1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 小型犬
  4. 飼い方
  5. フレンチ・ブルドッグの特徴と性格・飼い方・価格相場など|犬図鑑

小型犬

UP DATE

フレンチ・ブルドッグの特徴と性格・飼い方・価格相場など|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグ

英語名
French Bulldog
原産国
フランス
サイズ
小型犬
グループ
愛玩犬
  • フレンチ・ブルドッグ
  • フレンチ・ブルドッグ

この記事の監修

フレンチ・ブルドッグの特徴

愛嬌のある顔で動き回ったり甘えたり。そのしぐさのひとつひとつが魅力的な犬種です。コウモリのようにピンと立った耳はこの犬種独特のもので、いろいろな方向に傾けるしぐさもチャーミング。性格は社交的明るく好奇心も旺盛です。

フレンチ・ブルドッグの飼いやすさ 各項目の数値が大きいほど飼いやすい傾向

フレンチ・ブルドッグのグラフ
※参考『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

フレンチ・ブルドッグの性格

明るく社交的で、好奇心旺盛遊び好き。また、飼い主さんに忠実で、いっしょに遊んだり甘えたりすることが大好きです。その半面、ひとりぼっちは大嫌いで留守番は苦手です。
もの覚えがよく容易にしつけられますが、体罰や強く叱るのは禁物。興奮しやすい犬種なので、指示で落ち着かせられるようにしつけておくことが大切です。


フレンチ・ブルドッグの大きさ

体高30cm、体重8~14kg程度で、小型犬に分類されます。筋肉や骨格が発達した重心の低い体型で、とくに首から胸にかけては幅広く、がっちりとした印象を与えます。口吻は短く、四角い頭や顔にはしわがたくさんあります。短く太いしっぽは、根元から先に向かい急激に先細になっています。

体高:30cm前後/体重:8~14kg

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

フレンチ・ブルドッグの毛色の種類

フレンチ・ブルドッグの被毛の色は、レッドからライトブラウンまでのフォーン、ブリンドル、ホワイト&フォーン、ホワイト&ブリンドルなどがありますが、とくに厳しい制限はありません。被毛は短く、光沢があり柔らかい毛質です。

フレンチ・ブルドッグ
フォーン
フレンチ・ブルドッグ
ブリンドル
フレンチ・ブルドッグ
パイド

フレンチ・ブルドッグの心配な病気

・気管の空気の流れを阻害する「軟口蓋過長症」
・目が飛び出ているため、角膜などに炎症を起こしやすい「眼疾患」
・犬の皮膚に寄生する真菌(マラセチア)が増殖し、皮膚がべたつき、赤く腫れる「マラセチア皮膚炎」
・膝の皿の骨が正常な位置から外れる「膝蓋骨脱臼」
・涙が涙管からうまく排出されないために涙があふれ出て、目の周りや鼻の脇に「涙やけ」と呼ばれる色素沈着が起きる「涙流症」
・耳の炎症「外耳炎」

フレンチ・ブルドッグの迎え入れ方と価格

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。

価格50万円~

※ペットショップのウェブサイトを編集部で調査(2021年3月)

フレンチ・ブルドッグの飼い方

ポイント(1)毎日、しっかりと健康状態の観察を

気をつけたい病気が多い犬種です。毎日、しっかりと健康状態を観察し、必要に応じてケア&サポートを行いましょう。とくに呼吸、皮膚、目、関節の異変がないか注意深く観察し、異変に気づいたら早めに動物病院で相談を。

ポイント(2)興奮を落ち着かせるトレーニングを

フレンチ・ブルドッグは、とくに若いうちは興奮しやすい傾向があります。子犬の頃から人の指示で落ち着いて待つトレーニングや、おとなしくオスワリやフセの体勢を維持するトレーニングをしておきましょう。また、飼い主さん以外の人やほかの犬と触れ合わせ、社会性を身につけさせておくことも大切です。

また、短頭種は呼吸器のトラブルを起こしやすいため、散歩中にリードをグイグイ引っ張る行動はリスクを伴います。子犬のうちから、引っ張らせない散歩の方法をトレーニングしておきましょう。

ポイント(3)たくさん遊んで、充分なコミュニケーションを

運動量はそれほど多く必要ではないため、朝夕20分程度を目安に散歩を行うようにしましょう。ただし、とても遊び好きなので、室内でたくさん遊んで、充分にコミュニケーションをとることが大切です。また、甘えん坊な性格で留守番は苦手なので、子犬の頃からひとりで過ごすことに慣れさせる練習をしましょう。

ポイント(4)熱中症対策を充分に行って

フレンチ・ブルドッグのような短頭種は、夏場の体温調節が苦手です。さらに、興奮しやすい傾向もあり体温が上がりやすいため、熱中症対策を充分に行う必要があります。犬がハアハアしない程度の温度設定でエアコンを活用して、快適に過ごせるよう環境を整えましょう。また、散歩は暑い時間を避け、早朝や日没後に行くようにしましょう。

ポイント(5)皮膚に汚れがたまらないよう注意


フレンチ・ブルドッグは、鼻の上のしわに涙や皮脂などがたまりやすく、放置すると皮膚炎を起こすことがあります。しわの間をこまめにチェックして、汚れていたら湿らせたコットンやペット用のお手入れシートでやさしく拭き取りましょう。

また、全身のお手入れには手間はかかりませんが、皮膚炎にかかりやすいため、週に2回程度は軽くブラッシングしたり、固く絞ったタオルで拭いたりして、余分な老廃物や汚れを除去し皮膚環境を整えましょう。

ポイント(6)フード量は、毎回きちんとはかって

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。食欲旺盛で肥満になりやすい犬種なので、フードのパッケージに記載された給与量を確認し、毎回きちんとはかって適正量を与えることを徹底しましょう。

フード選びに際しては、皮膚や関節の病気にかかりやすい犬種であることから、皮膚を健やかに保つ成分や、関節をサポートする成分を強化したフードを選ぶのも一案です。迷う場合は、動物病院で相談を。

また、短頭種は食器の縁に目が当たって食べにくいことがあり、食器選びにも注意が必要です。短頭種向けの食器も市販されていますので、試してみるのもよいでしょう。

フレンチ・ブルドッグとあわせて読みたい犬の種類

フレンチ・ブルドッグに関する記事

フレンチ・ブルドッグに関するQ&A

フレンチ・ブルドッグのかわいい画像や動画の記事

いぬのきもち投稿写真ギャラリー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
フレブル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
フレブル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
フレブル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

フレンチ・ブルドッグの歴史や背景

フレンチ・ブルドッグは、小型のブルドッグにテリアやパグなどを交配し、19世紀半ば頃のパリで誕生したといわれていますが、はっきりとした起源は定かではありません。はじめはねずみ捕り用の犬として活躍していましたが、ユニークな外見が上流階級の女性や芸術家たちの注目を集め、一躍愛玩犬として人気犬種になりました。
日本では、大正から昭和初期にブームになり、その後、魅力的な外見がさらに洗練されたことにより、近年再び大人気犬種となっています。

監修:ヤマザキ動物看護大学講師 福山貴昭先生 (危機管理学修士)
参考:『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

飼い主さん調査 フレンチ・ブルドッグは飼いやすい?

「いぬのきもちアプリ」ユーザーの、フレンチ・ブルドッグの飼い主さんに、実際に飼ってみてどう感じたかをアンケート調査しました。
※この調査は飼い主さんの主観によるものです。また犬の性質は同じ犬種でも個体によって異なります。

■思っていたより飼いやすい

  • 「仕事で昼間はお留守番になってしまい心配でしたが、寝る時間が長いためお留守番も上手にしてくれて安心しました」
  • 「私たちの生活リズムに合わせてくれる(寝る時間や起きる時間など)、変なクセがなく、とても穏やかな子なので、大きく困ったことがない。女の子だからというのもありますが、マーキングをしないので、家の中でのオシッコの処理もとても楽です」
  • 「イタズラをあまりしない」
  • 「最後まで世話をしなければいけないとプレッシャーがあったが、実際一緒にいたら愛する家族だから世話が当たり前で苦ではなかった」
  • 「フレブルは暑さ寒さに弱いけど、土地柄と合っていたのか飼いやすかった。皮膚は弱いけど、お風呂も嫌がらないので清潔に保たれていると思う」
  • 「なんでもすぐに覚える」
  • 「よその犬が鳴いても鳴かない。物怖じしない」

■思っていたより飼うのが大変

  • 「皮膚がデリケートで病院通いが多かった」
  • 「保護団体から成犬を譲り受けたが、しつけがまったく入っておらず、トイレをどこでもしてしまいます。それだけなら想定内でしたが、避けずに踏み荒らしてしまうのが悩みです。でもかわいいからよし。気長に付き合います」
  • 「毛がすごく抜けて大変」
  • 「体調管理が難しい」
  • 「心臓病に加えてアレルギーや目、耳、皮膚などの病気をおこしやすいので身体のケアに気を使うこと」
  • 「吐いたり体調崩したりが多く、病院に行くことが思ってたより頻繁にある」
  • 「自分がしんどいときでもお散歩に行かないといけない。お散歩はテクテク歩くイメージがあったけど、歩かない、興味があるほうにグイグイ行く、バイクや車を追いかけるなど、想像とは違いびっくりした」

「思っていたより飼いやすい」と回答した飼い主さんからは、「穏やかな性格でおとなしい」「イタズラをしない」といった声が聞かれました。その一方で、「思っていたより飼うのが大変」と回答した飼い主さんからは、「体調管理が大変」という意見が。とくに皮膚トラブルで通院しているかたが多い印象を受けました。

CATEGORY   小型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「小型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る