの犬とも仲よくできます。とても活発ですが、運動量はそれほど多くは必要ではなく、室内の自由運動と短めの散歩で充分です。

大きさ

アーフェンピンシャー

体高25~30㎝、体重4~6kgで、小型犬に分類されます。体型は正方形に近いバランスで、全体に引き締まっています。


体高 体重
25~30㎝約4~6kg

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

アーフェンピンシャー

アーフェンピンシャーの被毛の色は、ダブルコートの上毛も下毛もブラックで、上毛はピュアブラックが望ましいとされています。密生した被毛は光沢のない針金状にもなります。

迎え入れ方、価格相場

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。

価格35万円~

※『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)より監修者調べ

心配な病気

・膝の膝蓋骨がずれてしまう「膝蓋骨脱臼」
・太腿骨が壊死してしまう「レッグカルベペルテス病」
・頭蓋骨の泉門が正常に閉じず、開いたままになる「泉門開存」

アーフェンピンシャーの飼い方

アーフェンピンシャー

ポイント(1)膝に負担をかけないよう注意して

膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬種です。滑りやすい材質の床にはカーペットを敷くなど、膝に負担をかけないよう環境を整えて。また、活発に動き回る犬種ですが、ジャンプはなるべくさせないように気をつけましょう。歩き方がおかしいなどの異常に気が付いたら、すぐに動物病院で診察を受けて。

ポイント(2)室内でよいのでいっしょにたくさん遊んで

小型犬なので運動量はそれほど必要ではありませんが、活発に遊ぶことが大好きな犬種なので、ストレスをためないように充分に遊んであげましょう。散歩のほかに、室内でのおもちゃ遊びやゲームもよいでしょう。

ポイント(3)月に一度はプロによるトリミングを

アーフェンピンシャーの被毛は、トリミング・ナイフで被毛を抜くプラッキングというプロのトリマーによるトリミングが必要です。月に一度はトリミングを受けましょう。

ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。

犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

アーフェンピンシャーに関する記事

《街いぬGO!》vol4.「プチ・パリと学生街 神楽坂・早稲田へGO!」

まとめ

アーフェンピンシャーの起源は定かではありませんが、古くからドイツ南部で家庭犬としてネズミ捕りをしていたとされています。現在ではドイツでは数を減らし、北アメリカに多く残っています。猿によく似た顔立ちで、遊び好きなアーフェンピンシャーは、家の中をなごませてくれるよいコンパニオンになります。



監修
ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)



CATEGORY   小型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「小型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る