1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. バーベキューやキャンプに愛犬を連れていく際の注意点  マダニの寄生や思わぬ誤食に注意!

犬と暮らす

UP DATE

バーベキューやキャンプに愛犬を連れていく際の注意点  マダニの寄生や思わぬ誤食に注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バーベキューやキャンプに愛犬を連れて出かける飼い主さんもいることでしょう。

ペットと入れるキャンプ場や自宅などで愛犬と一緒にバーベキューを楽しむとき、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

「愛犬を連れてアウトドアイベントを楽しむ際の注意点」について、いぬのきもち獣医師相談室の丸山知美先生が解説します。

マダニ・ノミ予防を忘れずに

愛犬とバーベキューを楽しむ際の注意点 マダニの寄生や思わぬ誤食に注意! いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

バーベキューなどのアウトドアイベントを犬と楽しんだ後、犬の体についたマダニやノミの寄生や被害で動物病院へやってくるコは本当に多いです。

自然豊かな場所なのか整備された場所なのか、バーベキューを行う場所にもよりますが、アウトドアを楽しむ前にはノミやマダニの予防を行っておくとよいでしょう。

火や煙が苦手なコへの配慮を

愛犬とバーベキューを楽しむ際の注意点 マダニの寄生や思わぬ誤食に注意! いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の中には火や煙を怖がったり苦手なコもいます。このため、愛犬がバーベキュー中に過ごす位置を風上にしてあげたり、火や煙のそばに近づけないようにしましょう。

犬の個性への配慮を

犬によっては、たくさんの人や他の犬が苦手など、それぞれ個性があります。愛犬が慣れない場所で人や他の犬に戸惑っていないか、様子をよくみていてあげてください。

安全のためにも、最初は愛犬に十分な注意を払える少人数でのバーベキューをおすすめします。

思わぬ誤食に注意

柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

バーベキュー中は、思わぬ誤食や誤飲が起こることがあります。食材は犬の届かない場所におき、愛犬から目を離さないようにしましょう。

①玉ねぎに注意

玉ねぎやにんにく、ニラなどを犬が誤食すると体質や摂取量などによっては、貧血などを起こす中毒症状につながる可能性があります。

誤食をさせないように気を付けることが一番ですが、万が一に備えて、アウトドア会場付近で診療を行っている動物病院もリサーチしておくと安心ですね。

②とうもろこしに注意

犬の体やとうもろこしの大きさなどにもよりますが、どうもろこしの誤食はそのままでも芯だけでも食道に詰まって窒息を起こす恐れがあります。

また、とうもろこしは芯を飲み込んだとしても、胃の中で消化されずに胃や腸で詰まる可能性がある危険な食材です。

食べ終わった後でも犬がニオイにつられて誤ってとうもろこしを芯ごと食べないように、捨てるまで管理することが大事です。

③焼き鳥などの串に注意

焼き鳥などで使う串を犬が誤って食べて胃の中に入ってしまった場合、鋭利な串は吐いたときに食道に刺さってしまう可能性があるため、口から吐かせることができません。

もし犬が串を飲み込んでしまったら、直ちに近くの動物病院に相談をしてください。対応は状況にもよりますが、内視鏡や外科手術で取り出すことが一般的です。

犬とアウトドアイベントを楽しむ際には、愛犬から目を離さないこと

いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬とアウトドアイベントを楽しむ際に、開放的な気分から愛犬への注意が散漫になってしまうことがあります。

また、マダニやノミの寄生、火や煙への注意、食べ物の誤食、脱走、人や他の犬との思わぬトラブルなどが起こることも考えられます。

愛犬から目を離さず、周囲の様子を見極めながらBBQを楽しみましょう。

(監修:いぬのきもち獣医師相談室獣医師・丸山知美先生)
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る