1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の散歩の基礎知識~開始時期、回数、時間、注意点など

犬と暮らす

UP DATE

犬の散歩の基礎知識~開始時期、回数、時間、注意点など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子犬を迎え、ワクチンの接種を終えたら、いよいよお散歩デビューです。散歩には、愛犬を外の世界に慣れさせる、適度な運動で健康維持をする、ストレス発散、リフレッシュなどの目的があり、犬を飼ううえでは欠かせません。ここではより安全に散歩できるよう、「散歩のキホン」をご紹介します。

【犬の散歩】その目的は?

散歩の目的のひとつは、運動不足によって愛犬を太らせないこと。また、適度に運動することでストレスを発散させ、気分転換をするといった犬のメンタル面の健康維持にもなります。とくに、運動が好きな犬種は、散歩ができないとストレスがたまり、吠えたり、物を破壊したりといった問題行動を起こすことも。問題行動の予防にも散歩は有効です。もうひとつの目的は、外の世界のさまざまな刺激に慣らすこと。知らない人や犬、車やバイクの音、いろいろなニオイ、地面(アスファルト、土、草など)の感触などに早いうちから慣らしておくことで、人との生活がよりストレスなく、快適になります。また、散歩中にアイコンタクトをする、「オスワリ」や「マッテ」をすることで、飼い主さんと愛犬の関係性がよりよくなるというメリットもあります。

【犬の散歩】いつから始める? 回数・時間は?

柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

散歩は、さまざまなものを覚え、その犬の性格を形成する社会化期に始めるのが理想。社会化期は生後4カ月令くらいまでです。ワクチン接種を終えてからにしましょう。いつから始めればよいか迷うときや、回数、時間などは犬種によって異なるため、ワクチン接種をした動物病院の獣医師に相談するといいでしょう。最初は家のまわりを決まったルートで歩かせ、散歩に慣れたら(飼い主さんの指示に従えて、人通りの多い場所や車の音などを怖がらず、落ち着いていられるようになったら)ルートを変えてもかまいません。

【犬の散歩】必要なものは?

ミニチュア・シュナウザー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

首輪(またはハーネス)とリード

愛犬をコントロールするために必ず必要です。リードは持ち手が手のひらに収まりやすく、丈夫なナイロン製がおすすめです。長さを手元で調節できる伸縮リードは事故の危険性があり、散歩に慣れていない犬には不向きです。

お散歩バッグ

トイレシーツ、ウンチ袋、水入りのペットボトルなど、排泄物を処理する道具を入れて持ち歩くのがマナーです。両手が使えるよう、斜めがけできるバッグが便利。
メモとペンを入れておくと、何かトラブルがあった際に相手方の連絡先を書いてもらったり、自分の連絡先を書いて渡すこともできます。

フードやおやつ

万が一愛犬が歩かなくなったときや、段差を越えさせるとき、ほかの人や犬とすれ違うときなどに誘導のために使います。たくさん与える場合は、1日分のゴハンの適正量から差し引いて。ゴハンの1割以内にしましょう。

犬種によって散歩の量を変える

チワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

小型犬

体が小さな小型犬は、骨格が小さく筋肉量も少なめです。長時間の散歩は小型犬には負担になることもありますので、1日1回、30分前後を目安に外へ連れ出しましょう。

中型犬

中型犬は小型犬よりも運動量が必要になります。日課として1日2回、30分以上の時間を目安に散歩へ連れていきましょう。休日にはドッグランなどで思い切り遊ばせると、ストレス発散にもなります。

大型犬

体が大きな大型犬は、毎日しっかり散歩へ連れていく必要があります。1日2回、1時間以上散歩の時間を確保しましょう。また歩くだけではなく、時折走らせることも必要です。愛犬を連れながら飼い主さんも一緒に走ることで、運動しながらコミュニケーションもはかることができます。

老犬の場合

シニア犬になると、若い頃と比べて足腰が弱りがちです。また呼吸が乱れやすくなるなど、普通の運動も危険となる場合もあります。愛犬の様子を見ながら、無理のない範囲で外へ連れ出してあげるようにしましょう。

【犬の散歩】マナーと注意点

トラブルにならないために、愛犬連れの散歩では以下のようなマナーを必ず守りましょう。
・愛犬のウンチは必ず拾って持ち帰る。
・オシッコをしたときは、持参した水をかける。
・公園では、犬の立ち入りが禁止されていないか確認し、禁止の場合は立ち入らない。
・ベンチには直に乗せずに、ひざの上に乗せるか、シートを敷いてから乗せる。

散歩中に役立つしつけ

アイコンタクト

愛犬の名前を呼んだら飼い主さんの顔を見られるようにしておくと、苦手な人や犬とすれ違うときや、拾い食いをしそうなときに防ぐことができます。

オスワリ

散歩前にリードをつけるとき、排泄物を片づける間などに「オスワリ」ができると、スムーズです。

マッテ

玄関を開けた瞬間愛犬が飛び出さないよう、扉を開ける前に「マッテ」を。また、交差点を渡るとき「マッテ」ができると、愛犬が飛び出す危険を回避できます。信号のない交差点でも、「マッテ」をして安全確認をしてから渡りましょう。

夏・冬の散歩の注意点

夏は暑い時間帯を避ける

日差しの厳しい夏場、日中散歩に出かけるのは犬にとっても飼い主さんにとっても危険です。熱中症のほか、高温になったマンホールやアスファルトの上を歩いて肉球をやけどすることもあるので、気温が低めの明け方や夜に散歩しましょう。ただし、夜は昼より涼しい半面暗いので、反射するタイプや光るタイプの首輪やリードを使用し、車や自転車、ほかの歩行者に存在を気づかせる工夫をしましょう。飼い主さんも懐中電灯を持参すると、暗い中でのウンチの処理や、誤飲したら危険なゴミなどを見つける際に役立ちます。夏は虫も多いので、犬用の防虫スプレーをかけて出かけるのもいいでしょう。

冬は防寒対策をしっかりと

冬場は防寒対策をしっかりして暖かい時間帯に散歩に行きましょう。寒いのが苦手だったり、冷たい地面を嫌がって歩かなくなる犬もいます。基本の誘導でも動かない場合は無理をしないで。ただし、散歩の時間が減ると運動不足になりがちなので、散歩を減らした分は、家の中で引っ張りっこ遊びをしたりして、運動をさせるようにしましょう。

散歩に慣らす手順

1 抱っこや犬用カートで外に慣らそう

はじめのうちは抱っこや犬用カートなどに乗せ、外のさまざまな刺激に慣れさせましょう。音やニオイ、風、人や犬などを見せたり、感じさせたりして。

2 地面に下ろしてみよう

ワクチン接種を終えたら、愛犬を地面に下ろしても大丈夫です。最初は車や人通りが少なく、家に近い場所でトライを。抱っこの状態から、そっと地面に下ろしてみましょう。アスファルトの上やマンホールの上、グレーチング(鉄格子)の上、スロープや段差、土の上、草の上など、いろいろな地面の感触に触れさせてあげます。

3 正しいリードの持ち方を覚えよう

リードを正しく持てれば、危険を回避しやすくなるだけでなく、愛犬もリラックスして歩けます。ここでは基本の「両手持ち」を紹介します。

リードを右手にかける

リードの先端の輪を右手に通します。手首付近まで通したら、輪の根元とリードをしっかり握りましょう。左手で補助的にリードの中間を握るようにするとしっかりとコントロールできます。

愛犬を左側につかせる

愛犬を飼い主さんの左側につかせ、「オスワリ」をさせます。飼い主さんはひじをわきにつけ、左腕を90°に曲げてください。この状態で、「アイコンタクト」をしたりしてみましょう。左腕を90°に曲げたときに、リードがピンと張る位置に結び目を作っておくと、持つ場所の目安になります。

ひじを伸ばしてリラックス

左腕を伸ばすとリードがたるみ、安全を保ちながらも愛犬がリラックスできます。

フードやおやつで誘導してみよう

いろいろな地面の感触を覚えたら、フードを持った手を愛犬の鼻先につけ、その状態で歩けるかどうかみてみましょう。まわりの刺激を気にせずに、誘導に集中できるのが目標です。数歩歩けたら、ほめてフードを与えましょう。

4 アイコンタクトをとりながら歩いてみよう

名前を呼んで愛犬が飼い主さんの顔を見たら、歩きはじめます。愛犬が飼い主さんから視線を外したら、その場で立ち止まり、再び飼い主さんを見るまで待ちます。飼い主さんを見たら、「ヨシ」や「Good」と言って褒めてあげます。再び歩き、視線を外したら止まる→見上げたら褒めて歩く、を繰り返します。愛犬は「飼い主さんの顔を見たらイイコトがある(褒めてもらえる)」と覚え、アイコンタクトを続けながら歩けるようになっていきます。覚えるまでには個体差はありますが、繰り返し、根気よく練習しましょう。

5 リードをゆるめて歩いてみよう

アイコンタクトをしながら歩けるようになったら、リードをゆるめて歩く練習をしてみましょう。リードをゆるませると、愛犬はニオイ嗅ぎで情報収集するなど、少し自由になります。リードをゆるめた状態で、犬だけがグイグイ進もうとしたら、飼い主さんはその場でストップ。犬が進むのをやめてリードがゆるんだら、再び歩きはじめます。「リードがゆるんだら、イイコトがある(行きたい方向に行ける)」と覚えさせるのが目標。ここまで覚えられたら、少しずつ横について歩ける距離を延ばしていきましょう。

【犬の散歩】困りごとQ&A

犬の散歩中に起こる、さまざまな困りごとについて、Q&A形式でご紹介します。

Q 地面に下ろしても歩かないときは?

A ロープつきのおもちゃで遊ばせながら誘導を

まだ犬が外の環境に慣れず、恐怖心があるのかもしれません。お気に入りのおもちゃに長めのロープをつけて、投げて取りにいかせる要領で歩くように誘導してみましょう。外で遊ぶことで、恐怖心が薄れていくでしょう。

Q 少し歩くと止まってしまうときは?

A 動いたらフードを与えてみましょう

愛犬がどうにもこうにも動いてくれない...そういうときはフードを上手に使ってみましょう。飼い主さんが愛犬の前に立って、愛犬が一歩でも動いたらフードを与えます。動いたらイイコトがあると覚えさせることが大切ですので、動かないのにフードを与えてしまうわないように注意しながら行いましょう。
動かないのにフードを与えたり抱っこしたりすると、「止まっていればイイコトがある」と覚えてしまい逆効果になりかねません。

Q 外だとアイコンタクトができないときは?

A 外には気になるものがたくさんあるため、家の中でできることが外ではできないことはよくあることです。犬の注意をひくようなものが少ない静かな場所を選んで、繰り返し練習しましょう。犬によっては最低でも半年かかる場合も。静かなところから少しずつ、段階を踏んでトライしましょう。

Q ほかの犬とのすれ違いができない……

A 愛犬の視界にほかの犬が入らないようにしましょう

むやみに近づくと、吠えたり、場合によってはケンカになってしまうことも。アイコンタクトができるなら、飼い主さんに集中している間にすれ違うのが理想ですが、難しい場合は小型犬なら抱っこして背を向け、相手が通過するのを待ちましょう。中~大型犬なら、他の道に行く方法もあります。

愛犬の体調や状態に合わせて散歩を楽しもう

健康維持や体力の強化、そしてストレス解消など、散歩は愛犬にとってさまざまかつ大きな意味を持ちます。愛犬の体調や様子を日頃からよく観察し、その時に応じた散歩を実践してください。愛犬との散歩は、飼い主さんの気分転換のきっかけにもなるでしょう。

参考/『いぬのきもち』2016年9月号(初めて版) 「しつけコンプリートドリルvol.7 お散歩しつけ」、
『いぬのきもち』2016年8月号(初めて版) 「真夏の夜の散歩術」
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/紺道ゆあん
※一部の写真はスマホアプリ「「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る