1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 小型犬
  4. フレンチ・ブルドッグの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑

小型犬

UP DATE

フレンチ・ブルドッグの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグ

英語名
French Bulldog
原産国
フランス
サイズ
小型犬
グループ
愛玩犬
  • フレンチ・ブルドッグ
  • フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグの魅力

愛嬌のある顔で動き回ったり甘えたり。そのしぐさのひとつひとつが魅力的な犬種です。コウモリのようにピンと立った耳はこの犬種独特のもので、いろいろな方向に傾けるしぐさもチャーミング。性格は社交的明るく好奇心も旺盛です。

フレンチ・ブルドッグのグラフ

※参考/『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

性格

明るく社交的で、好奇心旺盛遊び好き。また、飼い主さんに忠実で、いっしょに遊んだり甘えたりすることが大好きです。その半面、ひとりぼっちは大嫌いで留守番は苦手です。
もの覚えがよく容易にしつけられますが、体罰や強く叱るのは禁物。興奮しやすい犬種なので、指示で落ち着かせられるようにしつけておくことが大切です。


大きさ

体高30cm、体重8~14kg程度で、小型犬に分類されます。筋肉や骨格が発達した重心の低い体型で、とくに首から胸にかけては幅広く、がっちりとした印象を与えます。口吻は短く、四角い頭や顔にはしわがたくさんあります。短く太いしっぽは、根元から先に向かい急激に先細になっています。

体高体重
30cm前後 8~14kg
※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

毛色の種類

フレンチ・ブルドッグの被毛の色は、レッドからライトブラウンまでのフォーン、ブリンドル、ホワイト&フォーン、ホワイト&ブリンドルなどがありますが、とくに厳しい制限はありません。被毛は短く、光沢があり柔らかい毛質です。

フレンチ・ブルドッグ
フォーン
フレンチ・ブルドッグ
ブリンドル
フレンチ・ブルドッグ
パイド

迎え入れ方

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。

価格40万円~

※監修者調べ(2019年10月)。

心配な病気

・気管の空気の流れを阻害する「軟口蓋過長症」
・目が飛び出ているため、角膜などに炎症を起こしやすい「眼疾患」
・犬の皮膚に寄生する真菌(マラセチア)が増殖し、皮膚がべたつき、赤く腫れる「マラセチア皮膚炎」
・膝の皿の骨が正常な位置から外れる「膝蓋骨脱臼」
・涙が涙管からうまく排出されないために涙があふれ出て、目の周りや鼻の脇に「涙やけ」と呼ばれる色素沈着が起きる「涙流症」
・耳の炎症「外耳炎」

あわせて読みたい

犬がかかりやすい目の病気。通院回数や治療費はいくらかかる?|いぬのきもちWEB MAGAZINE

梅雨時に特に注意したい犬の皮膚トラブル 一度発症すると生涯治療が必要なことも|いぬのきもちWEB MAGAZINE

【獣医師が解説】犬の涙やけを止めるには?犬種やフードについても|いぬのきもちWEB MAGAZINE

フレンチ・ブルドッグの飼い方

ポイント(1)毎日、しっかりと健康状態の観察を

気をつけたい病気が多い犬種です。毎日、しっかりと健康状態を観察し、必要に応じてケア&サポートを行いましょう。とくに呼吸、皮膚、目、関節の異変がないか注意深く観察し、異変に気づいたら早めに動物病院で相談を。

ポイント(2)興奮を落ち着かせるトレーニングを

フレンチ・ブルドッグは、とくに若いうちは興奮しやすい傾向があります。子犬の頃から人の指示で落ち着いて待つトレーニングや、おとなしくオスワリやフセの体勢を維持するトレーニングをしておきましょう。また、飼い主さん以外の人やほかの犬と触れ合わせ、社会性を身につけさせておくことも大切です。

また、短頭種は呼吸器のトラブルを起こしやすいため、散歩中にリードをグイグイ引っ張る行動はリスクを伴います。子犬のうちから、引っ張らせない散歩の方法をトレーニングしておきましょう。

ポイント(3)たくさん遊んで、充分なコミュニケーションを

運動量はそれほど多くは必要ではなく、短めの散歩で充分です。ただし、とても遊び好きなので、室内でたくさん遊んで、充分にコミュニケーションをとりましょう。また、甘えん坊な性格で留守番は苦手なので、子犬の頃からひとりで過ごすことに慣れさせる練習をしましょう。

ポイント(4)熱中症対策を充分に行って

フレンチ・ブルドッグのような短頭種は、夏場の体温調節が苦手です。さらに、興奮しやすい傾向もあり体温が上がりやすいため、熱中症対策を充分に行う必要があります。犬がハアハアしない程度の温度設定でエアコンを活用して、快適に過ごせるよう環境を整えましょう。また、散歩は暑い時間を避け、早朝や日没後に行くようにしましょう。

ポイント(5)皮膚に汚れがたまらないよう注意


フレンチ・ブルドッグは、鼻の上のしわに涙や皮脂などがたまりやすく、放置すると皮膚炎を起こすことがあります。しわの間をこまめにチェックして、汚れていたら湿らせたコットンやペット用のお手入れシートでやさしく拭き取りましょう。

また、全身のお手入れには手間はかかりませんが、皮膚炎にかかりやすいため、週に2回程度は軽くブラッシングしたり、固く絞ったタオルで拭いたりして、余分な老廃物や汚れを除去し皮膚環境を整えましょう。

ポイント(6)フード量は、毎回きちんとはかって

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。食欲旺盛で肥満になりやすい犬種なので、フードのパッケージに記載された給与量を確認し、毎回きちんとはかって適正量を与えることを徹底しましょう。

フード選びに際しては、皮膚や関節の病気にかかりやすい犬種であることから、皮膚を健やかに保つ成分や、関節をサポートする成分を強化したフードを選ぶのも一案です。迷う場合は、動物病院で相談を。

また、短頭種は食器の縁に目が当たって食べにくいことがあり、食器選びにも注意が必要です。短頭種向けの食器も市販されていますので、試してみるのもよいでしょう。

フレンチ・ブルドッグとあわせて読みたい犬の種類

ボストン・テリアの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

ボストン・テリア

ブルドッグの特徴と性格・価格相場|犬図鑑

ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグに関する記事

ぺちゃんこな鼻も愛おしい!フレンチ・ブルドッグの胸きゅんショット|いぬのきもちWEB MAGAZINE

それって自前!? キョトン顔に「困り眉」で見つめてくるワンコ(´・ω・`)|いぬのきもちWEB MAGAZINE

関連するQ&A

最近、目の上のところにできものがあることに気づきました。どうしたらよいのでしょうか。 | いぬのきもち

昨日から愛犬は鼻汁が多く、くしゃみをしています。風邪でもひいてしまったのでしょうか。 | いぬのきもち

いぬのきもち投稿写真ギャラリー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

最後に

フレンチ・ブルドッグは、小型のブルドッグにテリアやパグなどを交配し、19世紀半ば頃のパリで誕生したといわれていますが、はっきりとした起源は定かではありません。はじめはねずみ捕り用の犬として活躍していましたが、ユニークな外見が上流階級の女性や芸術家たちの注目を集め、一躍愛玩犬として人気犬種になりました。
日本では、大正から昭和初期にブームになり、その後、魅力的な外見がさらに洗練されたことにより、近年再び大人気犬種となっています。


監修
ヤマザキ動物看護大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)
認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト
サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了
犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。
参考
『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)
※掲載内容には個体差があります。

CATEGORY   小型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「小型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る