1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬とドライブデート!車酔いトレーニングや外出先での作法について

愛犬とドライブデート!車酔いトレーニングや外出先での作法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬とのドライブデートなんて、考えただけでもウキウキしますよね。信頼関係も深まるでしょうし、一生モノの思い出になるでしょう。しかし外出前のトレーニングは済んでいますか?早まる気持ちは分かりますが、まずは外出に向けた準備から始めましょう。

愛犬と外出時の心得について

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬とのお泊まりデートに出発する前に、犬の乗り物酔いについて知っておきましょう。愛犬が車に慣れていないのにいきなり車で外出してしまうと、慣れない環境に車酔いしてしまいます。車以外の交通手段も同様で、電車や新幹線でも乗り物酔いする可能性があります。しかし利用できる交通手段が増えることで、愛犬と出かけられる範囲も広くなりますよね。だからこそ愛犬が快適に外出を楽しんでもらうためにも、事前の準備やトレーニングが必要になってきます。

事前に車酔いトレーニングをしておこう

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

車自体に慣れさせるトレーニング

車酔いを防ぐために、まずは車自体に慣れさせるようにトレーニングしましょう。クレート内でハウスできる程度までしつけが済んだら、車内に動かないよう設置したクレートの中に愛犬を入れます。5分程度静かにしていてくれれば、第一段階はクリア。もし吐くようなしぐさが見られた場合は、吐く前にすぐ降車させてください。

車に乗っただけでどうしても酔ってしまうなら、車内で遊んであげるなどして苦手意識を少しずつ解消させましょう。それでも無理な場合は獣医に相談するのも一つの手です。車内で静かにしていられるようになったら、車は動かすにエンジンをかけてください。1分、2分と少しずつ様子を見ていき、5分程度酔わずにいられたらOK。もし途中で具合が悪くなったようなら、外の空気を吸わせてリフレッシュさせましょう。

ドライブに慣れさせるトレーニング

車自体に免疫がついたら、今度は実践編です。愛犬の様子を伺いつつも、近所を5分ほど車を走らせましょう。飼い主さん一人の場合は安全面も考慮し、助手席にクレートを置くようにしてください。問題なくドライブできたら安全な場所に停車し、水を飲ませたり排泄させたりしてください。公園が近くにある場合はそこを目的地にすると犬も喜ぶでしょう。

その後慣れてきたら徐々にドライブの時間を増やしていきます。もし1時間以上ドライブするようなら、1時間を目安に休憩させてください。なお愛犬の車酔いを防ぐには、飼い主さんのドライビングテクニックも要になってきます。急ブレーキや急ハンドルは人間でも酔いますし、車嫌いの原因にもなってしまいます。安全運転を意識してくださいね。

目的地に到着!宿泊施設やドッグランでの過ごし方

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ドッグランでの過ごし方

ドッグランは開放感もあって犬にとってはテンションの上がる場所ですが、その一方で他の犬もいるため、振る舞い方によってはトラブルになるかもしれません。これまでドッグランを訪れたことが無いのなら、リードをつけたまま歩くことからスタートしましょう。新しい環境に慣れた様子を見せたら、そこで初めてリードを外してください。

愛犬が走り出したら、興奮しすぎないよう適度に呼び戻してまた放します。それを繰り返すことで、「戻ってもまた遊べる」と学習するので、ドッグランでも指示に従ってくれるようになりますよ。帰る際には、ウンチやオシッコの処理を必ず忘れないように。ケガしていないか、害虫がついていないかもよく確認してくださいね。なお、ドッグランによってはワクチン接種証明書などの各種書類が必要です。事前に確認し、愛犬を守るためにも接種しておきましょう。

宿泊施設での過ごし方

もし愛犬とお泊まりする予定なら、宿泊施設での過ごし方も覚えておきましょう。まず施設に入るときは、抱っこが基本形です。ホテルならば粗相がないように、エントランスからロビーまで抱きかかえて入館してください。なお、お散歩の最中のように、ニオイを嗅いだ先でオシッコしてしまう可能性がありますので、部屋に着くまではニオイ嗅ぎをさせてはいけません。

部屋に着いたらひと休み!の前に、入り口から離れた位置にトイレシーツを設置しましょう。そこで排泄させて、トイレの位置を固定しましょう。ここまででひと段落です。とはいえ外出先では予期せぬトラブルもあるでしょう。そんなときに正しく行動できるか否かは、日ごろのしつけが左右します。旅行に向けた付け焼き刃ではなく、普段のしつけから犬との信頼関係を築いておきましょう。

外出先でよくあるトラブルと対処法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ウインカー音などに対して吠えてしまう!

ウインカー音やバックギアの音に過剰に反応するのは、もうすぐ降りられると思って期待や不安を抱えている場合があります。それまでの経験から「バックギアは降車の合図」と学習しているのでしょう。警告音がなっても降りられないこともあるのだと教えるためには、あらかじめ録音しておいた音を走行中に聞かせてあげましょう。

外だと排泄してくれない

自宅では問題なく排泄できているのに、外出するとウンチを我慢してしまうようなら、お散歩時に対策するのがベター。普段通りお散歩中に排泄するタイミングで、外出先で使うトイレシーツを敷いてみてください。シーツが排泄の合図と学習するため、外出先でも排出効果が期待できます。もしくは排泄したことをほめて、フードをあげるのも良いでしょう。

楽しい外出でも無理は禁物!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

今回は愛犬とのドライブデートの準備と、外出先での振る舞いについてご紹介しました。愛犬との旅行は思い出になりますし、絆もより一層深まるでしょう。かといって、愛犬を無理に連れ出すのは禁物です。飼い主さんが楽しくても、愛犬にとってはストレスに感じていることもあるでしょう。そのためにもしっかり事前準備やトレーニングをして、徐々に新しいことに慣れさせながら外出の計画を立ててくださいね。

出典/「いぬのきもち」18年1月号『はじめてのしつけ コンプリートドリル vol.11 車の乗せ方・おでかけ』(監修:Can!Do!Pet Dog School 代表 西川文二先生)
文/riko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る