1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 次々と襲い掛かる病気と闘いながらも“赤ちゃん”のような顔を見せ始めた17才の愛犬 さらに愛おしく感じる日々

犬と暮らす

UP DATE

次々と襲い掛かる病気と闘いながらも“赤ちゃん”のような顔を見せ始めた17才の愛犬 さらに愛おしく感じる日々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この特集では、難病や障がいをもった愛犬とその飼い主さんの、闘病や暮らしの様子をリポートします。

今回ご紹介するのは、腰椎ヘルニア、てんかん、白内障から緑内障へと、次々と襲いかかる病気と闘う17才のミニチュア・ダックスフンド、パルくんのお話です。

1回目の記事|腰椎ヘルニア、てんかん、白内障……次々と襲う病気と闘うシニア犬

2回目の記事|白内障から移行した緑内障により、両目の光を失った愛犬

目や耳が不自由でも、風やニオイがよい刺激に

奥村さんは散歩以外の時間にも、パルくんを抱っこして自宅のベランダに出て、外の空気に触れさせてあげるようにしています
奥村さんは散歩以外の時間にも、パルくんを抱っこして自宅のベランダに出て、外の空気に触れさせてあげるようにしています

今年17才になるパルくんは両目の視力を失い、加齢により聴力も失っていますが、食欲は変わらず旺盛で毎日を元気いっぱいに過ごしています。

「両目を失明したあと、一時期安全のためにパルのお散歩を控えていたんです。すると、急に認知症のような症状が出てしまって、あわてて散歩を再開しました。移動のときはカートに乗
せて、たまに地面に降ろしてにおいをかがせたりしました。その後、認知症の症状がすぐに止まったんですね。目と耳が不自由でも、外の風を受けて、においを感じることが大きな刺激となることがわかりました。これは人も犬も同じなんですね」

散歩はいつも同居犬といっしょに

散歩はいつも3頭いっしょに。パルくんお気に入りの場所では、カートから降りて少し歩いて、においをかいだりします
散歩はいつも3頭いっしょに。パルくんお気に入りの場所では、カートから降りて少し歩いて、においをかいだりします

奥村家には、パルくんのほか、ビーグルのダグくん、プロット・ハウンドのシマくんが暮らしています。パルくんの居住スペースは低い柵で仕切ってありますが、ダグくんもシマくんも、その柵を乗り越えることはないそう。2頭ともパルくんの状態がわかっているようで、いつもやさしく接してくれるとか。

散歩はいつも3頭いっしょで、「パルの刺激になるように、散歩コースは毎日意識的に変えるようにしています。週末はパルの大好きな海辺に行くことが多いですね」と奥村さん。

休日には3頭を連れて歩いて、近くの海辺に散歩へ行きます。パルくんは海が大好き。潮風を感じてご満悦
休日には3頭を連れて歩いて、近くの海辺に散歩へ行きます。パルくんは海が大好き。潮風を感じてご満悦

介護が体験だと思ったことは一度もない

最後に「パルの介護が大変だと思ったことは一度もないです。シニアになると、若いころの強かった性格が弱まり、赤ちゃんみたいなかわいい面が出てきたりして、ますます愛おしくなってくるものです。パルの場合、幼齢期のほうがずっと大変だったかも(笑)。これからも、パルのペースで無理のないように、穏やかにいっしょに暮らしていければと思っています」と奥村さんは語ってくれました。

※各情報は2021年11月15日現在の情報です。

出典/「いぬのきもち」2021年11月号『困難と闘う!……その先のしあわせへ』
写真/犬丸美絵
文/袴 もな

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る